「時短できない人」チェックリスト


「時短できない人」チェックリスト

だらだら仕事をしているつもりはないのに、なぜか早く帰れない。そもそも業務量が多すぎるケースもあるだろうが、慢性的に残業が発生してしまう原因は他にもあるかもしれない。

リクルートワークス研究所では、多くの会社員が抱える“帰れない悩み”を解決するべく「時短研究プロジェクト」を発足。時短の達人たちに「なぜ早く帰れるのか」をリサーチすることで、残業の原因を究明する診断シートを作成したという。今回はその中身を見てみよう。

「時短できない人」チェックリスト

R25にあった記事です。「時短」というのが、ここ数年注目されています。僕自身はそんなに「時短」というものにこだわっているつもりはありませんが、ただウィンドウショッピングというものはやらずに、さっさと欲しいものをネットで探して買うような生活を続けています(ただのオッサン化…)。

記事では残業の原因診断シートが掲載されています。見てみましょう。

 

【残業の原因診断シート】

□(1)中長期の計画を立てるより、目の前の仕事から終わらせるほうだ
□(2)仕事の優先順位を上司に確認するより、自分ができることから順番に進めていくほうだ
□(3)アウトプットの質を高めるために、時間はかけられるだけかけるほうだ
□(4)資料を作るときは、色使いや表現など、細部にまでこだわるほうだ
□(5)周りの人より、仕事を終わらせるまでに時間がかかるほうだ
□(6)一度終わらせた仕事でも、上司や関係者から指摘を受けて修正を行うことが多いほうだ
□(7)「自分にしかできない仕事」が多いと思う
□(8)自分に任された仕事は、すべて自分でやりきるほうだ
□(9)皆が残業していると、先に帰りづらいと思うほうだ
□(10)皆で残業することで、職場の一体感が強まるというのは一理あると思う

該当項目が多いほど残業が常態化している可能性があるようです。また、それぞれの項目が当てはまる人のタイプについては、元記事で紹介されています。

ちなみに僕は2つ該当しました。

あなたもぜひやってみてはいかがでしょうか。

 

この記事に対する反応


The following two tabs change content below.
しゃまらーしか

しゃまらーしか

ひょんなことからFXサイトを作ったシステムトレーダ。東京都港区在住。スプレッドシートを使って過去のチャートを分析するのが得意です。MT4を使ったEAの開発もしています。大好物の甘い物を求めて、今日もVivienne Westwoodのお洋服をこしらえて甘味処を探索しています。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA