【朗報】楽天FX「MetaTrader 4(MT4)」提供開始


楽天FX

平成28年8月29日(予定)から楽天FX口座でもFX自動売買プラットフォームMetaTrader4(以下、「MT4」)が利用できるようになります。

現在、当社ではFXCM口座に限定して、米国FXCM社に接続するMT4を提供しておりますが、このたび、楽天FXとも接続をおこない、新たに楽天FX版のMT4サービスの提供を開始します。
MT4の操作性はそのままに、楽天FX口座の安定したスプレッドでの価格で、自動売買取引がより利用しやすくなります。

なお、新しいMT4サービスはFXCM版とは別にソフトウェアを提供する予定で、ご利用には楽天FXの口座開設およびMT4専用口座の開設が必要になります。詳細については、追ってお知らせいたします。ご期待ください。

楽天FXがMetaTrader(MT4)を提供開始するニュースがありました。

楽天FXでMT4の提供が始まるのは2016年8月29日を予定しています。

ここでは楽天FXの一連の流れをまとめてみましょう。

 

楽天FXとFXCM

今回、楽天FXでMT4が使えるようになったのはFXCMジャパン証券が関係していると思われます。FXCMジャパン証券は、米FXCM(フォレックス・キャピタル・マーケッツ)の子会社でした。

しかし、2015年1月におきたスイスショックの影響でFXCMは大きな損失を抱え、子会社であるFXCMジャパンは、日本の楽天証券に売却することになりました。

スイスショックの影響で英アルパリが破綻したことを考えると(子会社のアルパリジャパンはデューカスコピーバンクが買収)、FXCMは子会社を売却するだけで済んだのはまだ良かったと言えます。

そんな楽天FXはFXCMジャパンを買収したあとも「楽天FX口座」と「FXCM口座」が共存するという、いまいち分かりにくい仕様になっています。もちろんよくよく比較すれば分かりますが、新しくFXを始めた人やこれからシステムトレードをしようと思っている人にはけっしてと…。

楽天FX

2016年8月29日以降、MT4口座は「楽天FX口座」と「FXCM口座」ともに選べますが、今後はおそらく楽天FXのみに統一されるのではと思っています。

 

楽天FXのMT4の仕様

楽天FXのMT4の仕様は「追ってお知らせ」とあります。現時点で分かっていることをまとめます。

  • デモ口座:あり
  • 取扱い通貨ペア:楽天FXと同じ通貨ペアを予定
  • EA(自動売買ソフト):可能
  • 両建て:可能
  • GMT:+2(夏時間は+3)
  • 手数料:無料
  • 楽天FXにログイン後、取引画面から口座開設できる
  • 楽天FX口座の証拠金は「MT4専用口座」に振替える必要がある
  • 楽天証券のID、パスワードとは別に「MT4口座」専用のID、パスワードが発行される

GMT+2(夏時間は+3)というのは、時差が日本時間-7時間(夏時間は-6時間)になります。日足の本数でいうと5本なので、もっとも使いやすいチャートになります。


The following two tabs change content below.
しゃまらーしか

しゃまらーしか

ひょんなことからFXサイトを作ったシステムトレーダ。東京都港区在住。スプレッドシートを使って過去のチャートを分析するのが得意です。MT4を使ったEAの開発もしています。大好物の甘い物を求めて、今日もVivienne Westwoodのお洋服をこしらえて甘味処を探索しています。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA