Hayabusaさんの「フクロジくん GBPUSD V2」複数の独立したロジックでポートフォリオを組んだEA


フクロジくん GBPUSD V2

先日、GEM-Tradeに提供されている無料EAからHayabusaさんの「フクロジくん」をご紹介しました。複数の独立したロジックでポートフォリオを組むという「フクロジくん」シリーズ。とても優れた成績を記録したことから(元記事をご覧ください)、ほかの「フクロジくん」も気になっていました。

そんな中、GEM-Tradeの無料EA人気ランキングに「フクロジくん」が2つランクインするという快挙を成し遂げました。ジワジワと「フクロジくん」ブームが来ているのかなと思いながら、拙サイトでも新しく「フクロジくん」を検証したいと思います。

ということで今回はHayabusaさんの「フクロジくん」からGBPUSDを使った「フクロジくん GBPUSD V2」を検証したいと思います。

 

Hayabusaさん

「フクロジくん」の提供者はHayabusaさんです。HayabusaさんはGEM-Tradeにフクロジくんシリーズをいくつか提供されています(以下、配信日順)。

先日の記事にも書いたように、元祖のEUR/USDのみ30分足を使い、ほかの通貨ペアでは5分足を使います。再現性を考えるとできるだけ長い時間足を使いたいというのが正直なところではあるのですが、あの「フクロジくん」ならの気持ちを込めたいと思います。現に30分足では十分な成績を見せてくれていますし。

 

「フクロジくん GBPUSD V2」

「フクロジくん GBPUSD V2」の概要を見てみましょう。

  • 通貨ペア:GBP/USD
  • 使用時間足:5分足
  • 取引スタイル:複数の独立したロジックでポートフォリオを組んだシステム
  • 最大ポジション数:11
  • 両建て:あり
  • ナンピン:なし
  • マーチンゲール:なし

最大ポジション数が11ということで驚きますが、これはあくまで独立した11個のロジックが同時にポジションを保有したらという前提なので、両建てになる可能性もあります。

続いて、11個のロジックを見てみましょう。

  1. RSI1:長期RSIの順方向、短期RSIの逆張り
  2. HIGE:ローソク足のヒゲを元にエントリー
  3. ROUSOKU1:複数の時間足のローソク足を元に逆張りエントリー
  4. MA:長期MAの順方向、短期MAのシグナル発生で順張り
  5. RSI2:RSIで順張り
  6. BOL:ボリンジャーバンドで逆張り
  7. HEIKEN: 平均足で順張りエントリー
  8. BREAK:レンジブレイクで順張りエントリー
  9. ICHIMOKU:一目均衡表の転換線と基準線のクロス及び雲抜けでエントリー
  10. MACD:MACD クロスで順張りエントリー
  11. ROUSOKU2:直近の複数の時間足を元に順張りエントリー

それぞれのロジックを使うかどうかを外部パラメータの「true・false(ON・OFF)」で設定できます。基本的にこのあたりはデフォルト値(何もいじらない)を推奨します。

 

「フクロジくん GBPUSD V2」のパラメータ

「フクロジくん GBPUSD V2」で変更できるパラメータを見ていきましょう。カッコ内はデフォルト値です。

  • Slippage:許容スリッページをpipsで入力します(10)
  • Lots○:取引ロット数(0.1=1万通貨)
  • Use○:上記○のロジックを使うか「true・false」選択します(true)
  • MagicNumber○:ロジック○のマジックナンバー
  • StopLoss○:ロジック○のストップ値
  • TargetProfit○:ロジック○のリミット値

「Lots」には取引枚数を入力します。デフォルト値は「0.01」ですが、バックテストの見やすさから、バックテストは「0.1」で実施しています。

「Use○」では11つのロジックそれぞれのONとOFFを切り替えます(6つ分それぞれ選択します)。

「MagicNumber○」はEA固有のマジックナンバーを最大10桁で入力します。誤作動が起きる原因になるため、同じ口座に同じマジックナンバーが存在しないようにします(6つ分それぞれ選択します/以下同)。

長く書いてきましたが、入力するのは「Lots」だけで十分です。

心配なら「Slippage」や「MagicNumber」も調整してみましょう。

パラメータを見るといきなり11個のロットを入力する画面が表示されるので焦りますが、おかしなナンピンEAではないので、焦らず入力してみましょう。僕は全部を「0.1」と入力しました。

 

「フクロジくん GBPUSD V2」のバックテスト結果

フクロジくん GBPUSD V2

「フクロジくん GBPUSD V2」のバックテストを実施しました。スプレッドは40(4.0pips)で実施しています。

  • 期間:2005年1月〜2016年8月
  • 初期証拠金:10000(ドル)
  • 取引ロット:0.1(1万通貨)
  • 純益:+60,352.57(ドル)
  • プロフィットファクタ:1.38
  • ペイオフレシオ:0.96
  • 最大ドローダウン:13.30%
  • 勝率:59.12%
  • 最大勝ちトレード:+1686.18
  • 最大負けトレード:-321.27
  • 平均勝ちトレード:+71.33
  • 平均負けトレード:-74.69
  • 最大連勝:3
  • 最大連敗:2

勝率59.12%というのが信ぴょう性が増します。個人的には勝率がやたらと高いEAほど怖かったりします。これはEAあるあるではないでしょうか(笑)。その点、「フクロジくん GBPUSD V2」は現実味がある勝率と言えます。

 

「フクロジくん GBPUSD V2」の資金管理

以下、推奨ロットを記載します。

  • 10万円:0.01ロット
  • 30万円:0.04ロット
  • 50万円:0.07ロット
  • 100万円:0.15ロット

最小ロットが0.01のため、10万円では0.01(0.015)ロットになりますが、30万円では0.04(0.045)ロットになります。このくらいの余裕を持ってトレードすれば、問題はないでしょう。

 

まとめ

GEM-Tradeに提供されている無料EAのなかから、Hayabusaさんの「フクロジくん GBPUSD V2」を検証してきました。「フクロジくん」シリーズ第2弾としてご紹介した今回のEAも素晴らしい成績を記録しています。

まずは元祖「フクロジくん」を使ってみましょう。そして、さらにポートフォリオを組みたい方は本EAを使ってみるのをおすすめします。

GEM-Trade(ゲムトレード)公式ホームページ


The following two tabs change content below.
しゃまらーしか

しゃまらーしか

ひょんなことからFXサイトを作ったシステムトレーダ。東京都港区在住。スプレッドシートを使って過去のチャートを分析するのが得意です。MT4を使ったEAの開発もしています。大好物の甘い物を求めて、今日もVivienne Westwoodのお洋服をこしらえて甘味処を探索しています。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA