兼業スキャルパーの情報収集ルーティーン


Twitter

「専業トレーダ」というと、サラリーマンの方の憧れに映ると聞きます。たしかに毎日満員電車に揺られながら会社に行って、嫌な上司に顔を合わせ、と思われがちですが、世の中には素敵な仕事もたくさんあるものです。いえ、そもそも仕事に貴賎なぞ付けられません。

専業トレーダが羨ましがられるということを書きながら仕事に貴賎を付けられないという壮大なテーマに脱線していくことはランディングページにもよくあることです。だってありますでしょう。FX相場から利益を得る云々と言いながら、気がつけば、ひとりでも多く発展途上国の子を救いたいみたいになってしまうもの…。

さて人のこと言えないほど脱線したところで、専業トレーダになるとFX相場から生活できるだけの利益が得られるようになります。反対か、生活できるだけの利益が得られるようになると専業トレーダになります。

しかし、実際は専業で食べていけるだけ収入が出てくると、それを情報として発信したり、それを元手に事業を始める人も多くいます(何を隠そう、僕もそんなひとりだったりします)。専業を目指していたら気がつけば兼業というのはあるあるなのかななんて思っています。

思い浮かべるとFXの大きなブログをやっている方も、そこからのアフィリエイト収入があるわけですし、FXの知識を活かしながら専業から兼業へと移っていくものです。

とはいえ、やはり最初は「FXだけで生活したい」と考える人が多いのもまた事実です。

今回は「FX攻略.com 2016年7月号」の企画「私の情報源と情報収集のルーティーン」から、マサにゃんさんの「兼業スキャルパーの情報収集ルーティーン」を見ていきましょう。

前回の「情報収集はシンプル・イズ・ベスト みんなが見ている材料こそ重要!」も合わせてどうぞ。

 

あふれる情報から何を得られば良いか?

最近は特に「ウェブ関連」の情報が、有料・無料を問わず数多くあり、何を取得すれば良いのか迷うときがあります。

ここで一般的な投資情報について利点と欠点がまとめられています。

 

各情報売買別の利点・欠点

媒体 利点 欠点
ウェブ関連 手軽に取得できて、即効性がある 後に残らない場合が多い
雑誌・書籍 目的がはっきりして整理されているので頭に残りやすい 即効性にやや欠ける
セミナー 主催者・講師に直接質問できる場合が多く、言葉で説明されるので理解しやすい 機会が少ない

 

ウェブ関連サービス(有料/無料)の利点・欠点

課金 利点 欠点
有料 具体的なプライス提示がある 自分で考えることが少なくなる
無料 数多くあるので、自分にあった情報を選択できる 閲覧者が多いことを意識してか、表現が抽象的な場合がある

 

私の基本スタイル

私は情報収集を以下の三つに分けて考えています。現在のトレードスタイルが夜の21〜24時の間のスキャルピングを主としていますので、それに沿った形での情報収集となります。

  1. 日々のトレードに必要な情報(即効性のあるウェブ関連中心)
  2. 日々のトレードのスキルアップに必要な情報(調べたいことが整理されている書籍・雑誌中心)
  3. 金融取引全般としての知識に必要な情報(普段の疑問点を直接質問できるセミナー中心)

 

1. 日々のトレードに必要な情報

日曜日の夜に、翌月曜日とその週の経済指標発表のスケジュールを確認します。

火曜日〜金曜日の朝は、前日の反省とその日の予定の確認です。

出勤〜退勤の間は電車移動、休憩時間にTwitterで各種情報のヘッドラインをチェックしています。

【チェックしている情報源】

 

2. 日々のトレードのスキルアップに必要な情報

Twitterと共に日々の通勤の時間帯や、仕事での顧客先の移動の際に読んでいます。当誌(FX攻略.com)はもちろんですが、他には「松崎良子のロンドンFX」インジケーターの作成用に「MetaTrader4逆引きハンドブック」などを少しずつですが読んでいます。

 

3. 金融取引全般としての知識に必要な情報

「自分はFXトレーダーだから他ジャンルは関係ない」と考えてしまうと、視野が狭くなる傾向があるので、時間が許す限りFXのみならず、金融全般の知識向上のため、株式、商品のセミナーにも参加しています。相場関連のお友達を作る機会でもあります。

 

情報という材料は調理しはじめて自らのものとなる

情報は料理でいえば「材料」であり「調理」するのは情報を受けた自分自身です。

「材料」をそのまま鵜呑みにすることなく、「材料」を自分でも考え「調理」することをしないと最終的なスキルアップにはつながらないのではないでしょうか。

 

まとめ

「兼業スキャルパーの情報収集ルーティーン」を見てきました。毎日の経済指標のチェックはもちろん、移動中にTwitterで情報を集めたり、書籍を読んだり、休日にセミナーに参加するなど積極的な姿勢が分かります。

頭が上がらない…。

僕自身は交流があまり得意ではないので、本を読んでいることが多いです。電車など止まっているときは書籍、徒歩の時間はオーディブルを倍速で聴くなどしています。とはいえ、一番は歓楽街とて現場に行って生の声を聞くのがいちばんだったりするのですが。

 

「FX攻略.com 2016年7月号」関連記事

  1. 「米ドル/円」への警戒「アベノミクス相場へ 米系ファンドが攻めてくる」ほか
  2. 目先の値動きに惑わされてはいけない!大切なのは大きな時間軸でのトレンド把握
  3. 焦らず、慌てず、諦めず。まずは状況分析を
  4. 情報収集はシンプル・イズ・ベスト みんなが見ている材料こそ重要!
  5. 兼業スキャルパーの情報収集ルーティーン
  6. ニュースの見出し読みに、各市場の初動チェック! 日々の確認を怠るべからず
  7. テクニカル派が重視する情報とは
  8. 日本人と外国人の投資に対する考え方の違い
  9. ニュージーランドとオーストラリアの政策金利
  10. 知識ゼロからはじめるMT4講座 / 五十嵐勝久

The following two tabs change content below.
しゃまらーしか

しゃまらーしか

ひょんなことからFXサイトを作ったシステムトレーダ。東京都港区在住。スプレッドシートを使って過去のチャートを分析するのが得意です。MT4を使ったEAの開発もしています。大好物の甘い物を求めて、今日もVivienne Westwoodのお洋服をこしらえて甘味処を探索しています。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA