40代会社員・「投資」で年収1000万円をめざす人たちの方法


家

年収1000万円。これは多くの人にとってキリの良い数字として考えられています。年収1000万円というと、12ヶ月で割ると100万円を切るので、せっかくなら月収100万円の方がと思ってしまいますが、やはり年収1000万円はひとつのボーダーラインなのでしょう。

1000万円も1200万円も大して変わらないと思いたくもなりますが、実際いはその差額の200万円で1年間生活している人も決して少なくありません。

さて、今回は「BIG tomorrow 2016年8月号」の特集「コレで「お金」と「仕事」に一生困らない!」から、「40代会社員・「投資」で年収1000万円をめざす人たちの方法」を見ていきましょう。

 

投資はココが大事

投資には5つの大事なことがあるとあります。

  1. 最初に目標を決めないと運用に前のめりになってしまう
  2. いつ始めると儲かるのか?経済危機後にチャンスあり
  3. どの銘柄に投資するかはそれほど重要ではない
  4. 「貧乏サイクル」を抜け出し「金持ちサイクル」に入ろう
  5. 税金のコントロールも利益を最大化するポイント

記事では「経済危機の後にチャンスあり」とありますが、実際、それは後になってみなければ分からないという弱点があります。これはFXも同様です。ちょっと難しそう…。

面白いのは「どの銘柄に投資するかはそれほど重要ではない」というものです。あれこれ選ばず、まず潰れないだろう大企業に投資するのが賢明なのだとか。大丈夫でしょうか…。

 

40代のサラリーマン

記事では4人の40代サラリーマンの黄金マネープランが紹介されています。

参考までにそれぞれのリンクを貼っておきます。

 

まとめ

投資のココが大事を中心に「40代会社員・「投資」で年収1000万円をめざす人たちの方法」を見てきました。拙サイトの方針として、あまり心に思わないことはできるだけ触れないというものがあります。

ちょっと色々と思うところがあったなぁなんて思ったりするのでした…。


The following two tabs change content below.
しゃまらーしか

しゃまらーしか

ひょんなことからFXサイトを作ったシステムトレーダ。東京都港区在住。スプレッドシートを使って過去のチャートを分析するのが得意です。MT4を使ったEAの開発もしています。大好物の甘い物を求めて、今日もVivienne Westwoodのお洋服をこしらえて甘味処を探索しています。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA