この冬読んでみたいけれど、まだ読んでいないFXの本5選


本

2015年もクリスマスを迎え、いよいよ最後の1週間となってしまいました。今年はすでに取引を終えた方もいれば、まだまだ最後までという方もいると思います。僕は何事もなかったかのように、いつも通り取引を続けています。週足トレードは昨夜のうちにポジション全決済しました(クリスマスが金曜日のため木曜日が週末になります)。

さて、そんなFXも毎年のように反省をして、来年に向けて目標を立てるという方が多いのではないでしょうか。そこで、今回は進研ゼミよろしくみんなが遊び呆ける冬こそ勉強をして差をつけたいということで、「この冬読んでみたいけれど、まだ読んでいないFXの本5選」と題してお届けします。

「読んでみたい」という時点で「読んでいない」のだから言葉がおかしくないか? という疑問もわきますが、正確には「この冬読んでおきたい、(けれど書き手は読んでいない)FXの本5選」という意味になります。

買ってない商品を売ろうとする商材アフィリエイタです。いえ、本当に気になっている、立ち読みした、まだ発売していない、そんな本を集めました。

それでは見ていきましょう。紹介順はAmazon検索結果に表示された順です。

 

1. ガッツリ稼いで図太く生き残る! FX

「FX攻略.com」などでもコラムを執筆されている水上紀行氏による著作です。こちらは「まだ発売していない」に分類されます(1月21日発売です)。

  • Chapter.03 知らないと損する「相場の仕組み」(2) 相場シーズンの違いを踏まえる
  • Chapter.04 知らないと損する「相場の仕組み」(3) 3大市場の違いと手口を知っておく

このあたりが気になっています。価格帯から西原宏一氏の著作と似た感じになるのかなと予想しているのですがどうでしょうか。

ガッツリ稼いで図太く生き残る! FX

2. BIGtomorrowマネー 元手3万円が100万円に!FXでラクして稼ぐ凄い方法 2016年 01 月号増刊

拙サイトでもおなじみ「BIGtomorrow」の増刊にあたるムックです。こちらは立ち読みして「ウーン」と唸ってパタッと閉じてしまった一冊です。

悪いという意味ではないのですが、システムトレードをするとなると、曖昧な表記が多く再現するのは難しいかなという印象がありました。

ただ、なんとなく立ち読みしただけですので、再度挑戦しようと思っています。

BIGtomorrowマネー 元手3万円が100万円に!FXでラクして稼ぐ凄い方法 2016年 01 月号 [雑誌]: BIG tomorrow(ビッグトゥモロー) 増刊

3. FX かんたんテクニカル分析: その時相場が動く!トレンド先読みFX

先ほど見つけたFX本です。Kindleで800円、プライム会員なら0円という破格の安さです。Amazonプライムはホントすごいですよね。音楽こそ100万曲しかありませんが(競合サービスの多くは3000万曲)、ビデオも見られる、配送も早いと、物流はAmazonが担うのは自明なのでしょう。

どなたか読んだら感想を知りたいです…。

FX かんたんテクニカル分析: その時相場が動く!トレンド先読みFX (DIA Collection)

4. なぜ専門家の為替予想は外れるのか

今冬、いちばん気になっているのは本作です。

先日、池袋ジュンク堂書店に立ち寄ったときにじっくりと眺めてきました。おそらく次回買うと思います。

「FXは止めた方がいい」

そんな言葉がひしひしと伝わってきます。きっとFX会社からは疎まれるタイプの著作なのですが、「カンタンに稼げる」系のキレイ事が書かれていないので、読み物としてとても楽しみにしています。

なぜ専門家の為替予想は外れるのか

5. アノマリーで儲ける! FX投資術2016年版

最後は拙サイトでもご紹介してきたアノマリーの原書にあたる「アノマリーで儲ける! FX投資術2016年版」です。本書は2013年から毎年出版されています。僕が使っているのは2013年版です。

内容は少しずつ変わっているようですが、大筋の内容は同じだと思います(内容は確認していないのではっきりとしたことは分かりません)。

システムトレードをする上で、アノマリーというのはとても興味深い事象です。どうしてこの時期はこういう特徴があるのかとか、世間ではこう言われているけど本当かな?とか、疑問に感じたことは調べてみるのをおすすめします。

僕もアノマリー関連について記事をまとめているので、よろしければご参照ください。

>>「アノマリー」検索結果

アノマリーで儲ける! FX投資術2016年版 (双葉社スーパームック)

まとめ

まだ読んでいないけれど、読んでみたい、気になっている、そんな本をまとめて5つご紹介してきました。

個人的にもっとも気になっているのは4つめの「なぜ専門家の為替予想は外れるのか」です。あとは表紙デザインができていない本もいくつかあったりなかったり。

「よく学び、よく遊び」なんて言葉がありますが、少なくとも物事が成就するまでの間は「ひたすら努力する」に尽きると思います。この冬も耐えて耐えて、また来年頑張って相場を乗り切っていきましょう。


The following two tabs change content below.
しゃまらーしか

しゃまらーしか

ひょんなことからFXサイトを作ったシステムトレーダ。東京都港区在住。スプレッドシートを使って過去のチャートを分析するのが得意です。MT4を使ったEAの開発もしています。大好物の甘い物を求めて、今日もVivienne Westwoodのお洋服をこしらえて甘味処を探索しています。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA