【第48回】FX相場は予想しないに限る


フットボール

さぁ、12月から毎日更新するよと鼻息荒く、呼吸と同時に鼻腔に生える太く短い毛がハミ出したところで、初っ端から下書きしてある記事を投稿するということになりました。

僕はどうしても「記事を溜めておく」という癖があるようで、速報性があるときは別として、週3回の更新でも半年分、毎日の更新でも3カ月分は記事を作ってしまっていたりします。

今後は「今書いた記事」(といっても、やはり前日の夜には書き上げているのですが)を更新するように心がけたいところです。ということで、今回の記事は、ここまで前日に書いています。以下は履歴を見る限り6月に書いているようです。

 

気を取り直して序文をもう一度

FXは上がるか下がるかふたつにひとつ。確率が50%だからこそ相場を予想して優位性のある方向にゴニョゴニョ…。

FXの教科書でよく見かける内容ですが、この「予想する」というのがとても曖昧だったりします。チャートを分析して優位性のあるラインが何本も引けるような気がしてしまう、そんな経験をしたことがある方も多いのではないでしょうか。

紙の上のチャートではテクニカル指標は機能しているように見えるのに、実際にトレードをしてみるとまったく上手くいかない…。

相場は競馬のように予想を当てることが大切なのではなく、競馬のように利益を出すことが大切です。

FXのシステムトレードは極論を言えば、予想を排除したトレード方法です。予想することを放棄したからこそ優位性の高いトレードができるとも言えます。

もちろんシステムトレードについての是非があるのは言うまでもありません。あくまで個人的な意見のひとつです。

それでも僕はFX相場は予想しないに限ると思っています。

 

予想はあくまで予想

FX相場において、予想はあくまで予想にすぎません。

特にシステムトレードでは予想をしたとしても売買を変えることはできないのでまったく意味がないとも言えます。

よく経済指標の発表前後にEA(自動売買ソフト)を停めるか否かという話題があがりますが、これも予想のひとつに入ると思います。

もちろん過去のバックテストの結果、指標前後で稼働しているとEAの成績が著しく悪いことが分かっている場合は停めた方が良いと思います。

しかし、大抵の場合は損をするかもしれないからEAは止めておくという見解が多いように見受けられます。これでは利益を出せるかもしれないのに自ら放棄していると言われても仕方ありません。

また、EAに関してはこのように裁量を盛り込むほど、バックテストとは異なる結果になるということを理解しておく必要があります。

儲かるEAを使っているはずなのに利益が出ないという方は、裁量で運用を開始したり停止したりしていないか見直してみましょう。

せっかくの経済指標なのでもう少し突っ込んでみると、特に順張りの場合、相場が大きく動くチャンスである機会を見逃すのはもったいないと思っています。乱高下するリスクに対して、一度に大きくとれる可能性がある経済指標はぜひ活用しておきたいところです。

 

売買手法は自分で作る

現在はインターネットが普及して様々な人の意見を知ることができるようになりました。

プログラムができない人や自分で手法が作れない人は他人の作ったものを利用するということもあると思います。

しかし、中には「元為替ディーラー」や「エコノミスト」といった特定のトレーダーの信者となってしまう方も多いようです。少し前にも某メールマガジンを購読すると利益が得られるという情報が流行ったことがありました。

メールマガジンを購読するのが悪いとは言いません。

しかし、そのメールマガジン内で言及されるものに依存した売買はやがて通用しなくなり、そもそもメールマガジン内の表現も変わってきたなどの意見もあるようです。それらに依存したトレードというのは自分のトレードの腕を上げる努力をなくしてしまいます。

結局、気づくのは損失を出してから、儲かるのは配信者や配信会社だけ(仕事ですから悪いことではありません)、という図式がいつまでも存在することになります。

 

相場には謙虚な姿勢が大切

利益が出るようになると相場は簡単だと油断するようになります。

そして、相場の変化にやられてしまいます。

ドル円相場が動かない頃は上下狭いレンジ売買をする人たちが多くいましたが、いざアベノミクス相場がはじまるとそのような意見は聞かれなくなりました。「聞かれなくなった」とは、「退場した」と同義です。

調子の良いEAなどを使っていると、「このペースでいくと」という皮算用をしてしまいがちですが、EAにとって調子の良い相場がいつまで続くかは誰にも分かりません。

仕事全般に言えることですが、調子が良いときこそ次の一手、そのまた次の一手を考えることが大切なのだと思います。

 

まとめ

【第48回】FX相場は予想しないに限る、いかがでしたでしょうか。

システムトレードは相場を予想せず、優位性のあるトレードをすることが大切です。

相場に驕ることなく常に謙虚な気持ちで臨んでいきましょう。


The following two tabs change content below.
しゃまらーしか

しゃまらーしか

ひょんなことからFXサイトを作ったシステムトレーダ。東京都港区在住。スプレッドシートを使って過去のチャートを分析するのが得意です。MT4を使ったEAの開発もしています。大好物の甘い物を求めて、今日もVivienne Westwoodのお洋服をこしらえて甘味処を探索しています。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA