【第17回】為替が変動する要因を分類してみる


気候変動で枯れた木
FXをやっていると「ぬおっ」と思わず声が出てしまうような急激な為替変動がやってくることがしばしばあります(「しばしば」って翻訳調ですね)。

経済のお偉いさんのお話には「知ってた」とか「言わんこっちゃない」という意見が頻出しますが、僕たちにとっては「そんなことをあとで言われたってFXで利益が出せないのよ」となってしまいます。

語弊がありますがランダムな相場において上か下かを当てにいくより、きちんとした手法を確立した方が良さそう(このあたりはデリケートなのでそっとしておきます)。

とは言え、最低限知っておきたい為替が変動する要因を分類してみたいと思います。

 

金利の変動

一般的に金利が高くなった国の通貨は上昇し、金利が低くなった国の通貨は下落する傾向があります。もちろん「噂で買って事実で売る(Buy the rumor, sell the fact)」という言葉がある以上、織り込み済の政策金利発表では金利が上がってもすぐに上昇するわけではありません。

短期的にファンダメンタルズを使ったトレードというのはほとんど効果がないような気がしますが、スワップ金利が発生するくらいの間隔、日や週をまたいでのトレードにおいては金利の高低は大きく影響してきます。

参照:同じ手法の「買い」と「売り」

 

要人発言

FRB議長、ECB総裁、日銀総裁の発言は注目されることが多くあります。「QEなんたらを終了します」と真夜中に発表され相場が大きく動いたという経験を持っている方も多いのではないでしょうか(スプレッドの拡大がすごいです)。

ECB総裁の強気と見せかけて弱気な発言で乱高下になったユーロ相場に巻き込まれたことは僕は何度とあります…。日銀の黒田砲、スイスフラン・ショックもこの類ですよね。

実際の相場ではニュースになった後に知ってもどうにもなりません。後でとやかく言うのはエコノミスト()か掲示板の住人のお仕事。突発的な動きについていけるように常に仕掛けておくというのはとても大切なことのひとつです。

誤解されることがありますが、ファンダメンタルズの勉強が無意味だと言っているわけではありません。あくまでファンダメンタルズは知っている前提で、しかしファンダメンタルズを使って相場の薀蓄を話しているだけでは意味がないということです。

 

経済指標

重要度に差はあれど毎日のように発表される経済指標は為替相場に大きな影響を与えます。腐っても鯛、アメリカ中心、ドル中心の世界ではアメリカの経済指標が大きくものを言います。

たまにドル円相場には大きな影響がなくても、イギリスやカナダの指標の結果によってそれらの国の通貨が大きく動くことがあります。そんなときにきちんと全方位マークできるのもシステムトレードの良い所です(ステマ)。

システムトレードをするなら最低でもドル、ユーロ、円の強弱関係は把握しておきましょう。相場は常にトレンド相場とレンジ相場を繰り返します。どれかひとつの通貨に材料があれば相場は動くため、動いた通貨絡みの通貨ペア(ユーロならユーロドルやユーロ円)でトレードするというのは大切です。

 

株価の変動

株価が動いて為替が動くのか、為替の影響で株価が動くのかはさておき、株価と為替が互いに影響しあっているのは事実です。2010年のギリシャ・ショックでは株価が一時998ドルの下げを記録し、ドル円が600pipsほど下落しました(フラッシュ・クラッシュを引き起こしたとして、先日、イギリスの投資家が逮捕されました)。

すごいことを伝えたいのに3,000pips動いたスイスフラン・ショックの前ではすべてが霞んでしまいますね…。

ニューヨーク市場での株価が下落するというのはニューヨークタイムの午後であることが多く、日本時間はスヤスヤの深夜時間。たとえば勝率が低いブレイクアウト型の手法を使っているときは、こういう日に一気にとるのが理想です。逆に言えば、たまにくるパニック相場は絶対に逃してはいけません。

多くのトレーダはたまにくるパニック相場でこれまで貯めた利益を吹き飛ばします。そうではなく反対のことをできるように努めていきましょう。

そのためにも、裁量トレードをポチポチやるほかに、EAなどを使って自動売買を仕掛けておくというのも有効な手段のひとつと言えます。もちろんIFD注文などを使って逆指値注文を出しておくというのも良いと思います。

メジャな通貨だと、ポンドは比較的材料になりやすい通貨だと思うので、取引通貨ペアに加えておくのがおすすめです。豪ドルも動くときはきれいにトレンドを形成します。そう考えるとやはりいくつかの通貨は見ておきたいところです。

 

まとめ

【第17回】為替が変動する要因を分類してみる、いかがでしたでしょうか。

ほかにも戦争やテロが起きると地政学的リスクで動いたりもします。大きく動いたあとに指をくわえていたなんてことにならないように、常に利益を出せる方法を考えて相場に臨んでいきましょう。


The following two tabs change content below.
しゃまらーしか

しゃまらーしか

ひょんなことからFXサイトを作ったシステムトレーダ。東京都港区在住。スプレッドシートを使って過去のチャートを分析するのが得意です。MT4を使ったEAの開発もしています。大好物の甘い物を求めて、今日もVivienne Westwoodのお洋服をこしらえて甘味処を探索しています。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA