円急騰で人身事故続出…英EU離脱でFX投資家“数千万円損”も


円急騰で自殺者続出か 英EU離脱でFX投資家“数千万円損”も

英国のEU離脱が決まった先週24日、“人身事故”が大きな話題を集めた。午前中からJR総武線、京王井の頭線、阪急神戸線などで人身事故による運休や遅延が続出。離脱派の勝利が確定的となり、円相場が1ドル=99円台まで急騰した午後イチは、グーグルなどで「人身事故」の検索件数が急上昇した。実際にどれだけの鉄道自殺が発生したかは定かではないが、市場がパニックに陥った直後、多くの個人投資家たちが自殺を想起したのは間違いなさそうだ。

相場が大きく動いた翌日は人身事故が増えるという都市伝説があります。普段気にしないだけで相当数がある気もしますが、気になると多い気がするというのが人間なのかもしれません(本当に多いかもしれないけれど)。

円が急騰となると大騒ぎしますが、円が急落(FXで言うところの上昇トレンド)すると「大儲け」という報道が多いところを見ると、情報格差を感じずにはいられません。

円急騰だって儲けられるし、円急落だって損失出すのにね…と。

もちろん、FXをする我々としてはそれらに振り回されてはいけませんし、周りがどう騒いでもただただ取引を続けることだけが大切になります。

2015年のスイスショック、2016年のイギリスEU離脱ショック(正式な呼び方が分からない)など、1年に大きな波が1, 2回あれば生活が豊かになりそう…というのは非情ですが、このくらい値動きがあるとやっぱり嬉しかったりします。


The following two tabs change content below.
しゃまらーしか

しゃまらーしか

ひょんなことからFXサイトを作ったシステムトレーダ。東京都港区在住。スプレッドシートを使って過去のチャートを分析するのが得意です。MT4を使ったEAの開発もしています。大好物の甘い物を求めて、今日もVivienne Westwoodのお洋服をこしらえて甘味処を探索しています。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA