ボリ平さんの「ボリ平ドラゴン式」実践編


ボリ平ドラゴン式

前回、ボリ平さんの基本となる手法「ボリ平ドラゴン式」の基本編を見てきました。おさらいをすると、ボリ平ドラゴン式を使うために、ボリンジャーバンド平均足遅行スパン(ドラゴン)を設定しました。

>>ボリ平さんの「ボリ平ドラゴン式」基本編

今回はそれらのテクニカルツールを使って実際に「ボリ平ドラゴン式」を使ってみようと思います。

※前回、ボリンジャーバンドの中心線はEMAにしましたが、画面が見にくくなるため、SMAで表示しています。

 

1. 順張り

まずは、鉄板パターンとして順張りを見ていきます。順張りはトレンドが発生するところを狙います。使うのは1分足や5分足といった比較的短い時間足なので、トレンドの頭を狙うイメージです。

 

①通貨ペアを探す

ボリ平ドラゴン式

平均足とドラゴンが絡み合っている通貨ペアを探します。平均足とドラゴンが絡み合っているということはレンジ相場であることを表します。

短い時間足を使うスキャルピング寄りの手法のため、(ドル円やユーロドルなど)できるだけスプレッドが狭い通貨ペアを選ぶのをおすすめします。

 

②エントリータイミングを待つ

ドラゴンが平均足から離れてボリンジャーバンドの±3σに近づくのを待ちます。±3σに近づくということはレンジ相場からトレンド相場に転換することを表します。

 

③エントリーする

ボリ平ドラゴン式

ドラゴンがボリンジャーバンドの±3σにタッチして抜けたら順張りで成り行きエントリーします。

  • +3σを上に抜けたら「買い」
  • -3σを下に抜けたら「売り」

 

④決済(利益確定)

ボリ平ドラゴン式

決済のタイミングは、平均足の色がトレンドとは逆の方向に変わりドラゴンの頭の角度が変わったときになります。

平均足のトレンドとは逆の方向とは、上昇トレンドなら「陰線」に、下降トレンドなら「陽線」に変わったときです。

 

⑤決済(損切り)

ボリ平ドラゴン式

±3σを抜けて順張りエントリーした後、ドラゴンが再び±3σ内に戻ってきてしまったときは損切りします。これはトレンドが発生せずダマシに終わったことを意味します。

スキャルピングなので早めに決済(損切り)して、次のトレードに備えましょう。

 

2. 逆張り

続いて、ボリ平ドラゴン式の逆張りを見ていきます。トレンドの発生をとらえる順張りに対して、逆張りはレンジ狙いをします。そのため狙うpipsも小さく、コツコツトレードを繰り返すのが特徴です。

 

①エントリーする

ボリ平ドラゴン式

ボリンジャーバンドの±2σを超え、±3σに達する前に反転したら逆張りでエントリーします。

  • +3σから反落→「売り」
  • -3σから反発→「買い」

 

②決済(利益確定)

価格がセンターラインまで下がってきたら決済します。

 

③決済(損切り)

ボリ平ドラゴン式

±3σから反転したところで、再度±3σを超えてしまったら損切りします。逆張りの場合、損切りを躊躇ってトレンドが発生してしまうと損失が大きくなりがちなので注意しましょう。

 

まとめ

ボリ平ドラゴン式の実践編として、順張りトレード、逆張りトレードについて見てきました。順張りはトレンドが発生することを予想し、逆張りではトレンドが発生しない(レンジが続く)ことを予想してトレードします。

両方のパターンを狙うことで取引機会も増え、チャンスが倍増します。順張りと逆張りを両方使いこなせるようにしてみましょう。


The following two tabs change content below.
しゃまらーしか

しゃまらーしか

ひょんなことからFXサイトを作ったシステムトレーダ。東京都港区在住。スプレッドシートを使って過去のチャートを分析するのが得意です。MT4を使ったEAの開発もしています。大好物の甘い物を求めて、今日もVivienne Westwoodのお洋服をこしらえて甘味処を探索しています。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA