投資の神様バフェット氏が称える「最高の投資本」のエッセンス


投資の神様バフェット氏が称える「最高の投資本」のエッセンス

『賢明なる投資家(The Intelligent Investor)』という投資の本をご存知だろうか。「バリュー投資の父」と言われる米国のエコノミスト、ベンジャミン・グレアム(Benjamin Graham、1894−1976)が書いたバリュー投資(割安株投資)の教科書だ。『賢明なる投資家』は、「オマハの賢人」ウォーレン・バフェットをして、過去最高の投資の本と称させている。

グレアムはマンハッタンで投資会社を経営しながら、1928年から20年以上にわたり、コロンビア大学のビジネススクールで投資についての講義を持っていた。1929年の大恐慌を経験してバリュー投資へ傾倒していき、『賢明なる投資家』を出版したのが1949年、グレアム55歳の時だ。

投資の神様バフェット氏が称える「最高の投資本」のエッセンス

ZUU onlineにあった記事です。先日も書きましたが、ZUU onlineの記事の質は高いなぁと思います。

さて、記事の中では、

短期の株価の変動にとらわれるべきではなく、長期の財務諸表分析を元に企業の本質的な価値を測ることに時間をかけるべきだ

投資の神様バフェット氏が称える「最高の投資本」のエッセンス

とあるので、短期売買を行うことが多いFXとは異なるかもしれません。それでも「ベンジャミン・グレアムの名言3選」はとても参考になります。

 

ベンジャミン・グレアムの名言3選

  1. 投資で成功するためには、知能指数がずば抜けて高い必要もなければ、人並み外れた洞察力を持つことも、内部情報に通じている必要もありません。必要なのは、意思決定のための適切かつ知的なフレームワークと、それを働かせないような力から感情を一定に保つことができる能力です」
  2. 「株価が大幅に上昇した後には絶対に株を買ってはいけません。また、大幅に下落したすぐ後には絶対に売ってはいけません」
  3. 「長年の経験からわかることは、投資家が最大の損失を被るのは、好景気下で優良とはいえない証券を購入した時だということです。このような買い方をする人々は、直近の高収益がその企業の「収益力」であるととらえ、また、業績が好調であることが安全性であると考えています」

特に「意思決定のための適切かつ知的なフレームワークと、それを働かせないような力から感情を一定に保つことができる能力」、これはFXにも求められる能力ではないでしょうか。

 

1日の8割は読書

また、関連記事「大富豪でも給料は10万ドル バフェットの「超シンプルな生活」」の中には「1日の8割は読書」という驚くべき記述がありました。

バフェット氏流の「賢いビジネスパーソンになるコツ」は、「毎日書類を500ページは読んで、知識を身につける事」であり、実際にパフェット氏自身、そうして豊富な知識を習得したという。

バフェット氏はかなり変わった方としても知られていますが、賢いということには相当の努力をしていることが分かります。もう、豪華な時計買ったりとか言っているのは、えっと、その、アレなのかもしれません。

いや、もう、2016年頑張りますよ。


The following two tabs change content below.
しゃまらーしか

しゃまらーしか

ひょんなことからFXサイトを作ったシステムトレーダ。東京都港区在住。スプレッドシートを使って過去のチャートを分析するのが得意です。MT4を使ったEAの開発もしています。大好物の甘い物を求めて、今日もVivienne Westwoodのお洋服をこしらえて甘味処を探索しています。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA