「売りが苦手」な投資家必見! 下落局面でも利益が狙える投資法


「売りが苦手」な投資家必見! 下落局面でも利益が狙える投資法

相場で利益を上げていくためには、その局面や環境、市場や商品に合わせて必要な要素がある。下落相場だからといって、ただ諦めて待つだけではなく、積極的に攻めの売買を行うことも可能だ。株式市場の投資家にとっては、下落相場の武器とは、信用取引や225先物取引の売りであり、VIX指数先物やベア型ETFの買いだ。それぞれに必要な知識と技術を習得し、どんな局面においても利益を追求できる投資家になってほしい。

「売りが苦手」な投資家必見! 下落局面でも利益が狙える投資法

日本人は一般的に「下げ相場に弱い」と言われています。それは株なら「買い持ち」、外貨なら「円売り外貨買い」のみをするからと言われています。もしこれが、欧州のように対ドル、対円でも「主軸通貨」(左側に表示される通貨)なら事情は変わっていたのかもしれません。

米ドルならさらに、対ユーロなら「決済通貨」(右側に表示される通貨)、対ドルなら「主軸通貨」なので、柔軟に捉えられそうです(これがすべてではありませんが)。

記事では、日本人が苦手な「下落相場」でも利益を上げられる方法が紹介されています。それはFXのように下がっても利益が出せるというものです。記事の具体例ではVIX指数(恐怖指数)などが例にあげられています。


The following two tabs change content below.
しゃまらーしか

しゃまらーしか

ひょんなことからFXサイトを作ったシステムトレーダ。東京都港区在住。スプレッドシートを使って過去のチャートを分析するのが得意です。MT4を使ったEAの開発もしています。大好物の甘い物を求めて、今日もVivienne Westwoodのお洋服をこしらえて甘味処を探索しています。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA