アフィリエイトでFXのホームページを作る人が増えている


ウェブ
システムトレードをしてみたけれどいまいち上手くいかなかった、結局多くの商材に騙されてしまうだけで利益にならなかったという方がいらっしゃる当サイトにおいて、アフィリエイトとは何事だでございます。

FXトレーダが辿り着くところと言えば、つまるところアフィリエイタが圧倒的に多いと思います。なんと言ったってこれまで自分の資金をリスクに晒して増えるか減るかを競っていたものに比べると、自分のブランド(がある人はなおさら)を片手に、まったくリスクなくお金を増やしていけるのです。

とは言うものの、アフィリエイトに染まれば染まるほどトレードスキルが下がるのは当然のこと。もちろんトレーダとして生きることがすべてではありませんし、アフィリエイタがいけないということでもありません。

ただ、アフィリエイタとしての比重が増えるほど、トレードとしてのスキルが下がること、時間を割けなくなることだけは覚悟をしておく必要があります。自動売買はその限りではありませんが、やはり新しいロジックを作る時間は必然的に少なくなります。

今回は趣向を変えて(そういえば前回も225に趣向を変えたような)、FXとアフィリエイトについて見ていきたいと思います。

 

すべてがFXにならず更新が滞る

まずは、アレです。火・木・土(と書いていて「Apple News Radio ワンボタンの声」のオープニングを彷彿するスケジュールです)に更新するという当サイトも、すっかり土曜日が抜けてしまうという失態をしてしまいました。

「へいへい、1年分くらいは記事のストックがあるから余裕さ」

などと言っておきながら、実際はところどころトレンド記事などを入れるための遊びを作っているのですが、ちょうどそんなときに幸か不幸か文字通り予定が重なってしまったというものでした。

普段から殺人的なスケジュールをこなしている方はちょっとやそっとの予定が詰まったところでは微動だにしないことも、月に一度ヒトの顔を見れば良い方という人間にとって、それ以上の予定はすべてがズレ込んでしまうという適応能力のなさを発揮してしまうのです。

 

アフィリエイトのFXは超激戦区で有名

さて、他人の予定など至極どうでも良いことを披露したところで、フランスパンを買い物袋からはみ出した写真を撮ってFacebookの「いいね!」を期待するのでもなく、アフィリエイトにおけるFXです。

FXにおけるアフィリエイトというより、アフィリエイトにおけるFX。

前者はきっとFXトレーダが利益が出なくなって、ホームページの3カラム両サイドにAIDMAの法則(消費者の心理のプロセス)を無視してペタペタとアフィリエイトタグを貼っているのがあたります。

後者はアフィリエイトをしようと思ってその商材のひとつにFXをはじめるというものです。ご存知の通り、金融商品のひとつであるFXは証券口座開設などは高額報酬ということもあり、超激戦区です。

しかし、実際のところ見てみるとまったく外部の人が作ると意外と難しいものであり、ネットや書籍を片手に作ったようなサイトはどうしても内容が薄くなってしまいがち(人のこと言えない)という弱点があります。

ということで必然的に前者であるトレーダが移行することが多いようです。

 

FXサイトを作りたい人が増えている

そんなFXアフィリエイトですが、ここ数年の円安相場の煽りを受けて、FXをはじめたい人が増えているのか、FXサイトを作りたいという人が増えている気がします。

本当は円安でも円高でも一方向に大きな動きがあれば良いというのがあっても、我々もそうだったように(少なくとも自分はそう)知らないうちは儲けやすそうというイメージを抱くのは仕方のないことです(最初はみんな初心者です)。

需要があるところにお仕事が生まれるように、FXをやろうという人が増えると、FXサイトを作ろうという人が増え、連鎖的にホームページを作るお仕事が生まれます。最後はそのお金は地下経済に行き渡って歌舞伎町のホストが手にするのかもしれません。

 

最初に何を売るかを決めた方が良さそう

アフィリエイトをする上で大切なのが、目的を作らないと収益化するのは難しいというものがあります。漠然とホームページを作ってさあアフィリエイトリンクを貼ろうというのは多くの人が躓くところです。

最初に何を売ろう、売るのでなければ広告にしよう(その場合は人を集めよう)という方向がなければ成り立つことはありません。

偉そうなことを書いていますが、当サイトも何かがあるわけでもなくというのが現実です。

とは言うものの、こうして記事を書いている中で、fx-onさんと繋がったり、「自分もホームページを作りたい」というご相談をいただいたり、「ホームページはあるけど記事がない」というご相談をいただいたり、そこからさらに輪が広がってというのを考えると十分に収益化ができているのかもしれません(Web屋みたいになっていますが)。

 

ホームページには様々な知識が必要

いざ、ホームページを作ろうとすると、どんなホームページを作ろうという朧気なことから、何を売ろう、どうやって作ろう(WordPressやMovableTypeなど)、ドメインやサーバはどうしようという技術的なことはもちろん、実際に何もないところか集客するにはSEOの知識も必要になってきます。

SEOの知識を入れたあとは、実際にコンテンツ(文章や動画など)を作ることが必要になり、それらを継続する(これがもっとも大変)ということでかなりの労力が必要になります。

遠回りになりましたが、これらのお手伝いをする機会が増えています。

やる気はあるけれど技術が追いつかないため、ホームページから記事の作成まですべてを発注して、FX会社のアフィリエイトを成約させているという方もいらっしゃいます(これはスゴいです)。

反対に、どうにかして無料で言いくるめようという人は失敗する傾向があるようです。無料で済ませたい気持ちは分かりますが、自分が得意ではない分野には他人の技術や時間がかかっているという認識が必要なのかもしれません。

私事ですが、自分の場合はホームページの箱を作るまでは完全歩合報酬で、コンテンツの提供は単価ということが多いです。長期的な目線では、口だけではなく両者が利益を得られる体制を作らない限り関係を続けるのは難しいのかもしれません。

 

まとめ

何が「まとめ」なのかですが、とどのつまり2500文字以上を消費してブログが滞った理由を述べた記事となった次第でございます。

よくある「更新遅れてごめんなさい」というのは、自分のブログを楽しみにしている人がいるんでしょうという、どこか上から目線な気もしますし(アイドル気取りか!)、かといって素通りもということで趣向を変えたブログを失礼します。

ひとつ、せっかくFXをするならアフィリエイトをするのも悪くないと思います。まだまだこの業界、ごぼう抜きも夢ではなさそうです。


The following two tabs change content below.
しゃまらーしか

しゃまらーしか

ひょんなことからFXサイトを作ったシステムトレーダ。東京都港区在住。スプレッドシートを使って過去のチャートを分析するのが得意です。MT4を使ったEAの開発もしています。大好物の甘い物を求めて、今日もVivienne Westwoodのお洋服をこしらえて甘味処を探索しています。

You may also like...

2件のフィードバック

  1. さやか より:

    はじめまして。
    友人がFXに凝っていて、海外FXのACFXで取引をはじめたらアフィリエートに興味がるか尋ねられたと言ってました。興味があったので、このサイトを見て思い出しました。

    • しゃまらーしか しゃまらーしか より:

      さやか様 コメントありがとうございます。ACFXさん、最近は日本語対応もされたので営業も熱心なのだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA