【チャイナショック】ナンピン買いに上海株暴落で3000万円の損失……


【実録チャイナショック】判断ミスのナンピン買いに上海株暴落が追い打ちで3000万円の損失……

「最初はホームレスだったことを思えば、屋根のある場所で寝られ、毎日白いご飯が食べられる。それだけで幸せだと思わないと」

そう話すのは、チャイナ砲を食らって約3000万円をふっ飛ばした沖縄在住のトレーダー・余弦氏だ。

「米国留学から帰国して、何の身寄りもないのに沖縄へ移住したのが始まりです。家もないし、仕事もない。国際通りでホームレスをしていました。親切なおばさんが声をかけてくれ、どうにか住まいを確保して、バイトも開始。1週間を5束98円のうどんでしのぐ生活で必死にためた30万円で投資を始めて15年、やっと億が見えてきたところだったのですが……」

【実録チャイナショック】判断ミスのナンピン買いに上海株暴落が追い打ちで3000万円の損失……

ハーバービジネスオンラインにあった記事です。先日ご紹介した「【チャイナショック】FXで4000万円失ったしくじり先生がとった行動…」に続く記事となります。

記事の中では約3000万円をふっ飛ばしたとありますが、そのふっ飛ばすだけの3000万円があるという時点で「すごい!」と感じる方も多いのではないでしょうか。もちろん僕もそのひとりです。

ちなみに、僕は金額が大きいものはかなり低リスク運用を心がけています。反対に少額の場合はリスク50%くらいとって高リターンを狙っています。

 

余弦氏

余弦

沖縄在住の個人投資家。30万円でFXを開始、FXのスウィングトレードを得意とし、一時は9000万円まで増やすも今年8月のチャイナshockで5000万円へ急減。

>>http://blog.livedoor.jp/cosinep/

ただ、余弦さんは「【100倍超!】スーパーハイレバFXの爆騰方程式」でも「ゼロカット」を紹介されているので、利益はかなり出していると思われます。

 

来年からの方針は?

「法人口座を作ること、ですね。今年はFXは爆益、株は爆損だったので、法人口座なら損益を通算できたはずでした。ところが株は個人口座、FXは法人口座だったので、今年トータルでは損しているはずなのに、FXの利益分の税金は払わないといけないんです」

昨今、日本のFX会社は法人口座でもだいぶレバレッジが下がってきました。

個人的にけっこう気にしていたりします。

いよいよ海外かな…。


The following two tabs change content below.
しゃまらーしか

しゃまらーしか

ひょんなことからFXサイトを作ったシステムトレーダ。東京都港区在住。スプレッドシートを使って過去のチャートを分析するのが得意です。MT4を使ったEAの開発もしています。大好物の甘い物を求めて、今日もVivienne Westwoodのお洋服をこしらえて甘味処を探索しています。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA