【中長期トレーダーのFXスタイル】鳥居万友美「ずっと続けられる『ゆったりスタイル』で体も心もストレスフリー」


鳥居万友美オフィシャルブログ「子育てしながらFXで経済的不安を解消する方法」Powered by Ameba

FXの取引スタイルには、超短期のスキャルピング、一日で取引を終えるデイトレード、数日〜数週間のスイングトレード、数ヶ月以上ポジションを保有する長期トレードがあります。

FX個人投資家の傾向として、「資金効率を上げよう」とスキャルピングにハマる人が多いようです。しかし、実際にはスプレッド負けしてしまうことも少なくありません。2pipsのスプレッドを狙うために1pipsのスプレッドを支払うというのは、実に利益の半分近くを手数料として支払っていることになります。

EA(自動売買ソフト)でも高回転のものは好まれますが、これはFX会社の都合にほかなりません。また、取引する度に利益になる開発者の意図も忘れてはならないのです。

ここでは「FX攻略.com 2016年9月号」の特集「中長期トレーダーのFXスタイル」を参考に、鳥居万友美さん、ひろぴーさん、あおのり先生さん、森田真之さんのトレードスタイルを見ていきましょう。

第1回目となる今回は紅一点の鳥居万友美さんです。

 

鳥居万友美さんのFX基本データ

  • FX歴/中長期トレード歴:10年/6年
  • 使用するテクニカル:RCI、ボリンジャーバンド、移動平均線
  • チャート分析の時間足:月足、週足、日足、4時間足
  • 主にトレードする市場:特にこだわりはない
  • 主にトレードする通貨ペア:特にこだわりはない。チャート分析でそのときにリスクが小さく、大きな利益を得られそうなものを選ぶ

 

生涯継続できるスタイルを模索

「スキャルピングを続けることに、肉体的な限界を感じました。そこで、もっとゆったりとした、年をとってもずっとFXを続けられるトレードスタイルを、今から模索仕様と思いました」

同感です。スキャルピングは相場に張り付いていなければならないため、肉体的な負担も相当なものになります。もちろんスキャルピングが性にあっているという人もいます。このあたりは「無理」と感じた方は中長期トレードに移行すれば良いと思います。

 

相場に縛られず余裕が生まれる

チャートを見る時間が大幅に減り、そのことで勉強やトレーニングの時間を作ることができ、また趣味や習い事をする余裕も生まれるなど、相場に縛られないことによる恩恵はさまざまな面で実感できたとのことです。

本当にそうです。時間的余裕というのは代えがたいものです。ちなみに僕はというとその時間を使って、FX以外の仕事を持つようになりました。Web制作やWebライティングなどがそのひとつです。こうして今、記事を書くのも多少なりはそのひとつだったりします。

 

大きな流れをフォローする

トレード手法の概要としては、テクニカルにRCI、ボリンジャーバンド、移動平均線を使用。チャート分析により長期足の流れを把握し、それに沿った方向へ短期足でエントリーします。

人のトレードに関してはコメントしづらいです(笑)長期足と同じ方向に入るという点では順張りに相当します。

 

チャートの確認は4時間ごとに

エントリーした後は、4時間足が完成する時間に、なるべくチャートを見るようにしているとのこと。これなら相場に縛られることはありません。

よくポジションを持っているとチャートを見てしまうという人がいますが、泣いても笑っても次のチャンスは4時間です。もし、ソワソワしてしまうようなら、それはポジション量が多い証拠。無心でいられるポジション量に調整してみましょう。

 

当たり前のことをきちんとやり抜く

中長期トレーダーとして成功するためのヒントとして以下の3点をあげています。

  1. チャートを見すぎないこと
  2. 長期チャートの変化の感覚に慣れること
  3. トレードノートを書き続けること

当たり前のことを、きちんとやり抜く。それが安定したトレードの礎となるのです。

当たり前のことを続けることはFXだけでなく、ほかのことにも共通します。チャートを見すぎないことってけっこう大切だと思います。

ちなみに僕は1週間に1回しか見ません…。

 

FXスタイルまとめ

  • 中長期売買のメリット:時間的な余裕が生まれる。1回の利益が大きい
  • 中長期売買のデメリット:ストップが広めになる
  • 利益を最大化するコツ:長期足の分析
  • 損失を受け入れるコツ:経費だと思う

 

まとめ

「中長期トレーダーのFXスタイル」として、鳥居万友美さんのトレードスタイルを見てきました。

ポイントは「当たり前のことをきちんとやり抜く」です。利益はいきなりは増えません。1年かけて証拠金を減らしてしまったのなら、1年かけて戻すくらいの気持ちで臨んでみましょう。実際には証拠金が減っている分、取引枚数も減っているのでもっと時間がかかるのです。

 

「FX攻略.com 2016年9月号」の関連記事

  1. 鳥居万友美「ずっと続けられる『ゆったりスタイル』で体も心もストレスフリー」
  2. ひろぴー「ルールや手法にとらわれず、勝ちすぎないことを意識して」
  3. あおのり先生「短期で勝負勘を磨きながら、中長期の絶好機に仕掛ける」
  4. 森田真之「目先の動きに一喜一憂せず、狙うは順張りでの大きな利幅」
  5. 時間割、月間、年間カレンダーの活用で「無駄な損失を出さない体質へ」
  6. 何でそんなに注目されるの!? 米国雇用統計の基礎知識
  7. メンタル管理と、強化のコツ
  8. テクニカル分析は本当に有効なのか?

The following two tabs change content below.
しゃまらーしか

しゃまらーしか

ひょんなことからFXサイトを作ったシステムトレーダ。東京都港区在住。スプレッドシートを使って過去のチャートを分析するのが得意です。MT4を使ったEAの開発もしています。大好物の甘い物を求めて、今日もVivienne Westwoodのお洋服をこしらえて甘味処を探索しています。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA