FXで1億超を稼ぐトレーダーは何が違うのか


FXで1億超を稼ぐトレーダーは何が違うのか

ドル円相場が106円台に突入するなど、急激な円高ドル安が進行している。昨年6月につけた高値から計算すると、約10カ月間で20円も円高ドル安が進んだことになる。ちなみに、アベノミクス相場が始まった2012年11月末から昨年6月まで続いた上昇トレンドの期間は約2年半で、動いた値幅は約44円だ。一般的に、上昇する時より下落する時の速度が早いとされるため単純に比較できないが、足元の下落スピードが早いことはお分かりいただけるだろう。

その相場環境の中で、取引高を伸ばしているのがFX会社だ。例えば、世界ナンバー1の取引高を誇るGMOクリック証券の2月の取引高は、前月比20%増の144兆円に上り、過去最高を更新。FX各社の取引高も揃って増加しており、FXプライムbyGMOに至っては35%近い伸び率を記録している。これは、急激な為替変動が損切りを誘発した一方で、FX取引が活発に行われているからだ。

特に、FX会社では大口顧客にあたる「億トレーダー」の動きが活発だ。あるFXトレーダーは、「これまで一回の取引が1本(インターバンク市場での最小取引単位で、1ドル100円の場合だと1億円)から3本程度だったものを、今年は30本に増やした。過去最高の利益をあげている」と話す。取引高を大幅に増加させ、レートを動かすほどの影響力を持つ個人トレーダーの代表格「億トレーダー」は、いったいどんな手法で利益をあげているのだろうか。

FXで1億超を稼ぐトレーダーは何が違うのか

東洋経済オンラインにあった記事です。記事では2人のFXトレーダーに取材しています。面白いのは2人が友人同士であるという点です。そして友人でありながら、手法は違うというのも興味深い点です。

 

近藤氏のトレード方法

近藤氏は、スキャルピング(数銭から数十銭というわずかな利幅を狙って、1日に何度も取引を行い、利益を積み重ねる超短期の取引方法)を基本のスタイルにしている。ポジションを持つのは長くて1分程度で、エントリーして1Pips(=0.01円)でも逆に行ったら損切りし、勝率は6割から7割程度だ。

エントリー(ポジションを持つタイミング)する時に最も重要なのが、値動きの勢いだ。勢いによって、その後の値動きが上に行きやすいのか、下に行きやすいのかを判断する。

例えば、急落後には切り返すことがあるが、その切り返しのスピードが早く、下落分の半値まですぐに戻ったとしたら、そこでもみ合いながらさらに上昇し、急落前の値位置でもう一度もみ合ってから、さらに上昇することが多いという。

 

まっちゃん氏のトレード方法

まっちゃんも以前はスキャルピングだったというが、今はデイトレード(1日の中での値動きを利用して利益を狙う取引方法)が中心だ。

エントリーは、レジスタンスラインをブレイクした時の勢いを見てから。スピード感をもって抜ければ順張りし、勢いがなければ逆張りする。大事なのは、利がのったらすかさず、エントリーした値位置のプラス2Pipsのところにロスカットを入れること。勝率が8割と高めな一方で、「利幅が小さい」ことが課題だというが、資金さえあれば何度でもやり直せるがトレードだ。勝つためには、負けないことが一番の近道なのだ。

 

別々の手法でリスク分散

おふたりが別々の手法を使うのには理由があるそうです。

ふたりが違う手法を用いているのは、性格によるところもあるが、実はもっと大きな意味がある。「相場は、常に変化し続けて、同じ手法でずっと勝ち続けられるほど甘くはない。同じ手法を使っていたら、共倒れする可能性もある。長くFXと付き合っていくために、それぞれが違う手法でトレードするほうがいい。トレード手法が別々だから、リスク分散ができている」と話す。

人間を使ったリスク分散、こんなに親しい人がいるのが羨ましく思います…。


The following two tabs change content below.
しゃまらーしか

しゃまらーしか

ひょんなことからFXサイトを作ったシステムトレーダ。東京都港区在住。スプレッドシートを使って過去のチャートを分析するのが得意です。MT4を使ったEAの開発もしています。大好物の甘い物を求めて、今日もVivienne Westwoodのお洋服をこしらえて甘味処を探索しています。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA