「円高で苦しい」投資家必見 下落期間に使いたい戦略


「円高で苦しい」投資家必見 あなたが利益を上げられない理由

日経平均株価は2016年に入り大きく下落した。1月4日の大発会の始値は1万8951円であり、2月12日の安値1万4865円まで、4086円(約22パーセント)の下落を見せた。2月下旬にかけて、為替市場において円高が急激に進行したことが一因だ。

この下落は、2015年6月から始まった。2015年6月24日に日経平均株価は2万952円という高値をつけて、その後2月12日まで下げ続けた。国内株式投資家の資産は、2015年6月の高値をピークとして、約8カ月減り続けたことになる。

日本の主要企業の多くは、輸出型の利益構造を有している。円高が進行することで、利益予想が下方修正されることを嫌気して売り圧力が働き、株価が下落するのである。円高の進行は、株式投資家にとって頭痛の種であり、連休中に105円台まで進行した円高で、今後さらに多くの株式投資家が苦しむことになるだろう。

「円高で苦しい」投資家必見 あなたが利益を上げられない理由

ZUU onlineにあった記事です。本来、FXは円安(ドル高)になっても円高(ドル安)になっても利益を上げられるはずなのですが、日本のニュースはというと円高になると多くの個人投資家が損失を出しているという報道をします。

これはあながち間違っていないですし、多くの個人投資家が円売り(ドル買い)ポジションを持っていることが分かります。そもそもFXをやろうと思って「円買い(ドル売り)」ポジションを持つ人はあまりいないと思いますし…。

強いて言えば、FXのイメージが悪くなるくらいですが、FXなんざ個人でやるものであって、他人にどうこう言われたところで気にする必要はありません。他人の目が気になるのならやめてしまおうFXでございましょう。

 

下落期間は”積極的に休む”戦略を

記事では、「下落期間は”積極的に休む”戦略を」とあります。これだけ大きく下落してくれるのであれば、ぜひとも「売り」ポジションを持って臨みたいところではあるのですが、なかなかそのようには行かないのかもしれません。

常に上がることを予想しなければならないというのがどれだけ不利なのか。上がるだけでなく下がることも予想できると分かれば利益が出るチャンスは2倍になります(もちろん損失が出ることも)。

絶対に全員が利益を出せない仕組みがある以上、みんなには黙って少数派に回るというのが正しい選択なのかもしれません。


The following two tabs change content below.
しゃまらーしか

しゃまらーしか

ひょんなことからFXサイトを作ったシステムトレーダ。東京都港区在住。スプレッドシートを使って過去のチャートを分析するのが得意です。MT4を使ったEAの開発もしています。大好物の甘い物を求めて、今日もVivienne Westwoodのお洋服をこしらえて甘味処を探索しています。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA