知識ゼロからはじめるMT4講座 / 五十嵐勝久


MT4

FXをやっていくなかで「システムトレードに興味が出てきた」という方は少なくありません。感情を排して淡々とトレードできる、負けトレードも悔しくない(そうなる人は少ないのですが)、システムトレードにはそんな魅力があります。

また、EAなどの自動売買ソフトを取り入れることによって、エントリから決済まで自動で行えるようになると、何もしなくて良いという自由無双モードになったりします(もちろん週に一度はコンピュータを再起動するなどはします)。

今回はそんな自動売買によるシステムトレードもできるMTについて、「FX攻略.com 2016年7月号」の五十嵐勝久さんのコラム「知識ゼロからはじめるMT4講座 / 五十嵐勝久」を見ていきましょう。

 

MT4ってどんなツール?

MT4とは「世界で一番使われているFX取引プラットフォーム」です。

ロシアのメタクオーツ社が提供しているシステムで、多彩なテクニカル指標によるチャート分析をはじめ、自分でEAと呼ばれるプログラムを組み、それで取引するのもMT4の醍醐味です。

後述しますが、「EA(Expert Adviser)」は自分でプログラムを組まなくても、有料無料でインターネット上に数多くあります。

 

表示できるテクニカル指標の数が圧倒的!

MT4の最大の特長は、表示できるテクニカル指標の数がともかく多い点。この一点につきます。というよりも、表示できないテクニカル指標はないといっても過言ではありません。

テクニカル指標もMT4インストール時に付属していないもの(といっても最初から数多く入っていますが)をあとから追加することもできます。多くのFXサイトなどで無料インジケータ(この場合テクニカル指標)を配布しています。また、雑誌などの付録CDにも多くのインジケータが収録されています。

 

プログラミングが分からなくても性能を享受できる

MT4の場合は、利用している人が非常に多く世界中にいるので、さまざまな人が自分の作ったテクニカル指標やEAを公開しています。

また英語が分かるのであれば、MQL5のサイト(MetaTraderのコミュニティサイト)にアクセスしてみてください。こちらでもさまざまなテクニカル分析やEAが公開されています。

 

EAの数や自由度が違う

MT4を使う上で、最も特筆すべきは何といっても「使えるテクニカル指標の多さ」にあります。FXや株で使用できる罫線分析ツールやチャートツールは数多くあれど、表示できるテクニカル指標の数ではMT4が群を抜いています。

 

スプレッドも優れている

MT4を利用するならば、スプレッド面は心配しなくても大丈夫。「米ドル/円」で0.3銭程度と、裁量トレーダーが利用するのと変わらないスプレッドが用意されているのです。

とありますが、0.3銭と表示されていも実際はここまで上手くいくことは少ないです。MT4は便利ですが、裁量トレードより多少スプレッドが広くなるという認識で臨むことが大切です。なんといってもその代わりに多くのテクニカル指標を表示できたり、自動売買ができるようになるのですもの。

 

国内でMT4に対応しているFX会社は?

MT4を利用するためには、対応しているFX会社に口座を開く必要があります。日本国内では主に5社が、MT4のコースを用意しています。有名どころだと、FXトレード・フィナンシャルや、OANDA Japan、FXCMを吸収合併した楽天証券でしょうか。

 

MT4口座がある国内FX会社

FX会社 通貨ペア数 米ドル/円 ユーロ/円 英ポンド/円 豪ドル/円 ユーロ/米ドル
FXトレード・フィナンシャル 21ペア 0.3 0.6 2.0 1.4 0.8
OANDA Japan 71ペア 0.4 0.7 2.4〜8..9 0.5
アヴァトレード・ジャパン 52ペア 1.2 2.2 4.8 2.8 1.9
ゲインキャピタル・ジャパン 49ペア 1.4〜2.2 1.7〜3.4 2.4〜6.0 2.0〜3.7 1.5〜
楽天証券 34ペア 0.5 0.4 1.1 0.5 0.3

 

安心利用のためには国内会社がお勧め

MT4は世界中で利用されている投資プラットフォームなので、海外のFX会社でもMT4の口座を提供しているところがあります。とはいえ、利用するFX会社は日本国内が良いです。

というのも、数多く存在する海外のFX会社には詐欺を行うところがあったり、信託保全もされなかったりと、多くの不安要素があります。仮にもしも、海外のFX会社が経営破綻に陥った場合、大切な資金が戻ってこない可能性も否定できないのです。

個人的には海外の大手FX会社なら問題ないと考えています。

 

まとめ

「知識ゼロからはじめるMT4講座」を見てきました。システムトレードを始める上でもあると便利なMT4。裁量トレードで始めたFXの次の一歩に進みたい、システムトレードに足を踏み入れたい方はぜひ挑戦してみてください。

 

「FX攻略.com 2016年7月号」関連記事

  1. 「米ドル/円」への警戒「アベノミクス相場へ 米系ファンドが攻めてくる」ほか
  2. 目先の値動きに惑わされてはいけない!大切なのは大きな時間軸でのトレンド把握
  3. 焦らず、慌てず、諦めず。まずは状況分析を
  4. 情報収集はシンプル・イズ・ベスト みんなが見ている材料こそ重要!
  5. 兼業スキャルパーの情報収集ルーティーン
  6. ニュースの見出し読みに、各市場の初動チェック! 日々の確認を怠るべからず
  7. テクニカル派が重視する情報とは
  8. 日本人と外国人の投資に対する考え方の違い
  9. ニュージーランドとオーストラリアの政策金利
  10. 知識ゼロからはじめるMT4講座 / 五十嵐勝久

The following two tabs change content below.
しゃまらーしか

しゃまらーしか

ひょんなことからFXサイトを作ったシステムトレーダ。東京都港区在住。スプレッドシートを使って過去のチャートを分析するのが得意です。MT4を使ったEAの開発もしています。大好物の甘い物を求めて、今日もVivienne Westwoodのお洋服をこしらえて甘味処を探索しています。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA