人間は不合理な条件でも「倹約するより稼ぎたい」と思ってしまう


人間は不合理な条件でも「倹約するより稼ぎたい」と思ってしまう

私たちが経済的な安定について考える時、倹約する機会よりも新たに儲ける機会に惹かれるのは、特別意外なことではありません。たとえそれが、数字的に勝算が無くてもです。この説を検証するため、調査員は被験者に2つの経済的状況のうちどちらが良いかを選んでもらうテストを実施しました。ひとつは、より多く節約できる場面、もうひとつは、より多く儲けることができるけれど、高い利息を払わなければならない場面です。多くの人が直感に反して、負債に対して高い利息を払わなければならないにも関わらず、より多く儲けられる方を好みました。

人間は不合理な条件でも「倹約するより稼ぎたい」と思ってしまう

「倹約するより稼ぎたい」が良いのか悪いのか。一般的にお金を増やすには支出を減らすか、収入を増やすかと言われています。これはダイエットでも同じです。それにもかかわらず水素水が流行ったりしていますが…。

さて、お金についてリスクを取ってでも儲けられる方が好まれるという結果がありました。

私たちが経済的圧力を感じる時、「倹約する」より、もっと「稼ぐ」方へ考えが向く自然の傾向があることを、この研究のすべてが示しています。節約する方法を知らないわけでも節約しようとしていないわけでもなく、お金を稼ぐことが経済的安定を増すのにより生産的な方法だと思っているからなのです。

僕自身、たしかにそうだ…。


The following two tabs change content below.
しゃまらーしか

しゃまらーしか

ひょんなことからFXサイトを作ったシステムトレーダ。東京都港区在住。スプレッドシートを使って過去のチャートを分析するのが得意です。MT4を使ったEAの開発もしています。大好物の甘い物を求めて、今日もVivienne Westwoodのお洋服をこしらえて甘味処を探索しています。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA