FXと日経225miniの両刀使いも悪くない


ローラーコースター
FXをやっている方にとって日経平均株価という言葉はよく耳にする言葉ではございますが、実際に取引している方というのは意外と少ないのかもしれません。

たしかに「先物」という響きから、どこか日本経済新聞を片手に蓄えたあごヒゲをなでながら取引している画が浮かんでしまいます(違うかもしれませんが)。

今回は、「二兎追うものは一兎をも得ず」「二足の草鞋」「餅は餅屋」などひとつのことに打ち込んでこそという言葉に反して、日経225先物取引をテーマに見ていきたいと思います。

 

日経225先物取引は証拠金が高い

FXの場合、国内のFX会社で取引するとレバレッジが最大25倍かけられるというのはほとんどの方が知っていると思います。株取引(現物株)の場合は手持ちの資金の範囲で取引することを考えると、FXがどれだけ有利かが分かります。

さらに海外FX会社では400倍以上のレバレッジを―と海外FX会社で取引しようという啓蒙ページではないため詳細は割愛しますが、兎にも角にもFXは高いレバレッジでの取引が可能です。

一方、日経225先物取引ではSPAN証拠金というものに基づいて、証拠金が決められます。

通常、日経225先物取引では1000倍の取引をするため、日経平均株価が2万円の場合、約2000万円もの取引をすることになります。そして、その場合のSPAN証拠金は約81万円。

「225先物」という銘柄を1枚保有するのに必要な証拠金が約81万円であると考えるとFXをやっている方は想像しやすいと思います。ほうほうとは思いながらもなかなかな証拠金ですよね。少なくとも枚数を変化させるとなるとよほどの資金量がないと難しいといえます。

 

日経225先物取引の10分の1の規模の日経225mini

そこでもう少し簡単に取引できますよと出てきたのが、日経225先物取引の10分の1の取引量ではじめられる「日経225mini」になります。

日経225先物取引の10分の1の取引量ということは100倍になります。SPAN証拠金で言うと、1枚あたり必要な証拠金は約81,000円です。

1ドル120円のFXの1万通貨の証拠金が、フルレバレッジだと5万円であることを考えると少しハードルは上がりますが、FXと似た規模で取引できるということがお分かりいただけたと思います。

(FXはさらに10分の1小さい1000通貨もあるのでやはりFXに軍配が上がるのは言うまでもありません)

さて、そんな日経225miniを取引しようよというのが、今回のブログ記事のテーマになります。

 

日経225miniを取引した成績

日経225miniは、FXと同じように相場が上がるか下がるかを予想するものになります。もちろんFXと同じようにテクニカルを使ってもよし、ファンダメンタルズを使ってもよし、神に祈っても月の満ち欠けを使っても問題ありません。

当サイトでは「成績」のひとつとして225miniの成績も公表していますが、ここでは225miniだけを使った成績を抽出してみます。期間は2015年1月〜7月のものです。

デイトレード:+3100(1枚あたり+310,000円)

日経225miniデイトレ

ナイト・セッション:+3,295円(1枚あたり+329,500円)

日経225miniナイト・セッション

FXと同様、損益に上がり下がりはありますが、ただ優位性のある手法を続けることによって長期的に利益を得られるということが分かります。

この手法の特徴として、誰もが分かるような相場のときには比較的損失を出しやすく、どちらかというとパニック相場だったり、ニュースになるようなショッキングな値動きが起きたときの方が利益になりやすい傾向があるようです。

直近だと、ギリシャ問題や中国の株価が暴落したことに連れて、日経平均が2万円を割った前後で大きく利益を出しているようです。

どちらの成績が良いとか悪いというより、互いが良いときもあれば悪い時もあることから、ふたつのシステムを並行して走らせるのが効率が良いのだと思います。

 

FXと日経225miniの両刀使い

FXをトレードされている方なら日経225miniは親しみやすい銘柄です。FXで資金を分散して手法を分けるように日経225miniに分散するという方法も悪くはありません。

ただし、やはり世間には「二兎追うものは一兎をも得ず」「二足の草鞋」という言葉があるのも事実です。FXをやるにも通貨はひとつに絞ってひとつの手法に資金を突っ込むのもありかもしれません。

きっと向き不向きの問題なのだと思うようになりました。

最近よく会話をするトレーダさんはひとつの通貨ペアがメインかと思います。干渉することなく、自分に合った方法を選ぶのがいちばんなのでしょうという月並みな答えに辿り着くのでした。

FXも日経225miniも相場という世界には変わりなく、投機に変わらず、お金を稼ぐことには変わらないと言えばすべてが同じなってしまいそうですが、ひねくれたことを言うと増えるのは文字数だけとなってしまいます。

 

まとめ

FXと日経225miniの両刀使いも悪くない、いかがでしたでしょうか。

指数取引というのは通貨と同じく利益を得やすい銘柄だと思います。指数と言えばやはり「上海総合指数」に注目が集まるばかりです。

システムの開発をしたいと思うばかりでございます。


The following two tabs change content below.
しゃまらーしか

しゃまらーしか

ひょんなことからFXサイトを作ったシステムトレーダ。東京都港区在住。スプレッドシートを使って過去のチャートを分析するのが得意です。MT4を使ったEAの開発もしています。大好物の甘い物を求めて、今日もVivienne Westwoodのお洋服をこしらえて甘味処を探索しています。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA