FX預かり金1年で倍増 金融取、5000億円に迫る


FX預かり金1年で倍増 金融取、5000億円に迫る

外国為替証拠金(FX)取引を手掛ける個人投資家が増えている。東京金融取引所が手掛ける取引所FX「くりっく365」の預かり金は5000億円に迫り、2014年末の2500億円からほぼ倍増している。米利上げを前に外為市場に注目が集まったためだ。

金融取によると、15年末時点の預かり金は4784億円。14年末は2509億円だった。

FX取引は「円とドル」「ドルとユーロ」など2つの通貨の組み合わせに投資す…

FX預かり金1年で倍増 金融取、5000億円に迫る

日本経済新聞にあった記事です。日経特有の「通貨の組み合わせに投資す…」とフェードアウトすることによってすべては分かりません。

ちなみに識者の間では、2016年は有料記事に対しての抵抗が少なくなるのではと見られています。これによって今まで無料で当たり前だった記事が少しずつ、雑誌のように切り売りされて「当たり前」になるのかもしれません(どうなることか注目しています)。

ということでJ-CASTニュースを引用します。

 

FX「くりっく365」の預かり金、1年で倍増 5000億円に迫る

東京金融取引所が手がける外国為替証拠金(FX)取引、「くりっく365」(取引所為替証拠金取引)の預かり金が2015年12月末時点で5000億円に迫り、2014年末の2509億円からほぼ倍増したことが、2016年1月7日にわかった。J‐CASTニュースの取材に、金融取が応えた。FX取引を手がける個人投資家が増えている、とみている。

預り金は15年12月末時点で4784億7900万円。前年比90.7%増えた。また、取引数量は前年比18.1%増の3868万7132枚だった。

金融取は、「取引枚数の伸びはそれほどでもありませんが、米国の利上げを前に市場に注目が集まり、その機会にあわせて取引しようという、待機資金が多く流入してきたようです」と話している。実際に、15年12月に米連邦準備理事会(FRB)が決めた利上げを前にドル高が進行したことから、「円売り・ドル買い」や「ユーロ売り・ドル買い」を組み合わせた取引が増えた。

取引所取引のほうが、安心感があるとの見方もある。

FX「くりっく365」の預かり金、1年で倍増 5000億円に迫る

米国の利上げに伴い、円売りドル買いの取引が増えたためと見られています。相場はトレンドに乗ることが大切と言われていますが、ここまで顕著に傾向が表れると、今度は「みんなと同じでいいのかな」とどこか思ってしまう自分がいるようないないような気がしてくるのです…。


The following two tabs change content below.
しゃまらーしか

しゃまらーしか

ひょんなことからFXサイトを作ったシステムトレーダ。東京都港区在住。スプレッドシートを使って過去のチャートを分析するのが得意です。MT4を使ったEAの開発もしています。大好物の甘い物を求めて、今日もVivienne Westwoodのお洋服をこしらえて甘味処を探索しています。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA