【まんが】80対20の法則は、実は使ってこそ価値がある


【まんが】80対20の法則は、実は使ってこそ価値がある

「利益の80%は顧客の20%がもたらす」「仕事の成果の80%は費やした時間の20%から生まれる」――こんな法則について、聞いたことのある人は少なくないだろう。「80対20の法則」あるいは「パレートの法則」という名で知られ、驚きや実感とともに世界中で語り継がれてきた。

だが、多くの人はこの法則を、なんとなく知ってはいても、理解はしていないのではないか。80対20の法則で大切なのは「世の中そんなもの」と達観することではなく、それを”使う”こと。リチャード・コッチによる『新版 人生を変える80対20の法則』(仁平和夫/高遠裕子訳、CCCメディアハウス)は、この法則を人生やビジネスに応用し、成功を導くためのいわば手引書だ。

【まんが】80対20の法則は、実は使ってこそ価値がある

ニューズウィーク日本版にあった記事です。パレートの法則は多くの人が知っていると思います。それをAmazonが壊してロングテール云々とするとややこしくなるのでこの辺に…。

本記事の中では、この「80対20の法則」を「知る」のではなく「使う」ことが大切とあります。

マンガというのもありますが、1記事が14ページもの長さになっています。ちなみに全5回に分けて掲載されるとのことです。

 

80対20の法則とは

80対20の法則は、あらゆる人、あらゆる組織、あらゆる団体、あらゆる形態の社会が、毎日の生活や仕事の中で利用することができ、また利用すべきものです。この法則を知っていれば、いままでよりはるかに少ない努力で、いままでよりはるかに大きな成果を上げることができるのです。

個人の場合は、生活が豊かになり、生きる喜びが増します。企業や組織の場合は、利益が増え、効率が上がります。政府や自治体の場合でも、コストを下げながら、公共サービスを質・量ともに改善できるのです。

この法則は、生活の面でも仕事の面でも効果が実証されています。本書は、この法則を実践した方の幸福と成功への最高の手引きとなり、現代社会のストレスを解消する手助けになることでしょう。

【まんが】少ない努力で大きな成果を出すのが、80対20の法則

上の引用は第2回の本文になります。

ここで第3回に使われているマンガを引用してみましょう。

【まんが】駄菓子屋の経営も、20%の売れる商品が支えている

【まんが】駄菓子屋の経営も、20%の売れる商品が支えている

出典:http://www.newsweekjapan.jp/

僕はこの話を聴くと、いつも井の中の蛙をつい思い浮かべてしまうのですが、なんだか似た気がしないでしょうか。

 

まとめ

ちょっくら趣を変えて80対20の法則について書かれた記事を見てきました。

僕たちが普段しているFXもひょっとしたらこれが当てはまるのかもしれません。それは20%のEAが80%の利益を出しているのかもしれませんし、20%の人が80%の利益を得ていることを示唆しているのかもしれません。

実際のマーケットは10%の人たちが90%の利益を…なんて不都合な真実を耳にすることがあるので、できれば耳を塞いでいたいものです。

まんがでわかる 人生を変える80対20の法則


The following two tabs change content below.
しゃまらーしか

しゃまらーしか

ひょんなことからFXサイトを作ったシステムトレーダ。東京都港区在住。スプレッドシートを使って過去のチャートを分析するのが得意です。MT4を使ったEAの開発もしています。大好物の甘い物を求めて、今日もVivienne Westwoodのお洋服をこしらえて甘味処を探索しています。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA