起業家に共通する4つの悩み


起業家に共通する4つの悩み

米国の電子決済サービス大手「ストライプ」の社長であるパトリック・コリソン氏はインタビューの中で、4つの悩みを持っていたと明かし、シードアクセラレータのY Combinatorのおかげでそれを解決できたと述べていた。

昨今、「起業ブーム」と言っても過言ではないほど、「就職」や「転職」ではなく「起業」を選ぶ人たちが増えてきた。本稿ではその4つの悩みを中心に、将来、起業を選ぶことも視野に入れている人たちに向けて、シリコンバレーの有名な起業家や日本で起業した有名社長たちが同じように悩んだ点を掘り下げ、同時にその解決策を探っていきたい。

起業家に共通する4つの悩み

ZUU onlineにあった記事です。記事の中にもありますが、「起業ブーム」といっても過言ではないほど、多くの人が「起業」を選ぶようになりました。端的に、会社に勤めなくても収入を得られるような社会になってきたというのが大きいのだと思います。

僕自身、決まった会社に行くこともなく、とりあえず暮らしています(それを「その日暮らし」と言うのかもしれませんが)。そんな起業ですが、「起業家に共通する4つの悩み」があげられているので、見てみましょう。

 

起業家に共通する4つの悩み

  1. 資金が足りない
  2. 良い立地のオフィスが借りられない
  3. 採用力やネットワークが足りない
  4. グローバル展開できるプロダクトをつくる知識や経験が足りない

「グローバル展開できるプロダクト」なかなかなカタカナな展開を見せてきました(笑)

僕も最近、起業をする色々な方を見てきましたが、思ったよりお金をかけるようです。僕はというと(起業と言えるほどのものではありませんが)、とりあえずお金をかけないでパソコン1台でひとつずつ仕事をこなしてきました。

最初はクラウドソーシングのサイトを利用して仕事をいただき、コツコツと続けるうちに直接お仕事をいただけるようになり、「この人は大丈夫」と(自分で言うことではない)周りの人を紹介していただくようになり、といった感じで現在に至ります。

パソコン社会とはいえ、画面の向こう側にいるのは同じ人間です。納期を守る、真摯に向き合う、これに尽きるのだと思います。

オフィスも最初は「家」があれば十分だと考えています。そんな起業の夢を壊してしまうようなことを書いてしまいましたが、今はいくらでもできるというのは本当にそうだと思います(僕はできたら就職したいですが…)。

ちなみに元記事はPR記事になっています。そうはいっても十分に有用な記事です。


The following two tabs change content below.
しゃまらーしか

しゃまらーしか

ひょんなことからFXサイトを作ったシステムトレーダ。東京都港区在住。スプレッドシートを使って過去のチャートを分析するのが得意です。MT4を使ったEAの開発もしています。大好物の甘い物を求めて、今日もVivienne Westwoodのお洋服をこしらえて甘味処を探索しています。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA