これなら分かる!ファンダメンタルズ入門


ニュース

「FX攻略.com 2016年4月号」には「これなら分かる!ファンダメンタルズ入門」と題して4名の方のコラムが掲載されています。冒頭からこんなことを書いてはなんですが、僕はシステムトレードをする上でファンダメンタルズを意識することはほとんどありません。「高金利通貨だからスイングトレードのときはロングに優位性があるみたい」くらいは考えても、デイトレードで考慮するということはまずありません。

反対に言えば、今後はファンダメンタルズも考えられたらもう一歩次のステップに進めるのかなと朧気に感じていたりします。そんな意味も込めて、ここでは識者によるコラムを端折りながら見ていきましょう(原油については割愛します)。

 

今こそ知っておきたい、金利のきほん

為替取引においては、ご存知のように金利が高い国の通貨を買い、金利が低い通貨を売れば(例えば「豪ドル/円」を買えば)、その金利差がスワップ収入として手に入ります。

つまり、金利が高い通貨は、金利が低い通貨と比べて、高い投資収益をおもたらすといえます。為替市場で金利動向が非常に重視されるのはこのためです。

雨夜恒一郎

 

リスクオン・オフと相場の特徴

リスクオンとは

リスクオンは、日本で「リスク選好」と訳されます。誰しも損は出したくないものですが、為替相場でリスクオンとは、相場が暴落など予想を超えた突然の動きをする恐れが低く、仮に相場予想が外れてしまったとしても、大きな損失につながりにくい相場です。

つまり、リスクオンは積極的に投資をしても、大きな損をしてしまう危険性が小さく、安心して利益を狙える市場状況のことです。

リスクオフとは

リスクオフとは、前述のリスクオンと逆に、市場の先行きが不透明で、急落が多く、先行きがどうなるか予想が難しい状況のことです。「弱気相場」ともいいますね。

株式相場がリスクオフとなると、ちょっとした悪いニュースで大きく値を下げることになります。そういう状況下では、良いニュースが出ても株価はほとんど反応しません。

今後の相場展開はどうなるか?

今後は日本円を含め、リスクオフの相場が続きそうですので、FXでは資源国、途上国の通貨を売れば、大きな儲けを出すチャンスともいえます。

急な為替の動きに備えて、これまでよりも小さいポジションで相場に向かいましょう。

不動修太郎

 

ファンダメンタルズ情報を上手に集める方法

少なくとも半年間は情報をフォローする

情報ソースは、少なくとも半年間はフォローしてみましょう。一定期間を通さないと、、その人の相場に対する考え方はわからないからです。

主なファンダメンタルズ情報のソース

【中長期】

  • 大手銀行の為替レポート

【デイリー】

  • 大手通信社のニュースや記事
  • 為替の有力情報ベンダー
  • ブログやメルマガ

情報ソースを応用して自分の戦略を練る

人間はだいたい自分に都合の良いことを優先して聞く傾向にあります。思い込みやバイアスを掛け過ぎないために、自分が円安に行くと思ったら、逆の考え方に耳を傾けるのも大切なことです。それを行うことによって、自分の相場観に対するコンファメーション(確認)が取れれば良いのです。

プロの方々の分析や相場は盲信せずに、あくまでも参考として捉え、それをおうようして 自分の戦略を練ることが、最良の「自分の、自分による、自分のためのトレード」になると思います。

香澄ケイト

 

まとめ

「これなら分かる!ファンダメンタルズ入門」から3名のコラムを抜粋してご紹介しました。香澄ケイトさんのコラムがとても良質なのでおすすめです。記事の中では、「耳を傾けようと思うのは、実際に相場を張っている人」とあったり。

このあたり闇が深いと思いました…。

 

「FX攻略.com 2016年4月号」関連記事


The following two tabs change content below.
しゃまらーしか

しゃまらーしか

ひょんなことからFXサイトを作ったシステムトレーダ。東京都港区在住。スプレッドシートを使って過去のチャートを分析するのが得意です。MT4を使ったEAの開発もしています。大好物の甘い物を求めて、今日もVivienne Westwoodのお洋服をこしらえて甘味処を探索しています。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA