大学、数百万円払って4年間も行く意味はある?


大学、数百万円払って4年間も行く意味はある?ノートのコピーを友人に頼めない学生も

文部科学省によると、2015年度に現役で大学・短期大学に進学した人数は、58万4000人(前年比約1万7000人増)、また進学率は54.6%で過去最高となった。
高校を卒業した人の約半数が大学に進学する時代になったわけだが、入学から卒業までの学費は、私立文系で少なくとも500万円近く必要とされる。一方で、しっかりと勉学に励む学生ばかりではなく、また良い大学を出たからといって、その後の人生が保証されるわけでもない。こうした状況をみて、そんな大金を払ってまで大学に通う価値があるのかを疑問視する声もある。そこで、今回はマーケティングの話題からずれるが、番外編として立教大学教授の有馬賢治氏に大学に通う意義についての私見を聞いてみた。

大学、数百万円払って4年間も行く意味はある?ノートのコピーを友人に頼めない学生も

ビジネスジャーナルにあった記事です。語弊があるといけないので個人的な見解を述べておくと、僕は学歴はあってもなくてもどちらでも良いと思っています。ただし、普通に就職して働く以上はまだまだ学歴がモノを言いますし、世間体が良くなるという事実があります。男性ならきっと異性の印象も良くなるでしょうし、真面目に学んでいれば相応の知識は入ると思います。

ということを度外視すれば別になくても良さそうです。僕は学歴がほとんどないので、「学歴なんていらない」とは言えませんし、やっぱり学校に行っている方が生きやすいだろうなぁとは傍から見てて感じます。

「大学の4年間は社会人になる前に身につけるべき『社会人基礎力』を養う期間だと最近は考えられるようになっています。現代の大学では、どんな学部に進んでも授業内外で社会人に必要とされるものを学ぶ機会が設けられるようになりました」

他人と一緒に仕事をするとき、「どこの大学出ました?」という会話になると気まずいという弊害はあります(笑)。ただし、学校卒業して10年も20年も経ってからいまだにどこの大学にいたかこだわるような人とは仕事したくないというこちらの意見もこっそり持っておきたいような(そんなことは大声では言えないような)。

デリケートな話題に触れてしまいました。

 

この記事に対する反応


The following two tabs change content below.
しゃまらーしか

しゃまらーしか

ひょんなことからFXサイトを作ったシステムトレーダ。東京都港区在住。スプレッドシートを使って過去のチャートを分析するのが得意です。MT4を使ったEAの開発もしています。大好物の甘い物を求めて、今日もVivienne Westwoodのお洋服をこしらえて甘味処を探索しています。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA