仕事中毒と精神疾患に密接な関係


仕事中毒と精神疾患に密接な関係

ノルウェーのベルゲン大学、英国のノッティンガム・トレント大学、アメリカのイェール大学の国際チームが16,426人の働く大人を対象に実施した研究で、仕事中毒と精神疾患の間に厄介な関係があることがわかったのです。主な内容はこちら。

  • 仕事中毒者の32.7%がADHDの基準を満たしている(一般集団は12.7%)
  • 25.6%が強迫性障害の基準を満たしている(一般は8.7%)
  • 33.8%が不安の基準を満たしている(一般は11.9%)
  • 8.9%が抑うつの基準を満たしている(一般は2.6%)

卵が先か、鶏が先か。つまり、働き過ぎによって精神が崩壊してしまうのでしょうか? それとも、精神衛生上の問題があることが長時間労働につながるのでしょうか?

仕事中毒と精神疾患に密接な関係

興味深い研究結果がありました。仕事中毒者の多くがADHDの基準を満たしているというものです。記事でも触れられているように、ADHDの気があるから仕事中毒なのかもしれません。

僕は式の類が苦手でジッとしていることができません。そのため、一時「ADHDなのかな…」と不安視していた時期がありましたが、どうも本を読んだ結果、そのようなことはありませんでした。

自分が病人ぶっている自慢とかそのようなものではありません。記事ではこのように締めています。

この結果は、暫定的ではあるものの、忙しさを鼻にかけているような人を制止することができるのではないでしょうか。他の研究で、仕事中毒は仕事のパフォーマンスとまったく相関がないことがわかっています。つまり、コンスタントな忙しさは仕事ができる証拠ではないのです。

 

この記事に対する反応


The following two tabs change content below.
しゃまらーしか

しゃまらーしか

ひょんなことからFXサイトを作ったシステムトレーダ。東京都港区在住。スプレッドシートを使って過去のチャートを分析するのが得意です。MT4を使ったEAの開発もしています。大好物の甘い物を求めて、今日もVivienne Westwoodのお洋服をこしらえて甘味処を探索しています。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA