1000倍ものレバレッジで取引できる海外FX会社


ジグソーパズル少ない証拠金で取引できることから、最近は国内FX会社ではなく海外FX会社を選ぶ個人トレーダが増えています。

たしかに日本のFX環境は年々厳しくなっている感は否めません。かつては200倍以上のレバレッジで取引できた日本も、2010年8月からは最大50倍、2011年8月からは最大25倍にレバレッジが下げられ現在に至ります(法人口座は除く)。

これでも他の金融商品と比べてもまだまだ高レバレッジなのは言うまでもありませんが(現物株は1倍ですものね)、リスク管理できるトレーダからすると高いレバレッジにこしたことはありません。

ここでは200倍、400倍は当然、中には1000倍ものレバレッジで取引できる海外FX会社のレバレッジについて見ていきたいと思います。

 

高レバレッジの良いところ

そもそもレバレッジはというのは「FX初心者講座」におまかせするとして、レバレッジが与える影響はどのくらいあるか考えてみましょう。

1ドル100円の場合(1ドル120円くらいですが)、1万通貨(1万ドル)取引するのに必要な資金は、最大25倍のレバレッジで4万円になります。

5万円の資金を使って4万円を証拠金に使われてしまい、残りの1万円の中で損益をやりくりすることになります。この場合、1万通貨で取引すると100pipsの含み損まで耐えられることになります。

それ以上の含み損を抱えた場合、証拠金不足で強制ロスカットになります。

今度は、最大レバレッジが200倍の海外FX会社で取引した場合を考えてみます。先ほどと条件を同じで1万通貨取引するのに必要な資金は、5000円になります。

計算は以下のようになります(1ドル120円なら1万ドルは120万円になります)。

1万ドル(取引金額)÷200倍(レバレッジ)=5000円(証拠金)

5万円の資金で取引しても5000円しか証拠金に拘束されないため、残りの4万5000円は自由なお金になります。含み損を耐えられるだけの資金としてもよし、より多くのポジションを持つための資金としてもよし、もちろん出金してもよしです。

国内FX会社では4万円の証拠金がないと取引できなかったのに対し、海外FX会社では5000円の証拠金で取引できる。これは豊富な証拠金を用意できないトレーダや、ひとつの口座で複数の手法を使い分けたいトレーダにとって大きな武器となります。

 

高レバレッジの怖いところ

高レバレッジの怖いところは少ない資金で多くのポジションを持てることです。FXにおいて自分の許容量以上のポジションを持つことは破産を意味します。

200倍のレバレッジでは1万通貨を持つのに5000円の証拠金しか必要になりません。もう少し言うと、5万円あれば10万通貨もの取引が可能になります。精確には取引開始した際のスプレッド分のマイナスがあるため9万通貨ほどの取引ができることになります。

9万通貨で取引した場合の証拠金は45000円となり、5000円の含み損に耐えられる計算になります。9万通貨だと1pips動いたときに900円の損益が発生するため、5pips(4500円)までの含み損に耐えられます。

ポジションを持った瞬間に1pipsくらいマイナスからスタートするため、これではほんの少しレートが逆行しただけで強制ロスカットです。

ギャンブルを楽しみたいという方にはちょうど良いかもしれませんが、少なくとも拙サイトの方針とは異なります。拙サイトは細々でも流行りに飲まれず優位性を持った手法を淡々と続けるというのが方針です。

これが高レバレッジが諸刃と言われる所以です。高レバレッジは使い方によっては強力な武器にもなりますし、自らを傷つける凶器にもなります。

 

海外FX会社はレバレッジ規制対象外

日本国内のFX会社では金融庁の取締りを受け、レバレッジは最大25倍までに規制されています。最近ではバイナリーオプションも規制されるなど、FX業界に向けられる目はどんどん厳しくなっています。

しかし、海外のFX会社は規制の対象外のため、最大レバレッジ200倍、400倍、それ以上で取引できるFX会社も多くあります。そのため多くの個人トレーダは海外のFX会社に口座を開設するようになりました。また、海外FX会社は取引する度にキャッシュバックも受けられるという特長もあります。

もちろんそんな海外FX会社の事情を見て面白く思わない人たちは、一部の海外FX会社に日本国内居住者のFX口座の開設を禁止するよう圧力をかけ、日本撤退を余儀なくされた海外FX会社も少なくありません。

人気の高かったオーストラリアのPepperstone、ThinkForexなどもそのひとつです。

とは言え、世界は広く他にもまだまだFX会社は数多く存在します。アメリカのFXDDなどは以前から知名度が高いFX会社です。

 

海外FX会社のレバレッジまとめ

海外FX会社だけでなくFX事情は頻繁に変わります。前述のように日本国内居住者の口座開設ができなくなったり、スイスフランショック後のようにFX会社そのものが破綻してしまうこともあります。

最大レバレッジも競合他社のサービスを受けて変わる可能性も十分にあります。ここでは主要な海外FX会社のレバレッジをまとめました。

(2015年9月現在のデータです)

FX会社名 最大レバレッジ
ACFX 500倍
Axiory 500倍
Bigboss 400倍
DirectFX 400倍
FinFX 200倍
FXDD 500倍
FxNet 500倍
FXOpen 500倍
FXPrimus 500倍
FxPro 500倍
Gallant 800倍
GCIFinancial 400倍
GemForex 1000倍
IamFX 500倍
IFCMarkets 400倍
InstaForex 1000倍
LAND-FX 500倍
MGKGLOBAL 200倍
MyFXMarkets 400倍
NordFX 1000倍
Orbex(AFBFX) 500倍
Tier1FX 200倍
TitanFX 500倍
TradersTrust 500倍
TradeviewForex 400倍
XM(XEMarkets) 888倍
YouTradeFX 400倍

 

 

まとめ

1000倍ものレバレッジで取引できる海外FX会社、いかがでしたでしょうか。

25倍のレバレッジで取引することに慣れている日本人トレーダにとって、200倍、400倍、そして1000倍ものレバレッジはさすが世界レベルだと思わされます。

ひとつの手法でトレードするよりも、高レバレッジを武器にいくつもの手法を使い分けた方がドローダウン期も分散され安定したトレードが期待できます。参考になれば幸いです。


The following two tabs change content below.
しゃまらーしか

しゃまらーしか

ひょんなことからFXサイトを作ったシステムトレーダ。東京都港区在住。スプレッドシートを使って過去のチャートを分析するのが得意です。MT4を使ったEAの開発もしています。大好物の甘い物を求めて、今日もVivienne Westwoodのお洋服をこしらえて甘味処を探索しています。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA