手動派もMT4派もFXの「時間決済」は過小評価されている

手動派もMT4(MetaTrader4)派もFXの「時間決済」は過小評価されている気がしてなりません。

決済のタイミングについて調べてみると、「ローソク足でシグナルが出たら」とか、「テクニカル指標が交差したら」とか、一定の値に達したら決済するというのはよく見かけます。

しかし、「時間」を中心にエントリーしたり決済しているものは多くありませんでした。

そこで、今回はFXの「時間決済」について見ていきたいと思います。

FXの「時間決済」

FXで「時間決済」を意識するのは、見ている限り週末がいちばん多いと思います。いわゆる「週末リスク」を考慮して、ポジションが週末をまたがないようにするというものです。

こうして記事を書いている今も、ギリシャ問題が再発して月曜日の窓を懸念する声が聞こえます。

実際は良いときもあれば悪いときもあるのであまり影響はないと思うのですが(少なくとも同じ方向に再度ポジションを持つくらいならスプレッド分お得になる)、悪いことを考えて眠れなくなるくらいなら、「週末決済」しておくに越したことはありません。

FXの「時間決済」の活用法

FXの「時間決済」とは文字通り指定した時間に決済してくれる機能のことです。「言っている意味は分かるけれど、いまいちピンと来ない」という方も多いと思います。

時間決済の活用法としては、市場ごとの決済などがあげられます。1本の週足が「1週間」、1本の日足が「1日」を表すように、一定の期間を以って「1つの市場」と見立てます

この「見立てる」というのがポイントです。現時点ではMT5(メタトレーダー5)でもない限り、細かく時間足を設定できるところは多くありません。ちなみにMT5だとこれだけあります。

M1, M2, M3, M4, M5, M6, M10, M12, M15, M20, M30, H1,H2, H3, H4, H6, H8, H12, D1, W1, MN

さて、話を戻すと1時間足を数本分まとめることで、1つの市場と見立てることができます。

たとえば「9〜15時を東京」、「16〜20時をロンドン」、「21〜6時をニューヨーク」といった具合です。「空白の1時間があるのでは?」という意見が聞こえてきそうですが、あくまで一例です。

また、実際には夏時間もあるので、「夏時間を考慮するか否か」でも成績は異なってきます。

ローソク足を24時間を3つの市場に分けて、一定のルール(ブレイクアウトやローソク足のパターンなど)で「エントリー」し、それぞれの市場が終わるときに「時間決済」するという手法は、単純ながらとても効果的です(私自身も多用しています)。

また、21〜6時をニューヨークとするのではなく、ロンドンフィキシングまでの1時(夏時間は0時)を「ニューヨーク午前の部」、それ以降の時間帯を「ニューヨーク午後の部」と分けるなど、応用してみるのもオススメです。

市場参加者が乏しいニューヨーク午後(日本時間深夜〜早朝)は値動きが少ない時間帯ですが、ときにすべてを吹き飛ばすくらい大きな値動きを見せるのもこの時間帯の特徴なのです。

コツコツ貯めた凪相場の逆張り隊が損失を出す裏側で、コツコツ失ったロスカット分をすべて取り返してもお釣りが来ることだってあり得ます。相場はいつも少数派に回る必要があるのです。

時間で取引できるFX会社

FXの時間決済ができる有名なFX会社はヒロセ通商です。私も手動売買するときは重宝しています。取引高に応じて食品をくれる「食品キャンペーン」も嬉しいところだったりします。

時間を使って取引できる会社を調べてみました(2017年9月現在)。

  • ヒロセ通商:時間指定成行、時間指定指値、時間指定逆指
  • JFX:時間指定成行、時間指定指値、時間指定逆指値
  • セントラル短資:「時間指定」成行注文(決済注文は不可)
  • 外為どっとコム:時間指定成行、時間指定指値、時間指定ストップ

時間指定成行」は、指定時間になると成行でエントリーや決済をします。

時間指定指値」は「指値」注文をして、ひっかからなかった場合は指定時間に「成行」で決済します。

時間指定逆指値」は「逆指値」注文して、ひっかからなかった場合は指定時間に「成行」で決済します。「時間指定逆指値」と「時間指定ストップ」はFX会社ごとの表記の違いだけで機能は同じものになります。

ほかにもいくつかのFX会社で「時間成行」と説明があるものがありましたが、サービスが廃止されていたり(DMM.com証券は時間成行を廃止)、「時間決済」の定義が異なっている(注文の有効期限と混同しているなど)ものは除外しました。

現時点では以上の会社が対応しています。

MT4を使った時間決済

最近人気のMT4を使って「時間決済をしたい」と考える方も多いのではないでしょうか。

MT4は自動売買もできることから人気のプラットホームですが、手動取引においてはお世辞にも「優れているとはいえない」のが現状です。

MT4で時間指定で決済できるツールを探してみると、いくつかあったのでまとめてみました。

  • MT4発注君:手動トレード補助ツール(Build600対応)
  • MT4 Easy Order:発注ツール(Build600対応不明)
  • ノーロールオーバーEA:指定時刻全決済EA(Build600対応不明)

「MT4発注君」はDL marketにて1,000円、ほかは無料ツールです。

「ノーロールオーバーEA」はあらかじめ指定されている時刻(GMT21時45分/夏時間20時45分)になると決済するので、必然的に自由度は低くなります。

GMT21時45分は日本時間だと6時45分、夏時間は5時45分、つまり、日をまたがないように(±スワップが発生しない)決済するツールです。

EAを自作して時間決済する

MT4で「こういうのがあった方が良いんだよな」と思ってもなかなか思うようなツールがないということは多々あります。実は「ツールを作る人がトレードをしない」というのが有力です。

結局、自分で作るのがいちばんになりますが、最初はなかなか思うようにいきません。

そこで、参照サイトをご紹介します。

exit_function

豊嶋久道著の「FXメタトレーダー実践プログラミング」はさすが聖書と言われるだけあり、通ること必至の1冊だと思いました。上の画像は引用です。

実際には関数のライブラリー化がされているため「MyOrderClose」などそのままコピペでは使えませんが、困ったときの選択肢となります。

「EAつくーる」は私もお世話になっているfx-onから販売されているアプリケーションです。私も参考にさせていただくことがよくあります。

教えて!gooで回答されている方は、様々なナレッジコミュニティで回答しており、おそらく「EA作成代行」を運営する管理人さんかと思います。

まとめ

FXの「時間決済」について解説してきました。

時間決済ができるFX会社選びから発注ツールの選択、EAのプログラミングまでひととおり紹介してきましたが、なにより優位性のある手法を持つこと大切になります。

反対に言えば手法さえあれば、やり方はどのようにしても問題ありません。感情に振り回されることなく、一定のルールでエントリーと決済ができるように心がけていきましょう。