あなたが「投資で誤った判断」をするのはなぜか?


あなたが「投資で誤った判断」をするのはなぜか?

「事実は小説よりも奇なり」という言葉があるが、金融商品販売の現場では常識や経済学の理論では説明出来ない奇妙なことがしばしば起こる。

「分配金が多いファンドは基準価額が下落するばかりでダメだ」と言い放つ一方で、分配金の多い新興国関連のファンドを持ち続けている人がいる。一生使い切れない金融資産を持ちながら「老後が心配だから運用しなければならない」と語る高齢者がいる。

「貯蓄から投資へ」というスローガンのもと「投資が必要のない人」まで訳のわからない金融商品に手を出してしまっている。普段は冷静で、賢明なあなたが投資に関しては非合理的で誤った判断を下してしまうのはなぜか?

あなたが「投資で誤った判断」をするのはなぜか?

ZUU onlineにあった記事です。記事では無料の情報があふれ返っている今、逆に情報を集めるのが難しくなっているという指摘があります。

今や情報を発信するためのコストは限りなくゼロに近い。誰もが好き勝手にネット上に書き込みが出来る。それらの情報の中には本当に役に立つものもあるだろうが、とんでもないクズも紛れ込んでいる。しかし、それは容易に見分けることが出来ない。どれだけ多くの情報を集めても、金融商品を選ぶための正確な情報が得られるとは限らない。

 

意図的に「操作された情報」も多い

また、これが厄介なのですが情報操作されたものが多いのも現実です。「辛口レビュー」を謳っては極端にFX商材を叩きのめしたあと、少ない商材をべた褒めするといった類のアレ。その商材の結末がどうなっているのかをきちんと知ることこそ、聖杯探しの次なる一歩へと進めるようになります。

あなたがせっかく集めた情報だが、実はその多くが「何らかの意図によって」操作されたものである可能性もある。にもかかわらず、あなたはそれが正しいと信じ込んでいる。

以前有名タレントがお金をもらって、まるで自分がその商品を使ったかのような感想をネットの掲示板に書き込んだことが問題視されたことがある。投資の世界も同様で、世の中にはお金をもらって、販売者に都合の良い情報を発信する人が存在することをあなたは知っておかなければならない。

 

ルールを学ぶ

記事ではゴルフに喩えられています。個人的にすぐゴルフや野球に喩えるというのがどうもオッサンっぽくて抵抗があったりします。「まさに満塁ホームランだな、ガッハッハ」なんか加齢臭がしそうでございましょう。

ゴルフに例にとってみれば理解しやすいだろう。マクロ経済学で学ぶのはゴルフのルールや道具の使い方だ。基本的なルールも知らずにいきなりゴルフコースでプレーする人はいないだろう。ドライバー、アイアンはそれぞれどんな場面でどのように使えば良いのか、練習場で試してからコースに出るのがごく当然だ。

すみません。記事の作者さんに悪意はないのです。


The following two tabs change content below.
しゃまらーしか

しゃまらーしか

ひょんなことからFXサイトを作ったシステムトレーダ。東京都港区在住。スプレッドシートを使って過去のチャートを分析するのが得意です。MT4を使ったEAの開発もしています。大好物の甘い物を求めて、今日もVivienne Westwoodのお洋服をこしらえて甘味処を探索しています。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA