Penguin FXさんの「Fukurou V1 GBPUSD」逆張りスキャルピングEA


Fukurou V1 GBPUSD

日本人にとってなじみのあるドル円(USD/JPY)は世界で2番目に取引されている通貨ペアです。アジアの小さな島国の通貨がそんな多く取引されているというのは実に感慨深いものがあります。

ちなみに、1番取引されている通貨ペアはユーロドル(EUR/USD)です。歴史ある国々が集結した欧州連合と世界最大の経済大国のアメリカの強弱は誰もが興味深く見ています。

そして、3番目に取引されているはポンドドル(GBP/USD)です。ユーロ円やポンド円が頭に浮かぶなんてのは、あくまで日本人だけの模様。まだまだイギリスさんも負けてはいられないのでございましょう。

さて、今回はそんなポンドドルを使ったEAを見ていきましょう。Penguin FXさんのEA「Fukurou V1 GBPUSD」を検証したいと思います。

 

「Fukurou V1 GBPUSD」を選んだ理由

「バーロー、ひとを助けるのに理由なんているのかよ」といったように、わざわざEAを選んだ理由を書く必要はないのかもしれません。それでも書いてみるとGEM-Trade(ゲムトレード)の無料EA人気ランキングの1位だったからというのが理由です。

ちなみに今週は珍しく(といってもたまにあるのですが)、注目EAがランキング圏外のEAでした。せっかくなので、Penguin FXさんのEAをと思います。

 

Penguin FXさん

「Fukurou V1 GBPUSD」の提供者はPenguin FXさんです。fx-onではラッコさんという名前で各種EAを出品されています。おそらく日本でもっとも有名なEA開発者のひとりではないでしょうか。

ちなみに本EAもfx-onとGEM-Tradeで取扱いがあります。国内のFX口座が良い、もしくは口座縛りがイヤという方はfx-on版を、無料でEAを使いたいという方はGEM-Trade版をおすすめします。

 

「Fukurou V1 GBPUSD」

「Fukurou V1 GBPUSD」の概要を見てみましょう。

  • 通貨ペア:GBP/USD
  • 使用時間足:5分足
  • 最大ポジション数:3
  • 取引スタイル:スキャルピング

30分足で順張り、5分足で逆張りということで長期時間足の方向に入るEAになります。

 

「Fukurou V1 GBPUSD」のパラメータ

以下は、「Fukurou V1 GBPUSD」のパラメータになります。まずはザッと見てみましょう。カッコ内()はデフォルト値(初期値)です。

 

パラメータ(基本)

  • maxspread:スプレッドが設定した値以上のときはエントリーしません(3.5)
  • mm:自動複利マネージメント機能(true:複利 false:単利)(false)
  • lots:ロット数(0.1)
  • risk:自動複利マネージメント機能リスク値(1)
  • takeprofit:リミットのpips(140)
  • stoploss:ストップのpips(70)
  • maxpositions:最大保有ポジション数(3)

かなり設定できるパラメータが多くなっています。自動複利も基本的には手動で設定するのをおすすめします。

ここで設定するのは「lots」のみで大丈夫でしょう。0.1が1万通貨になります。

推奨は$5000(約50万円)に対して0.1ロットになっています。

 

パラメータ(Friday Filter)

  • FridayEnd:金曜日のポジション保有の抑制(true:する / false:しない)(true)
  • FridayEndHour:ポジション保有の抑制開始時間(日本時間19時)(10)
  • FridayEndMinute:ポジション保有の抑制開始時間(分)(0)
  • FridayClose:金曜日夜のポジションの強制クローズ (true:スル false:使用シナイ): true
  • FridayEndHour:金曜日夜のポジションの強制クローズ(日本時間土曜日午前4時)(20)
  • FridayEndMinute:金曜日夜のポジションの強制クローズ(分)(0)

金曜日のポジションについてどうするかを設定します。基本的にはデフォルトを推奨します。また、入力する時間は「GMT±0」の値(日本時間-9時間の値)を入力します。たとえば、日本時間の「19時」にしたい場合は「10」と入力します。

 

パラメータ(Monday Filter)

  • MondayStart:月曜日朝のトレード開始時間の制御(true:する false:しない)
  • MondayStartHour:トレード開始時間(日本時間12時)(3)
  • MondayStartHour:トレード開始時間(分)(0)

月曜日の朝のトレードに関して設定します。同じくデフォルト値を推奨します。先ほどと同じように「GMT±0」を基準に入力します。

 

パラメータ(GMT offset)

  • WinterGMTshift:冬時間のGMTオフセット値(2)
  • SummerGMTshift:夏時間のGMTオフセット値(3)

offset(オフセット)とは「補正」を意味します。ここにお使いのFX会社が採用しているGMTを入力します。たとえば、GEMFOREX, XM, FXDDなどは冬時間を「2」、夏時間を「3」に設定します。

 

「Fukurou V1 GBPUSD」のバックテスト結果

「Fukurou V1 GBPUSD」

「Fukurou V1 GBPUSD」のバックテストを実施しました。スプレッドは40(4.0pips)で実施しています。

  • 期間:2005年1月〜2016年4月
  • 初期証拠金:10000(ドル)
  • 取引ロット:0.1(1万通貨)
  • 純益:+7,699.15(ドル)
  • プロフィットファクタ:1.43
  • ペイオフレシオ:0.57
  • 最大ドローダウン:7.54%
  • 勝率:71.43%
  • 最大勝ちトレード:+140.00
  • 最大負けトレード:-70.00
  • 平均勝ちトレード:+11.47
  • 平均負けトレード:-19.99
  • 最大連勝:5
  • 最大連敗:2

直近の成績が若干落ち込んでいるように見えますが、このまま最大ドローダウンを更新しなければ、十分に使っていけるEAといえます。EAを使う上でいけないのはちょっと連敗が続いたからといってEAを止めてしまうことです。調子が良いときもあれば悪いときもあるということを理解した上で運用することが大切です。

資金管理も前述のように、$5000(約50万円)に対して0.1ロット(1万通貨)で問題ありません。

  • $500(5万円):0.01ロット
  • $1000(10万円):0.02ロット
  • $5000(50万円):0.1ロット
  • $10000(100万円):0.2ロット

 

まとめ

GEM-Tradeの無料EA人気ランキング1位のEA、Penguin FXさんの「Fukurou V1 GBPUSD」を検証してきました。コツとしては余計な手間は一切抜きに、ロットとGMTのみを設定して自動売買をスタートさせることです。仕掛けたあとはチャートも見ない、それくらい気を抜いている方がシステムトレードって上手くいくように思います。

>>GEM-Trade(ゲムトレード)公式ホームページ


The following two tabs change content below.
しゃまらーしか

しゃまらーしか

ひょんなことからFXサイトを作ったシステムトレーダ。東京都港区在住。スプレッドシートを使って過去のチャートを分析するのが得意です。MT4を使ったEAの開発もしています。大好物の甘い物を求めて、今日もVivienne Westwoodのお洋服をこしらえて甘味処を探索しています。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA