若手FXトレーダーが一気に3億円稼いだ手法


若手FXトレーダーが一気に3億円稼いだ手法

イケポンさんも、レバレッジをかけ、少額で始められるFXで資金を稼ごうと、20万円を元手に取引スタートしたのだが、最初から利益を上げることができたのだろうか? 答えはもちろん「No」だ。

「資金すべてを失って、バイト代もつぎ込んだが、2年間はまったく利益をあげられなかった。まれに勝てる時もあったが、トータルではだめ。勝てそうで勝てないところが悔しくて、FX取引を続けていた」という。

彼は自他ともに認める負けず嫌いだ。「どうしても勝ちたい」と気持ちが原動力となり、FXにこだわり続けた。

若手FXトレーダーが一気に3億円稼いだ手法

東洋経済オンラインにFXで3億円を稼いだというイケポンさんの記事が掲載されていました。

ちなみにこのイケポンさん、ブログとかはやっていないと思われます。ご本人のものと思しきTwitterアカウント(@ikepon243)がありました。違っていたらすみません…。

 

1日16時間チャートを見て値動きの癖がわかった

値動きの癖が見えるようになるまで、「一日16時間くらいチャートを見続けていた。大げさではなく、アルバイトをしているか、チャートを見ているかの日々だった。瞬きもせずにチャートを見続けていたので、血管が切れて、目が真っ赤に充血したことも一度だけではない」と、当時を振り返る。

本当にスゴいことだと思います。僕はスキャルピングはしていないので分かりませんが、利益を得ているという人の多くはドル円でスキャルピングをしていることが多いようです。

 

「イケポン流ロスカット」の手法を学べ!

損している金額を意識してしまうとロスカットしづらくなるため、「Pips(為替レートが動くときの単位。ドル円の場合10Pips=0.1円)を見るようにすることもポイント。よく、何Pipsで損切りするといったルールを決めている人もいるが、相場は日々変化している。今日勝てても、同じように明日も利益を出せるわけではない。いつ負けてもおかしくないということを肝に銘じて、相場の呼吸を感じながら臨機応変にトレードすることが大事」だとも教えてくれた。

pipsで決めるのではなく、相場に合わせるのが大切というのは僕も同じ意見です。もう少し具体的に書くと、ボラティリティ(値動きの幅)が異なるので、それなら直近安値など相対的なものを基準にした方が手法は長生きします。

これは僕が自分で手法を作るときはもちろん、人の手法を見るときにも注意している点です。

スキャルピングで資金を増やしたいと思う人はぜひ記事をチェックしてみてください。


The following two tabs change content below.
しゃまらーしか

しゃまらーしか

ひょんなことからFXサイトを作ったシステムトレーダ。東京都港区在住。スプレッドシートを使って過去のチャートを分析するのが得意です。MT4を使ったEAの開発もしています。大好物の甘い物を求めて、今日もVivienne Westwoodのお洋服をこしらえて甘味処を探索しています。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA