BandCrossさんの「BandCross3 EURUSD V8」統計分析により最大1ポジションで利益を積み上げるローリスクEA


BandCross3 EURUSD V8

日本人は失敗を嗤う傾向があります。対して外国人、とりわけ米国人は失敗してこそ次があると考える傾向があるようです。そのように書くと「ここは日本だよwww」と「ワールドワイドウェブ」のごとく笑われてしまうのでしょうが、僕も失敗ありきだと考える人のひとりです。

経験上(といってもまだまだ小僧)、試したすべてが成功することなんてありませんし、ダメだったものを切ってよくできたものを伸ばして、その繰り返しで成長するのだと思います。

さて今回検証するのは、2016年4月22日配信のGEM-Trade無料EA人気ランキングより、7位にランクインしたBandCrossさんの「BandCross3 EURUSD V8」です。本EAも紆余曲折ありながらも開発者様の真摯な対応で生き残る超がいくつあっても足りないほどのロングセラーEAといえます。それではその秘密を探ってみましょう。

 

BandCross3 EURUSD V8を選んだ理由

偉そうなことを書いてしまいましたが、GEM-Trade(ゲムトレード)の「今週の注目EA」にあったからです。元はといえば、fx-onでも大人気EAのひとつであったため、時期を見てこれらのEAはぜひ検証したいと思っていました。

ほかにはPenguin FX(ラッコ)さん、カワセ係長さんなどがそれにあたります。名前を知っているというのと、自分の手でも検証してみたいと思っています。

 

BandCrossさん

BandCrossさんはfx-onでも名前の広く知られているEA開発者さんです。何がすごいってたったひとつのEAをひたすらバージョンアップをしているという点です。そのバージョン、現在は「8」に到達しています。

BandCross3 EURUSD V8はfx-onで口座が自由に選べるものと、GEM-Tradeが指定した口座で運用できるものを選べます。もうひとつ、fx-onでFOREX.comタイアップキャンペーンとして、FOREX.comで新規口座を開設すると「BandCross3」が無料でもらえるキャンペーンもあります(FOREX.comの口座のみ運用できます。)。

 

「BandCross3 EURUSD V8」

「BandCross3 EURUSD V8」は以下のようにあります。

Bandcross3 は比較的相場が落ち着いている時に短期トレンド方向にエントリーする MT4 用の自 動売買プログラムです。日本時間の昼間にエントリーし当日の米国重要指標発表前にクローズする デイトレードを行います。トレンド判定/エントリーには統計的分析と各種フィルタを併用したロジックを 採用し、クローズはポジション毎に設定するリミット/ストップ以外に目標利益を確保したときに自動 的に決済を行う AutoClose 機能と当日の決められた時刻で決済するディクローズ機能を実装して います。また、エントリー可能時間終了後はセーフモードを発動し目標利益を減らしかつリアルタイム で決済を行う早期手仕舞いによってリスク回避を計っています。

EAの概要を見てみましょう。

  • 通貨ペア:EUR/USD
  • 使用時間足:5分足
  • 取引スタイル:デイトレード

取扱説明書がとても見やすいです。

 

「BandCross3 EURUSD V8」のパラメータ

以下は、「BandCross3 EURUSD V8」のパラメータになります。まずはザッと見てみましょう。カッコ内()はデフォルト値(初期値)です。

 

基本パラメータ

  • GMTdiff:使用する MT4 サーバ時刻の GMT との差を設定します。(2)
  • SummerTime:サマータイム対応。なし=0、米国式=1、英国式=2(1)
  • Lots:ロット数。(0.1)
  • EmailON:True の場合、ポジションの Open/Close 時にメール送信を行います。
  • EmailSubject:Eメールの件名を設定します。

GMT diffには通常時(夏時間ではない)のサーバ時刻を入力し、SummerTimeにはサマータイム(夏時間)について入力します。

(例)

  • GEMFOREX・FXDD:GMTdiff=2、SummerTime=1(米国式)
  • XM:GMTdiff=2、SummerTime=2(英国式)
  • 日本時間を採用しているFX会社の場合:GMTdiff=9、SummerTime=(なし)

バックテストはFXDDのヒストリカルデータに合わせてGMTdiff=3、SummerTime=0で実施しました。

Lotsには取引ロット数を入力します(0.1=1万通貨)。

 

オーダ設定

  • MAGIC:マジックナンバー(4051210)
  • MaxPos:最大ポジション数(1)
  • MaxSpread:許容スプレッド、この設定よりスプレッドが大きい場合ポジションを持ちません(3.0)
  • Slippage:許容スリッページ(3.0)
  • IniProfit:個別ポジションのリミットオーダ設定pips(40)
  • IniStop:個別ポジションのストップオーダ設定pips(90)
  • MinProfit:AutoCloseの目標利益pips(24)
  • MaxSL:AutoCloseのストップオーダ設定pips(75)

「MAGIC」はEA固有のマジックナンバーを最大10桁で入力します。誤作動が起きる原因になるため、同じ口座に同じマジックナンバーが存在しないようにします。

ほか、細かい設定がありますがデフォルト値での運用を推奨します。

「オーダー」を「オーダ」と書いたり、理系な雰囲気が好きだったりします(笑)。

 

「BandCross3 EURUSD V8」のバックテスト結果

BandCross3 EURUSD V8

「BandCross3 EURUSD V8」のバックテストを実施しました。スプレッドは20(2.0pips)で実施しています。

  • 期間:2005年1月〜2016年4月
  • 初期証拠金:10000(ドル)
  • 取引ロット:0.1(1万通貨)
  • 純益:+5,096.20(ドル)
  • プロフィットファクタ:1.34
  • ペイオフレシオ:0.62
  • 最大ドローダウン:5.32
  • 勝率:68.49%
  • 最大勝ちトレード:+40.00
  • 最大負けトレード:-90.00
  • 平均勝ちトレード:+21.35
  • 平均負けトレード:-34.59
  • 最大連勝:3
  • 最大連敗:1

前半では若干ジグザグになっているものの、全体としてはきれいな右肩上がりの曲線になっていると言えます。最大ドローダウンも低いので、1万ドル(約100万円)の証拠金に対して0.3〜0.4ロット(3万〜4万通貨)の取引量でも良さそうです。1000ドル(約10万円)なら0.03〜0.04ロット(3000〜4000通貨)に相当します。

 

まとめ

GEM-Tradeの無料EA人気ランキング7位の注目EA、BandCrossさんの「BandCross3 EURUSD V8」を検証してきました。さすが長期間に渡って改良が続けられているEAという印象があります。バックテストで計算された最大ドローダウンを更新したらおとなしくEAを止める、それまでは連敗があっても運用を続けるのがおすすめです。

>>BandCross3 EURUSD V8


The following two tabs change content below.
しゃまらーしか

しゃまらーしか

ひょんなことからFXサイトを作ったシステムトレーダ。東京都港区在住。スプレッドシートを使って過去のチャートを分析するのが得意です。MT4を使ったEAの開発もしています。大好物の甘い物を求めて、今日もVivienne Westwoodのお洋服をこしらえて甘味処を探索しています。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA