「儲かる会社」を作って大企業に買ってもらう方法


会社

会社を大きくするだけでも大変なのに、その会社を企業に買ってもらう…。夢のまたとは言いませんが、愛着のある会社を手放すというのはどこか寂しい気持ちになったりしてしまいそうですが。

自分自身、FXで取引をしてそのまま法人になった口ですが、その後はできるだけ陽の目の当たらない業界目指して、アンダーグラウンドに精を出す日々だったりします。そう考える人もいれば、「会社を売る」前提で起業する人も少なくないようです。

今回は「BIG tomorrow 2016年7月号」の特集「40代で用意している月20万円の”自動収入”」のPART2「40代サラリーマン 会社をやめても困らないお金の仕組み」から、「「儲かる会社」を作って大企業に買ってもらう方法」を見ていきましょう。

 

1円あれば起業できる! サラリーマン起業環境が充実

サラリーマンを辞めたい人って多いみたいです…。

とネガティブなことを言っても仕方ないので見てみます。

  1. 無料のサービスが充実
  2. 資本金もいらない
  3. プロのアドバイスも
  4. 何も作らなくても稼げる

今の御時世は本当に良いと思います。たとえば自分が趣味のことなどをブログなどに書けば、それだけでアフィリエイト報酬がもらえたりする次代です。元手をかけることなく、日本中世界中の同士に知識を提供することが可能です。

さすがに買ってもないものをアフィリエイトするとただの「胡散臭い」ブログになってしまうので(FX商材サイトにも多数あるでしょう)、このあたりは気をつける必要があります。

 

知識ゼロから起業して成功する5つのステップ

ちょっと気になる具体的な「起業して成功する5つのステップ」です。まずは見てみましょう。

  1. どうやって起業するか?
  2. 最初に何をするか?
  3. どう稼ぐか?
  4. 会社をうまく回すには?
  5. 売上を伸ばすには?

これが5つのステップです。そして、回答が以下の通りです。

  1. 流行っていなくても自分が好きなモノで勝負!
  2. 先に情報を発信し”見込み客”を集める
  3. ファンを集めてまずイベント開催 マーケティングもできて一石二鳥
  4. 仕事は安価な外部サービスを利用
  5. 付加価値をつけて思い切って値上げする

固定費の負担がかからないように、必要な時に必要なだけ手を借りる「外部サービス(アウトソース)」を使うのが良いとあります。たしかに僕も家賃系のお仕事は極力排除して、出張系にしているなぁと。

 

ゼロから作った会社を1億円で売却する技術

事業が軌道に乗ったあと、フランチャイズ化や株式上場などではなく、大きな企業に売却し、まとまった資金を得るという方法が増えているとあります。

ここで2度の起業売却をした大澤亮さんの心得を3つ見てみましょう。

  1. 大企業は”時間”に金を払う
  2. 顧客の資産価値は想像以上
  3. マイナス要素も包み隠さず開示せよ

ちなみにこの大澤亮さん、米・GOMEZに証券会社比較サイトを、サイバーエージェントに中国茶の輸入サイトを売却したのだとか。すごいです。

 

「BIG tomorrow 2016年7月号」関連記事

  1. 年金なんてアテにしない! 40代で3000万円貯めた人の方法
  2. 【かん吉式】会社に頼らず、自力で食べていく人生設計
  3. 臆病な人でもうまくいく! 3万円を確実に100万円にする投資術
  4. 40代・50代で取っておきたい! 定年後も仕事に困らない資格
  5. 例年の3倍儲かる「懸賞」で100万円を手に入れる
  6. 「儲かる会社」を作って大企業に買ってもらう方法
  7. 会社勤めがイヤになった人の1人ビジネスの始め方
  8. 東京で消耗しないための地方移住計画

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA