【ぶせな氏】相場乱高下時のスキャルとトレンド相場のデイトレ。二刀流で目指すはFX界の3億円プレイヤー


ぶせな

「ここ1年ほどはスキャルピングに加えて、デイトレードの比重を増やしています。ボラティリティが高く相場が乱高下しているときはスキャルで稼げるのですが、相場が落ち着くと苦しい。スキャルで勝てている間に次の一手を打っておきたいので」

そう打ち明けるのは、’14年に億超えを果たしたFXトレーダーのぶせな氏。スキャルピングを主力とするぶせな氏だが、FX投資のそもそもの入り口は長期投資だった。

ことふく氏に続き、「YenSPA!」に掲載されているのはぶせな氏です。スキャルピングで1億7000万円ってスゴすぎです…。文字通り桁違いの実力を見せてくれています。

>>「YenSPA! ’16年1/12号」今回も儲け話が半端ではありません。

 

考え方なら変えられる

「よく『トレードではメンタルを強くしないと』なんて言いますが、メンタルなんて簡単に強くなるものではない。でも、性格はムリでも考え方なら変えられる。私が勝てるようになったのも『FXはどうしたら勝てるのか?』と徹底的に自問自答を繰り返したからだと思います」

長期ではなく短期、10円ではなく10銭狙い、順張りではなく逆張り、無制限のナンピンはしないなど、過去の失敗を反面教師にして行き着いたのがスキャルだった。

FXで大きく資産を増やした人に共通しているのがスキャルピングで、そして、その後に取引スタイルを長くするというものです。ぶせな氏も同じように現在はデイトレードに比重を置いているとあります。

 

 

スキャルピングは業者依存

数銭程度のわずかな利幅を狙うスキャルピングだと、FX会社の約定力やスプレッドに収益が大きく左右される。業者依存なので、同じやり方でトレードを続けても、業者の取引条件が変われば同じように稼げなくなってしまう。

「’14年の黒田バズーカを見て、デイトレも効率的だなと思いました。相場に方向性が出たときはスキャルにこだわらず、トレンドに乗って稼ぎたい。そう思ってこの1年、デイトレに取り組んできました。今は取引の4割がデイトレですし、収益面でも3割ほどがデイトレからと、スキャル以外でも稼げるようになってきました」

スキャルピングは業者依存のため危険という意見です。

僕も同じように考えています。EA(自動売買ソフト)を使った自動売買においても、スキャルピング型は再現性に疑問が湧いてしまいます。ほんのちょっとスプレッドを変えてバックテストすると成績が出ない…。そんなEAはさすがに怖くて使えないなと。

そこまできれいな右肩上がりの曲線ではなくとも、大らかな手法の方が再現性が高いように感じるのです。

 

デイトレなら教えやすい

「スキャルでは自分のトレードを明確に伝えられずもどかしい思いもありましたが、デイトレなら教えやすい。過去に自分のようにFXで苦境に立たされている人がいれば、個人的にトレードを教えることもあります。なかには自分より勝つ人もいるくらいで(笑)

サラっと検索してみたところ、トレーダーズショップに「DVD ぶなせ式FXトレーダー養成講座」という商品があったのですが、現在は販売されていないようです(価格は248,000円というのも驚きです!)。

ガチンコFXにはデイトレードの手法の概要が掲載されているので、興味のある方は参考にしてみましょう。

>>念願の専業転向で億超え![ぶせなさん(1)]


The following two tabs change content below.
しゃまらーしか

しゃまらーしか

ひょんなことからFXサイトを作ったシステムトレーダ。東京都港区在住。スプレッドシートを使って過去のチャートを分析するのが得意です。MT4を使ったEAの開発もしています。大好物の甘い物を求めて、今日もVivienne Westwoodのお洋服をこしらえて甘味処を探索しています。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA