【第23回】FXの少額スタートの是非


少額資金
FXをやりたいけれど資金が足りない、FXで損失を出してしまって少額しかない、これはよく耳にするお話です。後者の方がよく聞くような…。

FXは少額でもはじめられるかという議論にはふたつあります。偉そうに「ふたつ」と書いてしまいましたが、「あり」か「なし」の二択に決まっているので、そりゃふたなんですよね。これぞ言葉の綾でございましょう。

さて、FXの少額スタートについて意見を覗いてみたいと思います。

 

10万〜20万円の元手で始めるのは無理?

10万円が少額か否かはこの際置いておきます。

以前、僕の周りに数万円の利益をバカにしておきながら、10万円の資金を用意できないという不思議な人がいました(いつの時代も数字は残酷です)。10万円はある日突然10万円になるのではなく、1円を10万回積み重ねることで10万円になるのだと思います。

10万円ほどの資金をFXを始めるのは無謀という意見をまとめてみるとこのような傾向がありました。

  • 証拠金が足りない
  • 少額では精神的なものが大きく関わってくる

証拠金云々について見かけたのは、1万通貨取引が基本となっていた少し前(レバレッジが規制させるより前)の書籍に多く見ることができました。

日本国内のFX会社でレバレッジが25倍に規制された現在、少額ではじめざるを得ない個人投資家の顧客を獲得するために、1000通貨取引に対応するなど次々とサービスが改善されています。

この点を考えると、現在は1000通貨取引ができるFX会社が多くあるので、10万円で証拠金の心配をする必要はないと思います。反対に1000通貨取引の際に手数料をとるようなFX会社はどんどん淘汰されています。

(先日もYJFX!さんが1000通貨取引の手数料を無料化しました)

相対的に見ると、10分の1の取引ができるようになった現在は「1万円」でFXを始める是非の方がふさわしいのかもしれません。

 

精神的なものの方が大きい

「投資には精神的なものが大きく関わる」と言われるように、FXが「投資」か「投機」かは置いておき、少ない資金でのFXはデメリットがあると言えます。

正しくは「少ない資金」というより、「ポジションに対して少ない資金量」というのが良いのかもしれません。

10万円に対して1万通貨持つと、上手くポジションを持たなければすぐになくなってしまいます(100pipsの損切りを10回分)。

しかし、100万円あれば良いのかというと、そういうわけでもなく、100万円で10万通貨のポジションを持つのも同じリスクになります。

 

レバレッジの計算

1ドル125円のとき1万通貨(1万ドル)は約125万円に相当します。

このとき、自己資金が125万円あるとレバレッジが1倍となり、低いリスクでトレードできるようになります。

【第9回】FXを始めるのに必要な資金はどのくらい?

レバレッジから逆算すると、1ドル125円のとき、自己資金が5万円あれば、レバレッジ25倍でトレードできることになります。

ただし、資金量がギリギリのため、ポジションとは逆の方向にレートが進むと強制ロスカットされてしまいます。

レバレッジ1倍でトレードすることはなくとも、常にレバレッジを目一杯使ったトレードは強制ロスカットと背中合わせになり、とてもではありませんが安定したトレードはできません。

 

しっかりと検証をすることが大切

精神的なものというのは想像しているより大きな影響を及ぼします。

これも僕の周りであったことですが、ある手法のドローダウンに耐えることができずに運用をやめてしまったために、そのあとの利益を享受できなかったという方がいました。

ドローダウン期に遭遇したときに「このまま回復しないんじゃないか」という疑いの気持ちが強くなってしまい運用することが困難になってしまうのです。

検証というのは、どれだけの成績があってどれだけ落ち込むことがあってというのを数字で把握することができます。一度使い始めた手法は一定のドローダウンに達するまで淡々とトレードするということが大切です。

もう少し具体的には、検証で得られた最大ドローダウンを更新したときに運用を止める、もしくは一時的に運用を停める、システムの調子が戻ってきて利益の山を更新したら再び運用を開始します。

運用を止めている間は利益を得ることができませんが、利益以上に損失が増えるリスクを避けなければなりません。いわゆる「損失限定」と呼ばれるものです。利益はどれだけ得られるか分かりませんが、損失は限定することができます。

EAを定期的に入れ替える(キリッ)というのはよく見る光景ですが、成績の悪いものをやめるなどしていたら、いつまで経っても利益など出せるわけはありません。儲かるのは販売者と会社だけになってしまいます。

本来なら(手法が優位性を持っているなら)、成績が落ちてきたときこそフンガフンガ鼻息荒く運用を始める絶好のタイミングなのです。

 

まとめ

【第23回】FXの少額スタートの是非、いかがでしたでしょうか。

5万円、3万円、1万円という少額スタートでも、豪ドルやNZドルなど少ない証拠金ではじめられる通貨は夢が膨らみます。

FXは精神的なものが強く影響されるので、資金量に対して無理のないポジションでトレードしていきましょう。


The following two tabs change content below.
しゃまらーしか

しゃまらーしか

ひょんなことからFXサイトを作ったシステムトレーダ。東京都港区在住。スプレッドシートを使って過去のチャートを分析するのが得意です。MT4を使ったEAの開発もしています。大好物の甘い物を求めて、今日もVivienne Westwoodのお洋服をこしらえて甘味処を探索しています。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA