【チャイナショック】FXで4000万円失ったしくじり先生がとった行動…


【実録チャイナショック】私はこうしてFXで4000万円失った…

8月24日、世界を恐怖に陥れたチャイナショックで市場は荒れに荒れた。その煽りをモロにくらってFXと株で大損した個人投資家から学ぶことは多い。「しくじり先生」に登場いただこう。

「証拠金維持金率が下がり、ロスカットが近くなると、パソコンからピーンピーンって音が鳴るんです。今でも頭にこびりついて離れない。抵抗むなしく先日ロスカットされ、1日で2625万円が飛びました……」

辛い投資経験を語るのは、サラリーマントレーダーの沖田聡さん(仮名・50歳)。8月24日、中国経済への不信感からNY市場の株価が1日に1000ドル下がるチャイナショックが起きたことは記憶に新しいが、沖田さんはその“被害者”の1人だ。

大学在学中から投資活動を開始し、投資歴は実に30年。ベテランと言っても過言ではない沖田さんが大穴を空けたのが、FXだった。

【実録チャイナショック】私はこうしてFXで4000万円失った…

ハーバー・ビジネス・オンラインにあった記事です。人気テレビ番組に肖って「しくじり先生」として紹介されています。

 

投資歴は30年

投資歴は30年とあるので、かなりのベテランのはずですが、いかにして4000万円を失ってしまったのでしょうか。

投資デビューは、大学在学中。アルバイトで貯めた87万円をもとに、一時払い養老保険や証券会社のゴールド預金に投資した。結果は大成功で、大学を卒業する頃には500万円以上貯まっていたという。そんな沖田さんは’04年にFXと出合うが、本格的に始めたのはここ3年のことだ。

 

「金利で暮らす」…。

バブル時代の高金利という感覚が抜け出せず、「金利で暮らす」価値観から手を出したのは豪ドルとトルコリラでした。

「豪ドルは200枚も持っていれば、1日で1万2000円のスワップポイントがつきます。これが月30日なら36万円、十分暮らせていけるだけの稼ぎになる。トルコリラだって、90枚も持てば1日7200円のスワップがつくわけで、非常に魅力的でした」

 

失敗の原因

人の失敗を見たとき、嗤うのも簡単ですし、メシウマになるのも簡単なことです。しかし、それではアチラ側になってしまうので、ここはひとつ何が原因だったのか考えてみます。

あくまで記事を読んだだけなので語弊があるかもしれませんが、「金利」「塩漬け」「勝ち組」という言葉、これらなのかなと思いました。

「損切りすれば良かったのだけど。いずれ上がるんだから、それまでスワップで耐えてしまえってね。手持ちの資金をまとめて突っ込んだのもよくないですよね。我流で3年もやってきたから、当たり前のことができなかった」

 

45万円支払ってレッスンを…

僕たちが学べることに、利益が出たときも自惚れてはいけない、価値観は当たり前のように崩壊する(この記事の場合、預金の利息が8%など)などがあげられます。

「チャートも見れない、基礎的な知識もないのに取引を続けてきた結果がこれです。なので、基礎を学ぶために誰かに師事しようと思い、45万円支払ってマンツーマンレッスンを受けることにしました。資産はほぼなくなりそうですが、今度こそ腕を磨き、勝ち組トレーダーとしてまた復活したい。また取材されるように頑張りますよ」

45万円…!?

ひょっとするとそれがもっとも養b…

とふと思ってしまったのは僕だけでしょうか。


The following two tabs change content below.
しゃまらーしか

しゃまらーしか

ひょんなことからFXサイトを作ったシステムトレーダ。東京都港区在住。スプレッドシートを使って過去のチャートを分析するのが得意です。MT4を使ったEAの開発もしています。大好物の甘い物を求めて、今日もVivienne Westwoodのお洋服をこしらえて甘味処を探索しています。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA