社長のカバン持ちをしてわかったお金を引き寄せる極意


鞄

前回、「BIG tomorrow 2016年6月号」の特集『1億円貯めた人の「お金が集まる環境」』から、PART1の『金持ちは「お金が貯まる環境」を作るのが上手い!』の『40代で年収が倍増する人の「人生のギアチェンジ」』を見てきました。

特にこだわる必要はありませんが、雑誌の構成ひとつを見てみても興味深かったりするものです。たとえば「BIG tomorrow」では特集の中にパートがあって、そのなかにコンテンツがあるという構成をしています。物事を知るときは骨組みを見るというのも大切なのかもしれません。

意識高いワードで言うところの「俯瞰で見るとさぁ」でございましょう。

さて、今回は引き続きPART1『金持ちは「お金が貯まる環境」を作るのが上手い!』から「社長のカバン持ちをしてわかったお金を引き寄せる極意」を見ていきます。

 

社長のカバン持ちをしてわかったお金を引き寄せる極意

14年連続で増収を継続している株式会社 武蔵野の小山昇社長。全国の中小企業の”社長”向けに『社長のかばん持ち』という研修プログラムを行っているとあります。

ちなみにこの研修プログラム、1回36万円(もらうのではなく払うんです)にもかかわらず、1年間予定が埋まっているのだとか(週5回1年間(52週)で計算しても9360万円)。

 

社長愛用かばんの7つ道具

小山社長の7つ道具はデジタルとアナログが混在している特徴があります。

  1. 一昔前のスケジュール管理ツール(ザウルス)
  2. 折り畳み傘
  3. 住所だけ書かれた大量のハガキ
  4. 20年使い続ける手書き資料
  5. ケータイの予備バッテリー
  6. シャチハタ3本
  7. 各種ペン

 

4つのケータイを駆使

小山社長は1948年生まれ、今年68歳という年齢にもかかわらず、デジタル機器にも相当強いです。こういうのを見ると「ついていけない」なんて言っていられないです。

  1. iPhone
  2. iPad mini
  3. ガラケー
  4. ガラケー

ほかにもブルートゥース接続のヘッドフォンも使っているのだとか。

 

新聞、中吊り、マンガ、ドラマなどは中身より広告をチェック

「情報の内容より制作者の意図を読む」ことが大切とあります。

  • 日経新聞と『漫画ゴラク』を定点観測
  • CMの数でドラマの展開を読む
  • 中吊りは景気のバロメーター

そういえば「女子会」って、女性にお金を使わせるためにリクルートが仕掛けた言葉なんですよね。男性との食事では男性側が出すことが多いために、女性同士で会わせてお金を使わせる。意図ってすごいです。

 

結果的にお金が貯まる生き方

若い頃からお酒、ギャンブル、遊びが大好きという小山社長。結果的にお金が貯まる生き方は以下の3点とあります。

  1. 大学では勉強よりも”勝負カン”を学んだ
  2. 歌舞伎町で5億円使って”女”を学んだ
  3. 店や人にだまされて”だまし方”を学んだ

色々な価値観があるのだと思います。

 

「BIG tomorrow 2016年6月号」関連記事

  1. 40代で年収が倍増する人の「人生のギアチェンジ」
  2. 社長のカバン持ちをしてわかったお金を引き寄せる極意
  3. 1億稼ぐ個人投資家の「サイフ」の中身を拝見
  4. マイナス金利に資産を食いつぶされない7つの知恵
  5. クセになる面白さ!「オタマート」で月10万円稼ぐ方法

The following two tabs change content below.
しゃまらーしか

しゃまらーしか

ひょんなことからFXサイトを作ったシステムトレーダ。東京都港区在住。スプレッドシートを使って過去のチャートを分析するのが得意です。MT4を使ったEAの開発もしています。大好物の甘い物を求めて、今日もVivienne Westwoodのお洋服をこしらえて甘味処を探索しています。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA