米・2016年10月雇用統計 – ユーロ円の往復ビンタに咽び泣く


米・2016年10月雇用統計

2016年11月4日(金)、米・10月雇用統計が発表されました。11月8日(火)にはアメリカの大統領選挙も控えていることで、大きな値動きは期待できないかもしれません。「自分が大統領になったらこうしたい」より、「相手はこんなひどいことをやっていた」のように足を引っ張り合う図に見えてしまいます…。ということで今月の雇用統計の結果を見ていきましょう。

 

米・10月雇用統計

米・10月雇用統計の結果は以下のようになりました。

  • 非農業部門雇用者数:予想17.5万人→結果16.1万人
  • 失業率:予想4.9%→結果4.9%

非農業部門雇用者数が予想より悪い結果となりました。

失業率は予想と同じ結果でした。

予想との乖離は若干悪いといったところでしょうか。

 

米・10月雇用統計のトレード結果

今回の雇用統計のトレードの結果は以下の通りです。

  • ドル円:-21pips
  • ユーロドル:-16pips
  • ユーロ円:-100pips
  • ポンド円:+46pips
  • ポンドドル:+44pips

ドルできれいなトレンドがなかったためドル円、ユーロドルともに損失が出ています。ユーロ円にかぎっては、引っ張られてしまい往復ビンタに…(-100で損切りしているわけではなくたまたまです)。

一方、ポンド絡みの通貨は今月はきれいに上昇しており(おそらく別の材料が出た)、ポンド円、ポンドドルともに利益が出ています。

 

まとめ

米・10月雇用統計について見てきました。時期柄どうしても動きが出にくいのは仕方ありません。とはいうものの、あくまで結果論なので大きく動いたときのために「常に仕掛けておく」ことが大切と言えそうです。来月は年間の雇用統計の結果などもやってみたいと思います。


The following two tabs change content below.
しゃまらーしか

しゃまらーしか

ひょんなことからFXサイトを作ったシステムトレーダ。東京都港区在住。スプレッドシートを使って過去のチャートを分析するのが得意です。MT4を使ったEAの開発もしています。大好物の甘い物を求めて、今日もVivienne Westwoodのお洋服をこしらえて甘味処を探索しています。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA