100億円のFX資金を集めた「シンフォニー」の社長を逮捕へ


セーシェル共和国

FX資金2億円を私的流用か 脱税容疑で社長を逮捕へ

海外へのFX(外国為替証拠金取引)をうたって投資家から集めた100億円を超える資金のうち約2億円を私的に使い、申告せずに脱税したとして、名古屋地検特捜部は31日、インターネット関連会社「シンフォニー」(名古屋市東区)の伊藤正明社長(47)=愛知県春日井市=から所得税法違反容疑で事情聴取を始めた。容疑が固まり次第、逮捕する方針。

特捜部は同日朝、名古屋国税局と合同で、伊藤社長の自宅など関係先の家宅捜索を始めた。

関係者によると、伊藤社長は経営するシンフォニーで投資セミナーを開催。会員となった投資家らに対し、ダミー法人とみられる「コムズジャパン」(東区)に振り込ませた入会金や投資資金のうち、2013年までの3年間で私的に使った約2億円を個人所得として申告せずに約7千万円を脱税した疑いがある。申告しなかった所得の一部は、春日井市内でマンションを購入した際の費用や遊興費に充てられたという。

名古屋国税局がコムズジャパンの振込先口座などを調べたところ、会員5千人以上から100億円を超える資金が集まったことを確認した模様だ。

投資家は、コムズジャパンに振り込んだ資金がタックスヘイブン(租税回避地)のセーシェルや、ニュージーランドの会社でFXによる投資に使われ、得た運用益を手にする、と投資セミナーで説明を受けたという。しかし、元会員と名乗る人が「投資資金が海外に送金されていない可能性は十分ある」とブログで警告するなど、金の流れに不明朗な点があるとして問題となっていた。

伊藤社長は14年4月から国税局の強制調査(査察)を受けていた。伊藤社長は国税局に対し、「集めた金の一部を使った」と容疑を認め、すでに修正申告して納税したという。しかし、名古屋地検特捜部は金の流れの解明には強制捜査が必要と判断したとみられる。

(朝日新聞「FX資金2億円を私的流用か 脱税容疑で社長を逮捕へ」)

投資家から集めたFX資金2億円を私的流用した上、個人所得には計上せず、約7000万円を脱税した社長が逮捕されました。

年利36%の高配当を謳ったFXファンドで100億円以上を集めたと言われるシンフォニー。まぁまぁいつも通りのFX絡みの胡散臭い事件となっています。

 

MLM(マルチレベルマーケティング)

今回、話題となっているシンフォニーは「MLM(マルチレベルマーケティング)」として知られていました。

MLMとはピラミッド型の会員組織で販売していくあの形です。生活用品や食品でも名前が出てくる会社がいくつかあると思います。

そのFX版ということで、スクールに紹介すると報酬がもらえるというもの。20万円のスクールに4人紹介すると10万円の報酬があったとありました。

この手のお話はホームページを運営しているとよく聞くもので、数十万円のセミナーを紹介してくれたらというものは、これまでにも聞いたことがあります。もちろん誘った相手が被害者になっては困るので、それとなくサラッとお断りするようにはしていますが。

セーシェルやニュージーランドの会社で投資に使われるとあっても、ニュージーランドはともかく、セーシェル共和国はアフリカ大陸からちょい離れたあたりにあるような島。タックスヘイブンならではのペーパーカンパニーと言えます。

 

年利36%の破壊力

事件の背景は専門サイトにおまかせするとして、当サイトはシステムトレードらしく「年利36%」に注目したいと思います。

年利36%は高いのか。投資の神様と呼ばれるウォーレン・バフェット氏の年利は約20%と言われています。ただし、金額がアレなので、たとえ1%であったとしてもものすごい金額になります。

年利が約20%ということは、月利に換算すると約1.67%になります。もちろん毎月安定した利益が望めるわけでもなく、山あり谷ありになります。

そしてようやく掴むのが20%の年利です。

EAの提供や作成代行をしていると「月利◯%は行きますか?」という無謀な数字を出されることがありますが、皮算用をしていると、破産すること間違いありません。夢を壊すのは酷なことですが、「思ったのと違う」よりは良いので、無理であることをお伝えします。

バフェット氏ほどの資産を持っていない我々がお金を増やす以上、どうしてもリスクをとってリターンを得るしか方法はありません。

 

リスクを取るなら口座を分ける

FXをやる上でリスクを取るなら口座を分けるのをおすすめします。

具体的には「少リスクの口座」と「高リスクの口座」への分散です。

少リスクの口座はリターンは少なくとも少しずつ増えていくイメージ。資金の割合は多くしておくのをおすすめします。

高リスクの口座はリスクをとってリターンを大きく狙います。少ない資金を短期間で増やすのに向いています。ただし、リスクが大きいため、50%ほどのドローダウンは覚悟した方が良いでしょう。そのかわり50%ものリターンを望めるものとします。

数字は残酷なもので、リスクに見合ったリターンしか望めません。リスクをとらずにリターンを得ようとすると、今回の事件に出資したようなコースを辿ることになってしまいます。

 

まとめ

100億円のFX資金を集めた「シンフォニー」の社長を逮捕へ、いかがでしたでしょうか。

FXはお金が直結するだけあって、欲望、見栄、虚像などが溢れています。それでも、真面目にやっていれば、相応の努力をすれば、多少なりの結果が見えてくるのだと思います。

どうかおいしい話に飲まれることなく取引を続けていきましょう。


The following two tabs change content below.
しゃまらーしか

しゃまらーしか

ひょんなことからFXサイトを作ったシステムトレーダ。東京都港区在住。スプレッドシートを使って過去のチャートを分析するのが得意です。MT4を使ったEAの開発もしています。大好物の甘い物を求めて、今日もVivienne Westwoodのお洋服をこしらえて甘味処を探索しています。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA