【第8回】良いことばかりではないFXのリスク


危険
いつでもどこでも取引できる、格安で取引できる、多くの国の通貨を取引できる、レバレッジをきかせて取引できる、スワップ金利がもらえる。

ここまで良いことずくめの「FX」の様相を醸し出してきましたが、当然FXにもリスクはあります。「当然」もなにもFXは数ある金融商品の中でもっともリスクが高いもののひとつとすら言われています。

FX業者やFX商材にも書いてありますよね。散々良いことを書いていながら、最後にこっそりと「FXは元本が保証されたものでは〜」云々。

一気に現実に引き戻される文言はまるで、「○○、45分恋人コース入りま〜す」と目の前で電話されるのと同じなのかもしれません。

尽きたあとは延長金を支払うのか、追証を支払うのかの違いはあれどお金がものをいうのはお金の世界も夜の世界も何ひとつとて変わりはしないのです。

おいしい話には裏があるではないですが、ここではFXのリスクについてもう一度見ていきたいと思います。

 

1. 為替変動リスク

為替相場は24時間動いているため、自分の知らないところで短時間で大きく動いているというときもあります。

それで大きく儲かったならウハウハですが、50%の確率で大きく損をする確率があります。

対策としては「損切り」注文を入れておくことです。

どうしても損切りを入れたくない場合は、自分が見ている時間帯のみトレードをするようにします。自分が寝ている時間、多くの人にとっては日本時間深夜(ニューヨーク時間午後)は稀に為替相場が大きく動く時間帯でもあります。

大きな変動に備えるように損失の限定だけは必ずしておくことをおすすめします。

 

2. 金利変動リスク

リーマンショック以降、スワップ金利目当てにトレードする人は減っていますが、中にはまだスワップ金利目当ての人もいると思います。

スワップ金利は国の経済状況や金融政策により刻々と変化するので注意が必要です。

ひょっとしたらいつの日か、豪ドルを保有するとスワップ金利を支払う日がくる!? と言えないことはないのが何があってもおかしくないFX相場です。

※追記

2015年は、これまで高金利通貨と言われていた資源国通貨(豪ドルやNZドル)が立て続けに利下げを敢行しています。豪ドルはすでに2.00%と、もはや高金利なのかというレベルです。

「高金利なのか?」と言っておきながら0.1%の日本を棚に上げて何をいう状態ではあるのですが、スワップ金利目的のトレードというのは節目を迎えているのかもしれません。

2015年時点において、高金利を狙うならトルコリラなどがおすすめです。

 

3. 流動性リスク

南アフリカランドやトルコリラなどのマイナー通貨(エキゾチック通貨)をトレードする人は特に注意しておきたい点ですが、流動性が低く決済できないということが考えられます。

対策としては流動性が高いメジャー通貨ペアを取引することに限ります。

ドル、ユーロ、円、ポンド、豪ドルなどメジャー通貨を取引するというのはスプレッドが狭いだけではなく、流動性リスクからも身を守ってくれるのです。

前述のトルコリラは高金利通貨として知られていますが、マイナー通貨としても分類されるため、流動性リスクを覚えておく必要があります。

 

FXの他のリスクを考えてみる

ほかにもFXには、FX業者の倒産というリスクがあります。最近は「信託保全」と言って顧客の資産が守られていますが、複数のFX業者を使い分けるというのはこの点からも大切なことと言えます。

ネット回線もリスクのひとつと言えるのかもしれません。肝心なときにネット回線が止まってしまったというときは決済ができません。現在はスマホから操作できるFX業者も多いので万が一のことは考えておきましょう(僕は2回線を使うようにしています)。

実際はこれがいちばん多いのかもしれませんが、高くて無意味な商材を購入するリスクです。僕も商材のサイトをよく眺めていますが、FXは欲につけ込んだ悪質な商材が多く蔓延っています。

もちろん中にはきちんとした販売者さんもいると思います。僕もそんなひとりになりたいと思います。「勝率80%!」「1日○円稼げます!」そんなコピーに踊らされることないように気をつけましょう。

 

まとめ

【第8回】良いことばかりではないFXのリスク、いかがでしたでしょうか。

FXで退場するもっとも大きな理由はきっと為替変動リスクだと思います。これ以上の痛手はないでしょう。

そして、ネットの不具合(正確にはFXのせいではない)、悪質な商材が多いと思います。某サイトで有効だとされる商材は0.1%だとか…。恐ろしいですよね。ランキングとかみんなが使っているとかで勝てれば誰も苦労しません。

ちなみに何が恐ろしいって販売者はもちろんのこと、販売会社の社員たちもこんなものを使っても利益が出ないということを理解していることです。はじめから手数料を抜く前提で立ち上げた商売を盲目で愛するほどキケンなことはないのです。

ひょっとしたらこれがいちばん大変なのかもしれません(ハァ)。


The following two tabs change content below.
しゃまらーしか

しゃまらーしか

ひょんなことからFXサイトを作ったシステムトレーダ。東京都港区在住。スプレッドシートを使って過去のチャートを分析するのが得意です。MT4を使ったEAの開発もしています。大好物の甘い物を求めて、今日もVivienne Westwoodのお洋服をこしらえて甘味処を探索しています。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA