疲れが明日に残らない!40代からのカラダの整え方


サラダ

お金、お金、お金…。普段働いているとついつい身体が疲れてしまうものです。特にFXのようにパソコンの画面を見ている時間が長い人は肩がバキバキになってしまったという方も多いと思います。

僕はFXのチャートを見るのは週に数分程度ですが、それでもパソコンで仕事をすることが多いので、同じように身体が疲れます。30代とはいえ、女子高生から見ればオッサンもいいところです。

なぜ女子高生から見るのか分かりませんが、その辺りはそっとしておきましょう。

今回は「BIG tomorrow 2016年8月号」の特集「コレで「お金」と「仕事」に一生困らない!」から、「疲れが明日に残らない!40代からのカラダの整え方」を見ていきましょう。

 

1. 「動作」を変えるだけで疲れにくいカラダを手に入れる

記事ではそれぞれのシチュエーションにおいて意識したい動作が紹介されています。

  • 座り方:お尻の下に手を入れて座る
  • 歩き方:腕を前後に大きく振る
  • 立ち方:片脚立ちをして手を上に伸ばす
  • パソコンの見方:視線を平行の高さにする
  • 口の開け方:割り箸をくわえる
  • 姿勢の正し方:耳をひっぱる(背骨が正しい位置に戻る)
  • 持ち方:薄皮1枚入れるイメージで持つ
  • 手の位置:人と話すときは手をへその位置におく

パソコンの見方は気をつけています。

 

2. デスクワークで疲れたカラダ。このやり方で疲労回復

本誌では「腰痛」「目の疲れ」「肩こり」「首のこり」「1日の疲れ」に効くストレッチ方法が紹介されています。

僕もストレッチは毎日朝やっています。朝はトレーニングとストレッチをやる習慣があるのです。

 

3. その「食べ方」を変えるとカラダはもっと強くなる

カラダの中を疲れさせる「食」のとり方として3点があげられています。

  1. その「食べ方」が疲れの原因
  2. 食べる「時間t内」「スピード」も大事
  3. 「メニュー」の選び方が間違っている

具体的に見てみましょう。

 

「食べ方」が疲れの原因

  • 野菜から食べると血糖値が乱高下しない
  • テーブルの上の”薬味”、”トッピング”はどんどんかける
  • 暑いからといって”冷たいモノ”を食べると、余計に疲れる

 

食べる「時間t内」「スピード」も大事

  • 米を抜くなら、夜ではなく昼に抜く
  • 器の多い定食、箸を使う和食で、ゆっくり噛む
  • 朝起きて食欲がなければ食べなくていい

 

「メニュー」の選び方が間違っている

  • サンドイッチ→おにぎり
  • 麻婆豆腐→牛丼
  • スポーツドリンク→水
  • ラーメン→チャーシューメン

メニューでは小麦を避けるということが書かれています。

 

まとめ

おそらく拙サイトではじめて食に関する記事「疲れが明日に残らない!40代からのカラダの整え方」を見てきました。

ちなみに僕の食生活は、1日1食、炭水化物を摂らない、です。「甘いもの」が好きなのですが、現在は一ヶ月に1回だけしか食べないようにしています。あれ?体重130kgとか書いているのにこんな生活? だんだんキャラクタがぐちゃぐちゃになってきましたが…。

 

「BIG tomorrow 2016年8月号」関連記事

  1. 働いても貧乏な人生、働くなくても金持ち人生。40代の「動き方」で9割決まる
  2. 40代会社員・「投資」で年収1000万円をめざす人たちの方法
  3. 自分だけ損をしないための正しい「お金の預け方・殖やし方」
  4. 習う人が急増!「資格」の10倍稼げるスゴイ技能
  5. 疲れが明日に残らない!40代からのカラダの整え方

The following two tabs change content below.
しゃまらーしか

しゃまらーしか

ひょんなことからFXサイトを作ったシステムトレーダ。東京都港区在住。スプレッドシートを使って過去のチャートを分析するのが得意です。MT4を使ったEAの開発もしています。大好物の甘い物を求めて、今日もVivienne Westwoodのお洋服をこしらえて甘味処を探索しています。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA