EAによる自動売買の優位性


階段

昨今、FXのシステムトレードとして主流となっているMetaTraderを利用したEAによる自動売買ですが、今回は「EAによる自動売買の優位性」をテーマにお話していきたいと思います。

「FX攻略.com 2016年1月号」に掲載されていた富崎省吾さんによるコラムです。富崎省吾さんの運営するサイトを見てみたのですが、「自動売買EAで作る年利100%口座の作り方」ってすごいですね…。

 

投資で勝つための3要素

記事の中では投資で勝つための3要素として、

  1. 規律
  2. 資金管理
  3. 優位性の売買ルール

があげられています。ひとつずつ見ていきましょう。

 

1. 規律

投資における「規律」とは、売買ルールをきちんと執行するために、トレーダー自身をコントロールするものです。

この「規律」って難しいんですよね。『規律とトレーダー』という本が書けるほど、奥が深いのだと思います。

自分を厳しく律するというのは、「自分に課題を与える」というサディズムとマゾヒズムが共存したものと言われます(言ったのは僕です)。

 

2. 資金管理

投資における「資金管理(ポジションサイジング)」は、マーケットからたいじょうしないための重要な要素になります。

記事の中にもありますが、直近の成績に左右されてしまっては意味がありません。勝率70%でも10連敗くらいザラですよということです。反対に言えば、10連敗してもダメージを受けないくらい小さい枚数でトレードするというのが大切です。

 

3. 優位性のある売買ルール

投資における「優位性のある売買ルール」とは、文字通り「優位性がある」「勝ち目がある」明確な売買のルールになります。

これに関しては、僕は意外と資金管理に頼っているところがあるので、PF1.0くらいでもなんとかなりそうだと思っています。

 

曖昧さを売買判断から排除

EAによる自動売買では、売買の判断を機械的なルールとして、プログラム内に落とし込みます。

悪くいえば、EAはプログラムされたこと以外はできないのですが、これにより自分自身というもっとも曖昧な存在を売買の判断から排除することができるのです。

これが、裁量トレードとシステムトレードのもっとも大きく異なる点です。

僕は裁量トレードをする人たちに話を聞くことがあるのですが、ルールを聞くと、驚くくらい曖昧だったりします。「こういうときはどうするのですか?」と聞くと、「う〜ん」となってしまったり…。

実際のトレードでそんな迷いがあると上手くいかない気がするのですが、よほどハートが強いのかなんとかなっている模様です。ルール通りやっている方が相場も見なくていいですし、良いことの方が多い気がするのですがどうでしょうか。

 

まとめ

こんな感じで、試験的に「FX攻略.com」片手に記事を作ってみました。本来はこのあたりでFXサービスのご紹介をと思っていたのですが、予定が遅れているということでおあずけ状態になっています。

来月号も買ってみようと思いました。

 

FX攻略.com 2016年1月号の関連記事

  1. デューカスコピー・ジャパンの戦略と抱負 – MT4ではなくJForexに期待
  2. 少額資金で月に10万円稼ぐ手法
  3. ニコラス・グールド「初心者が陥りやすい過ちを克服する方法」
  4. MT4の「Ku-chart」を使った通貨ペアの選択
  5. 【負けないFX】自分だけのルール構築法
  6. 利益を上げるためのテクニカル分析方法
  7. EAによる自動売買の優位性

The following two tabs change content below.
しゃまらーしか

しゃまらーしか

ひょんなことからFXサイトを作ったシステムトレーダ。東京都港区在住。スプレッドシートを使って過去のチャートを分析するのが得意です。MT4を使ったEAの開発もしています。大好物の甘い物を求めて、今日もVivienne Westwoodのお洋服をこしらえて甘味処を探索しています。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA