仕事にしたいことがあるなら、自分はプロだと名乗ることから始めよう


仕事にしたいことがあるなら、自分はプロだと名乗ることから始めよう

Inc.:子どもの幼稚園のバザーで売ったお手製のクッキーが好評だったので、本格的に売ろうかと悩んでいる。しばらくやっていたブログに手応えを感じて、お小遣い程度からメインの収入源に変えられないかと思案している。個人的に副業で教えていたことを、本業にできないかと考えている…。

どの場合も、夢の仕事を現実の仕事に変えるのに必要な、はじめの大事な一歩はどうすればいいのでしょう?

作家のJeff Goinsさんの答えは、ビジネスプランを書くとか、新しい仕事に投資するというような、具体的なことではなく、自分の意識を根底から切り替える、という単純なものでした。独立して成功するための第一歩は「自分をアマチュアではなくプロだと考えること」だと言っています。

仕事にしたいことがあるなら、自分はプロだと名乗ることから始めよう

ライフハッカーにあった記事です。とても興味深い内容でした。

まず、仕事をもっと真剣にやるようになります。ライターになりたいのであれば、自分でライターだと名乗りましょう。それだけで書かなければならなくなります。

次に、自分に対する意識を変えただけで、夢を追いかけているのはほかの誰でもない自分なのだと言い聞かせることになり、意思を強く持つようになります。

最後に、周りのあなたへの接し方が変わります。真剣に仕事をするようになると、より良い仕事をするようになるものです。そうすると自信がつき、よりプロらしい態度になり、世間も自然とプロとして扱うようになります。

もちろんそこには努力なしに満足してはならないという前提があります。言われてみると、自分は何かのプロですと言ったことがないように思います。FXをやっている人たちのところに行ってもモゴモゴ…。かといってライターさんたちが集まる場所に行ってもモゴモゴ…。もう少しプロだと言い切ることが大切なのかもしれません。

「なのかもしれません」という時点で曖昧です。

なんだかこっ恥ずかしいんですよね…

 

この記事に対する反応


The following two tabs change content below.
しゃまらーしか

しゃまらーしか

ひょんなことからFXサイトを作ったシステムトレーダ。東京都港区在住。スプレッドシートを使って過去のチャートを分析するのが得意です。MT4を使ったEAの開発もしています。大好物の甘い物を求めて、今日もVivienne Westwoodのお洋服をこしらえて甘味処を探索しています。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA