ボリ平さんの「ロンドンコーリング手法」初心者にもおすすめです


ロンドン

前回、ボリ平さんの3大手法を見てきました。「ボリ平ドラゴン式」「ロンドンコーリング手法」「ハイロウズOCO手法」など、どれもユニークな名前が付いているのが特徴です。

>>ボリ平式3大FX手法とは?

今回はそのなかから、初心者の方にもおすすめのロンドンコーリング手法について見ていきましょう。

 

ロンドンコーリング手法の特徴

ロンドンコーリング手法は裁量を排除したシステムトレードに分類されます。手動でも一定のルールに基づいて売買していればシステムトレードに分類できます。

さて、そんなロンドンコーリングには以下の特徴があります。

  1. 誰がトレードしても同じ結果が出る
  2. 利益確定と損切りは自動
  3. パソコンに張り付く必要がない
  4. スマホからでも注文できる
  5. 曜日によって勝率が異なる(火・木の勝率は高く、月・金の勝率は低い)
  6. 通貨ペア、時間帯、リミット&ストップのアレンジができる

 

ロンドンコーリング手法の売買ルール

ロンドンコーリング手法

ここからはロンドンコーリング手法の具体的な売買ルールを見ていきます。チャートは15分足、通貨ペアはなじみのあるドル円(USD/JPY)がおすすめです。

 

1. 15時〜21時の高値と安値を確認する

21時(夏時間は20時)になったら、15時〜21時(夏時間は15時〜20時)の高値と安値を確認します。15時〜21時とは15時00分から20時59分59秒までです。

また、夏時間は14時〜20時ではなく、15時〜20時なので注意しましょう。

 

2. IFO注文を出します。

IFO(イフダンOCO)注文とは、IFでエントリの注文を出し、OCOで利益確定と損切り注文を出します。つまり3つの注文を一度にできるのです。手動で取引するなかで、もっとも自動売買に近い注文方法になります。

(IFOの詳しい説明はここでは割愛します)

  • 買い注文:15時〜21時の高値に「買い」の逆指値
  • 売り注文:15時〜21時の安値に「売り」の逆指値

利益確定と損切りはそれぞれのエントリー値から15pips離したところに設定します。エントリ期限は「DAY:当日中」、決済(利益確定&損切り)の期限は「GTC:無期限」を推奨します。

チャートはおそらくBidレート(売値)が表示されている方が多いと思います。そこで、買い注文の場合はスプレッドを加味して、+1pips程度上に設定しておきましょう(実際には高値に達していないのにエントリするのを防ぐため)。

例:15時〜21時の高値111.31円、安値110.88円の場合

【買い注文】

  • エントリ:111.32円に「買い」の逆指値
  • 利益確定:111.47円
  • 損切り:111.17

【売り注文】

  • エントリ:110.88円に「売り」の逆指値
  • 利益確定:110.73円
  • 損切り:111.3円

 

曜日による勝率の違い

ロンドンコーリング手法は、曜日によって勝率が異なるというのはボリ平さんの主張です。

たとえば月曜日と金曜日は勝率が低くなります。月曜日は週明けでどちらの方向に相場が動くか様子見をする、金曜日は週末リスクから動意が付きにくいというのが要因として考えられています。

反対に火曜日、木曜日といった週中は大きなトレンドが発生しやすいので勝率が高くなりやすい傾向があるようです。

 

大きな経済指標発表時は取引しない

第1金曜日の米・雇用統計、年8回のFOMCの日は取引はおすすめしません。ロンドンコーリング手法は順張り手法です。これら大きな経済指標が発表される日は、発表まで相場がどちらに動くか分からずトレンドができにくいため、取引しない方が勝率が高くなります。

大きな経済指標が発表されるときは、指標トレードのハイロウズOCO手法を使いましょう。

 

ロンドンコーリングの逆張り手法「カスバ」

カスバ

ロンドンコーリングには順張りのほか、逆張り手法「カスバ」があります。前述のように月・金曜日は勝率が低い傾向があります。そこで、「トレンドが発生しにくい」というのを逆手にとって逆張りをするというのがカスバです。

先ほどとは反対に、カスバは「指値」を使います。また、高値・安値から1pipsほど離すのもポイントです。

  • 買い注文:15時〜21時の安値-1pipsに「買い」の指値
  • 売り注文:15時〜21時の高値+1pipsに「売り」の指値

利益確定は欲張らず8pips、損切りは10pipsに設定します。

 

例:15時〜21時の高値109.84円、安値109.55円の場合

【買い注文】

  • エントリ:109.55円に「買い」の指値
  • 利益確定:109.63円
  • 損切り:109.45円

※「買い」注文は-1pipsしたあとにスプレッド分+1pipsを足します。

【売り注文】

  • エントリ:109.85円に「売り」の指値
  • 利益確定:109.77円
  • 損切り:109.95円

 

「NYモーニングショット手法」「ZZZブレイク手法」

ここからはロンドンコーリング手法のアレンジ版です。ロンドンコーリング手法では15時〜21時をひとつの枠にしました。この枠を変えるというのが、「NYモーニングショット手法」と「ZZZブレイク手法」です。

 

NYモーニングショット手法

NYモーニングショット手法は、21時(夏時間は20時)からの30分の値幅で、「様子を見ながら」あまり動いていなければエントリします。ただ、この「様子を見ながら」というのが、かなり曖昧なので難易度が上がります。

  • 利益確定:15pips
  • 損切り:15pips

 

ZZZブレイク手法

ZZZブレイク手法

ZZZブレイク手法は、日本時間の午前6時から21時(夏時間は20時)までの高値と安値を使って順張りエントリ。

  • 利益確定:10pips
  • 損切り:15pips

ロンドンコーリング手法がロンドン時間の高値安値を使うのに対して、ZZZブレイク手法は、NY市場がクローズしてからオープンするまでの時間を一括りにしているのが特徴です。このふたつを組み合わせると小さな時間枠でのブレイク、大きな時間枠でのブレイクが上手に狙えるかも!?

 

まとめ

ボリ平さんの三大手法から「ロンドンコーリング手法」についてまとめてご紹介しました。ここまではっきりとルール化されているとシステムにも落とし込めます。バックテストをすることによって、利益確定と損切りはこうした方がいいのではないか、通貨ペアはこれがおすすめなど色々な検証ができそうです。

 


The following two tabs change content below.
しゃまらーしか

しゃまらーしか

ひょんなことからFXサイトを作ったシステムトレーダ。東京都港区在住。スプレッドシートを使って過去のチャートを分析するのが得意です。MT4を使ったEAの開発もしています。大好物の甘い物を求めて、今日もVivienne Westwoodのお洋服をこしらえて甘味処を探索しています。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA