FXの経済指標発表時に損をしないトレード!?


灯台
月末になると「FX攻略.com」さんを読むのがすっかり習慣になりました。部屋の中で引きこもっているばかりの僕のようなトレーダにとって、FX業界のトレンドを知るにはぴったりの一冊です。もちろんすべてを鵜呑みにするわけにはいきませんが。

さて、「FX攻略.com」2015年3月号をパラパラと見ていると今月は気になるニュースがいくつかありました。巻頭のアルパリUKCEOとの対談も…(ボソッ)

今回は特集も組まれていた「経済指標発表時に損をしないトレード法」を見ていきたいと思います。

 

経済指標発表時に損をしないトレード法?

いきなりの「?」マークです。「損をしないトレード」とはこれはまた大きく出ました。FXの経済指標発表時のトレードというのは方法がいくつかあると思います。雑誌に掲載されている方法だと「超短期のスキャルピング」「トレンドに乗る」「バイアスを云々」などでした。

雑誌に悪意はございませんが、ちょっと書かれていることがきれいすぎるというか、さすがにこれらを実践して人柱になる勇気はないのでそっと置いておきませう。

ということで特集の中から「経済指標発表時に損をしないトレードをするためには」というコラムを参考にしてみます。

 

経済指標発表時に損をしないトレードをするために

コラムには指標時のトレードはおすすめしないということについて以下の4つの理由が述べられていました。

  1. 結果が分からない上か下かに賭けるのはただのギャンブル
  2. 上か下かどちらでもいい、と考える時点でトレード戦略を持っていない
  3. 急激な動きでは発注しても約定しにくい
  4. もし約定してもスプレッドが拡大しているので、不利な値になる

3つ目と4つ目に関してはまさにその通りだと思います。一時期流行った「指標スキャル」ではFX業者ごとの瞬間的な約定力というところに焦点があてられ、FX業者のさじ加減ひとつで吹き飛ぶような手法はものの見事に兵どもが夢の跡となりました。

1つ目と2つ目については頭が上がりません。僕は常に上か下かを予想しない、どちらでも良いというスタンスなのでコラムを書かれた方とは真逆の意見だと思います。大切なのはどちらが正しいではなく、色々な意見があるということです。

しかし、上か下かにかけるのはもちろんギャンブルですが、トレード戦略()を持っている人がきちんと利益を出しているようにも思えないというのもあります。トレード戦略()、マイナスイオン()、ま〜ん()、どこか似た空気を感じてしまうのです。

 

経済指標発表時のトレード

これは鶏が先か、卵が先かくらいFXではよく討論されることのひとつです。特に多いのは経済指標発表時にEAを止めるべきか戦争ではないでしょうか。あくまで参考までにですが、僕は指標発表時も普段通りにトレードを行っています

(カテゴリー:雇用統計)。

以下は2014年の米・雇用統計が発表されたときのある手法の成績です。

雇用統計_USDJPY_1

雇用統計_EURUSD_1

数字で表すと、ドル円が+6pips、ユーロドルが+76pipsとなりました。たしかに負けているところも多いのですが、一応年間を通して損益はプラスとなっています。個人的な考えですが、損益の上下は毎日続くため何があっても優位性がある以上は続けることが大切だと思っています。

たしかに「経済指標発表時に損をしないトレード」という言葉遊びで考えるとトレードしなければ絶対に損はしないということも考えられますが…。そんな人は「定期預金」しておしまい!と言われてしまいそうです。

 

経済指標発表時にトレードをしない選択肢

経済指標発表時にトレードをしないという意見の中で、不利に約定することがあるというものがあります。

この点は賛成です。

余計なリスクを背負わないため、経済指標時にはトレードをしないという選択肢は十分に考えられます。

経済指標発表時、順張りが損をするのは、バイアスとは逆の結果になったときや、予想に対してまちまちの結果になったときの乱高下する相場です。

反対に逆張りが損をするのは、大きく一方に動くときです。それはバイアス通りの方向に結果のときや、大きく結果が乖離したときです。

ここでいう「バイアス」とは、「ドル安」傾向や「ユーロ安」傾向といったものになります。「ドル安」傾向がある場合、アメリカの経済指標の結果が悪いとさらにドルが売られる傾向があります。

ここでファンダメンタルズを分析するのはほかのサイトにお任せするとして、損をするときに注目します。

経済指標発表時に大きく損失を出すのは、順張りで相場が乱高下したときより、逆張りで一方向にトレンドが発生したときです。

これは乱高下のボラティリティは程度が知れていますが、トレンドが発生したときのボラティリティは大きくなることを意味します。

 

経済指標発表時のトレードのおまけ

余談ですが「すべてがFXになる」でご紹介している「資金管理を使ってFXの負けを勝ちに変える」を使うと下記のように成績が劇的に改善されます。

雇用統計_USDJPY_2

雇用統計_EURUSD_2

こちらも数字で表すとドル円が+282pips、ユーロドルが358pipsになります。極論ですが、手法云々より資金管理がものをいうところが大きいのかもしれません。

 

まとめ

FXの経済指標発表時に損をしないトレード、いかがでしたでしょうか。

経済指標発表時のトレードは手法の特性によっても異なりますが、きちんと検証をした上で止めるかどうか決めることが大切です。

そういえば巻頭のアルパリUKCEOの対談…

Q:他社のMT4サービスとの違いは?

アルパリUKCEO:すべてが違います(キッパリ)

あっ…

月刊 FX (エフエックス) 攻略.com (ドットコム) 2015年 03月号 [雑誌]


The following two tabs change content below.
しゃまらーしか

しゃまらーしか

ひょんなことからFXサイトを作ったシステムトレーダ。東京都港区在住。スプレッドシートを使って過去のチャートを分析するのが得意です。MT4を使ったEAの開発もしています。大好物の甘い物を求めて、今日もVivienne Westwoodのお洋服をこしらえて甘味処を探索しています。

You may also like...

2件のフィードバック

  1. フッキー より:

    ブログ拝見いたしました。
    FXの楽しさや難しさが分かりやすく書かれており、
    とても参考になりました。
    このブログを知っていれば今頃私は。。。

    今後アフィリエイト以外にも収入の柱を模索しており
    とても参考になりました。

    自分で稼ぐ力を身につけ会社依存から早く脱却したいです。

    ありがとうございました。

    • しゃまらーしか より:

      フッキー様

      コメントありがとうございます。
      お褒めのお言葉ありがとうございます。
      アフィリエイトの収入も素敵ですよね。
      こちらこそお勉強したいと思います。
      拙いサイトではございますが、どうぞ今後ともよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA