「月額8万円」の所得で生きられますか?


「月額8万円」の所得で生きられますか?

昨今、ビジネスの現場や個人のキャリア観を根本から書き換えてしまいかねない可能性が、社会的な議論のテーマになっている。「第3次ブーム」だといわれる人工知能(AI)だ。この最先端のITがビジネスや個人の仕事を根こそぎ押し流す。そんな未来像だ。

特に、クイズに答えたり、シンプルな問診だけを医師に代わって行う「特化型」のAIではなく、さまざまな仕事を自律的にこなし、AIによってAI自身の改善も進む水準の「汎用AI」が実現すれば、ほとんどの仕事を一掃してしまうとみられている。一部には、「人口の10%ほどしか職につけなくなる」と主張する論者もいるほどだ。そんな時代が、2045年には来る可能性があるとされているのだ。

AIによる(90%にものぼる!)大失業時代は、18世紀中葉から19世紀初頭の産業革命で生産の機械化が進展する際に語られた「技術的失業」の現代版といえるが、もしも労働が世界からなくなってしまった時には、人の働き方はどう変わるのだろうか。その未来像を推測する。

「月額8万円」の所得で生きられますか?

ZUU onlineにあった記事です。人工知能の発達の結果、人間がしている仕事の約半分がなくなると言われています。記事の中では「人口の10%ほどしか職につけなくなる」ともあります。

ただし、こんな意見もあるようです。

AIによって全ての仕事が奪われるとみられているワケではなく、人間に残される仕事もある。大部分の人にとっては縁のない10%の仕事を除いて、90%の人々には「人間らしい仕事」が残される可能性が高いのだ。

働かなくても良いなら働かなくても良いと思いますし、反対に需要がありそうな分野で今から技術を付けておくというのもひとつの方法だと思います。

僕は「人と話したい」と考える人が多いと思うので、人とのつながりがある仕事は残る、もしくは需要が高くなるのかなと思っています。それすらPepperなどとお話する時代になるのかもしれませんが…。

 

この記事に対する反応


The following two tabs change content below.
しゃまらーしか

しゃまらーしか

ひょんなことからFXサイトを作ったシステムトレーダ。東京都港区在住。スプレッドシートを使って過去のチャートを分析するのが得意です。MT4を使ったEAの開発もしています。大好物の甘い物を求めて、今日もVivienne Westwoodのお洋服をこしらえて甘味処を探索しています。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA