為替予想との上手な付き合い方


ボトル

年始には多くの専門家たちが株価や為替の予想を立てていました。多数派は株高・円安。根拠は米国の利上げ・米国や日本経済の安定・金融政策などさまざまでしたが、最初の1か月でここまで相場が荒れると予想していた方は、私が見た限りいませんでした。

「FX攻略.com 2016年4月号」の佐川健さんのコラム「為替予想との上手な付き合い方」を見ていきます。冒頭に”後半には書いて良いのか判断に迷ったことを書いています”とあるように、ひょっとするとFX雑誌にはふさわしくない内容なのかもしれませんが、いちユーザとしては頼もしいコラムだと感じるのでした。

 

訂正できない専門家たち

予想は当たることもあれば外れることもありますので、予想が現時点で外れていることにとやかく言うつもりは全くありません。

むしろ、多くの視聴者を前に証券会社などの看板を背負いながら、今年の「米ドル/円」は135円になります、などと宣言するのは大きなリスクを伴い、大変勇気のいることだと思います。

しかし、大きく情勢が変わってきたときには、すぐに訂正する勇気も必要かと思うのですが、なかなかそのようにはいかないようです。

予想が当たる外れる云々について、僕も同じ意見を持っています。どの専門家に聞いても上がるか下がるかはふたつにひとつ、自分にとって都合の良い解釈をしてしまうため(確証バイアス)、相場を予想するという行為自体、僕は久しくしていません。

 

予想の訂正が難しい理由

株や為替の専門家として常日頃研究しているアナリストの方たちがテレビで予想を話すには、相当な下準備をしていることが容易に想像できます。

少しチャートを見て出した結論でさえなかなか訂正できないというのに、多くの手間と時間をかけて導き出した結論を簡単に訂正できないのは当然なのかもしれません。

時間をかけるほど「訂正できない」というのはもっともな意見です。

僕の知り合いでは、FXの予想が外れるとカッコ悪いから事前の予想はしない、終わってから解説をするという方がいらっしゃいました。あっ…。

 

ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析

専門家の方たちの予想を見聞きして思うのは、彼らの予想はファンダメンタルズが大部分を占めているということです。

イメージとしてファンダメンタルズ4対テクニカル1程度の割合でしょうか。私はそれも予想が外れてしまう原因の一つではないかと思っています。

記事の中に書かれていますが、佐川健さんは”金融機関に在籍していたこともなければ、大学すら出ていない”とあります。僕は学歴主義でもありませんし、反対に学歴を小馬鹿にすることもありません。割合でいうと、学歴がある人の方がたしかに頭が良かったり、人に優しかったりする傾向があるかなという程度です。少なくともトレンディドラマで描かれるような金持ちが悪い人、貧乏が良い人というイメージは持っていません。

という前提ですが、学歴があってもなくてもFXの予想は変わらないと思っています。これまで学歴がある、または立派な職に就いているという方とお会いしてきましたが、その誰もがすごいと思う反面、FXとは関係はありませんでした。語弊を覚悟で言うと、FXができるという人はひとりもいませんでした。

 

株価指数が金融商品であるということ

”株価や商品などの株価指数が金融商品であること”実はこのことが、ファンダメンタルズ分析が通用しにくく、アナリストたちの予想が外れてしまう一番の理由だと思っています。

つまり、実体経済やその他の世界情勢などに関係なく相場が動いてしまうという現実があるということです。報道されるような相場変動の要因など、後からいくらでも作ることが可能です。

コラムの最後はこのように書かれていました。

 

まとめ

「FX攻略.com 2016年4月号」の佐川健さんのコラム「為替予想との上手な付き合い方」を見てきました。これまで見てきた本誌のコラムの中でもっとも良いと感じたコラムでした。

相場をこねくり回して予想してということに時間を使うくらいなら、システムトレードを淡々と行って、空いている時間は別のことをしている方がよっぽど楽なような―。ためになるコラムでした。

 

「FX攻略.com 2016年4月号」関連記事


The following two tabs change content below.
しゃまらーしか

しゃまらーしか

ひょんなことからFXサイトを作ったシステムトレーダ。東京都港区在住。スプレッドシートを使って過去のチャートを分析するのが得意です。MT4を使ったEAの開発もしています。大好物の甘い物を求めて、今日もVivienne Westwoodのお洋服をこしらえて甘味処を探索しています。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA