【アノマリー】値動きの荒いイースター!?


イースター

経験的に欧米の投資家が休むイースター休暇は、市場が薄商いになる一方、値動きは荒くなる傾向が強い。

さらに、その後の方向性がある程度決まるケースが多いため、市場の動向に最新の注意を払うべき期間と言えるだろう。

しかし、イースターは日本には馴染みがないので、そもそも、イースター休暇といわれても、それがいつあるのかすら知らない人が大半ではないだろうか。

イースターは復活祭とも呼ばれ、キリストの復活を記念するお祭りだ。毎年日付が変わる移動祝祭日で、現在では「春分の日のあとの、最初の満月の次の日曜日」というのが一般的な基準になっている。

例年3月下旬―4月中旬がイースターにあたり、ちょうど企業の決算期や新年度入りのタイミングと重なるのだ。

そのため、イースター休暇が3月下旬にある場合、日本企業の3月末決算を前にしたポジション調整のタイミングと重なり、4月上旬以降であれば新年度入り後、新たにポジションを取り直すタイミングと重なるわけだ。

「アノマリーで儲ける!FX投資術」より「値動きの荒いイースター」を引用しました。

決算の時期と重なるのが理由のようです。

2016年のイースターは3月27日。

ということで3月下旬のイースターのため、「ポジション調整」に気をつける必要があります。ポジション調整とは買い(売り)ポジションを決済するため、今までとは逆の動きをする傾向があります。ただ、あくまで傾向、そしてアノマリーのため、あまり考え過ぎないことが大切です。

 

アノマリー実践活用法

  • イースターが3月中の場合:決算前のポジション調整に注意
  • イースターが4月中の場合:ダマシのレンジ放れに注意

 

欧米の代表的な休暇

  • 3月〜4月下旬:イースター
  • 8月:夏季休暇
  • 11月下旬:感謝祭
  • 12月下旬:クリスマス

 

まとめ

値動きが荒くなると言われるイースターについて見てきました。

ハロウィンがすっかり活用されるようになった日本経済ですが、その次と言われているのがイースターです。「節分」など日本の行事はどうしても浸透しにくいようで、「恵方巻き」もコンビニエンスストアでは大量に廃棄になってしまったそうな…。

いつだって西洋に憧れるのはモンゴロイドの性なのかもしれません。

渋谷の交差点で大騒ぎするか、ハロウィンのグッズを売りまくるかはその人次第。コスプレグッズを販売する僕の友人は、昨今のハロウィン効果で景気が良いと言っていました。

FXトレードをする我々も、ポジション調整だろうがなんだろうが、イベントをフル活用して差益を狙ってまいりましょう。


The following two tabs change content below.
しゃまらーしか

しゃまらーしか

ひょんなことからFXサイトを作ったシステムトレーダ。東京都港区在住。スプレッドシートを使って過去のチャートを分析するのが得意です。MT4を使ったEAの開発もしています。大好物の甘い物を求めて、今日もVivienne Westwoodのお洋服をこしらえて甘味処を探索しています。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA