時間割、月間、年間カレンダーの活用で「無駄な損失を出さない体質へ」


カレンダー

相場には1日の流れ、週の流れ、月の流れといったように、「流れ」が存在します。たとえば、東京時間は値動きが穏やかになりやすく、ロンドン時間やNY時間はトレンドができやすいといったものです。

また、月の第1金曜日は米・雇用統計があるため、発表までは様子見になりやすいとも言われています(実際はおかまいなく動く気もしますが)。

今回は「FX攻略.com 2016年9月号」に掲載されている水上紀行さんのコラム「時間割、月間、年間カレンダーの活用で『無駄な損失を出さない体質へ』」を見ていきましょう。

 

何度も繰り返した経験から学んだ相場のルーティーン

相場の時間割、月間、そして年間のカレンダーを記録し、さらには頭に刷り込むことにしました。そうすることによって無駄な損失を出さなくなり、さらには収益の機会を増やすことができたのです。

過去これまで何度と同じ失敗を繰り返してきたにもかかわらず記録を取っておかなかったことを反省したことから、水上紀行さんは相場のルーティーンを頭に刷り込むことにしたとあります。

これは、相場をはじめたばかりの人には難しく感じますが、意識して相場に触れていれば案外かんたんに身につくものです。

 

相場の時間割 1日の流れ

ここでは日本時間を中心に1日の流れが綴られています。これまで意識したことないという方はぜひ一度読んでおくのをおすすめします。またインターネットでもよく見かけることなので、知っているという方は読み飛ばしてしまっても問題ありません。

15時(冬時間16時)を例にしてみます。

ロンドン勢が、本格参入してきて、ここから4時間前後、マーケットでできているポジションを崩そうとしつこく攻めてきます。

 

月間カレンダーで見る重要な日

月の第1金曜日は、基本的にマーケットの最注目の米雇用統計があります。これにより、その月の方向性が決まることも多いといえます。

また最近は、米雇用統計以外の経済指標に対する反応は限られていますが、その代わり、各国の中央銀行の金融政策決定には、敏感に反応しています。

米雇用統計は相場師たるものしっかりおさえておきたい経済指標です(僕はあまり意識していませんが)。

また、日本のマイナス金利、アメリカの利上げなど、政策金利に対するニュースが注目されるようになっています。政策金利はその国の通貨を中心に大きく動くので(スプレッドも大きく開く)、注意しておきましょう。

 

月ごとの特徴

続いて、1月から12月の月ごとの特徴が丁寧に解説されます。これも意識していなかったという方は一度読んでおくのをおすすめします。直近ということで8月を見ておきましょう。

8月に入ると、夏休みが本格化します。その理由をロンドンのディーラーに聞いたところ、「子どもの学校が休みだから」という実にほほえましい理由でした。なお、8月後半から、9月を見据えた投機的な動きが強まります。

 

ルーティーンを知ることの重要性

時間割、月間カレンダー、年間カレンダーから、過去に何が起きていたかを知っているか、いないかで、利益獲得のチャンスにすることもできれば、油断していたことによって無駄な損失を被ることにもなりかねません。

相場のカレンダーを知ることで無駄な損失を避けられるという意見です。またこのようにも述べています。

なお、少し痛い目に遭った方が、記憶に残ることも確かですので、失敗も恐れずにいてください。私自身は、スケジュールを忘れて痛い目に遭ったときは、「この苦い思い出は、二度と忘れてなるものか」と、心のなかで誓ったものです。それぐらいの悔しさや執着心は持っていた方が良いと思います。

ちなみに僕もたくさん失敗してきました。もちろんいまだに多くのことを失敗しています。それでもシステムトレードをする身としてはブレないようにルールを決めてトレードを続けています。

 

まとめ

水上紀行さんのコラム「時間割、月間、年間カレンダーの活用で『無駄な損失を出さない体質へ』」を見てきました。相場をはじめたばかりという方はぜひ知っておきたいところです。

また、システムトレードをする方も、相場の特性を抑えるという点で最低限これらのことは覚えておくのをおすすめします。

 

「FX攻略.com 2016年9月号」の関連記事

  1. 鳥居万友美「ずっと続けられる『ゆったりスタイル』で体も心もストレスフリー」
  2. ひろぴー「ルールや手法にとらわれず、勝ちすぎないことを意識して」
  3. あおのり先生「短期で勝負勘を磨きながら、中長期の絶好機に仕掛ける」
  4. 森田真之「目先の動きに一喜一憂せず、狙うは順張りでの大きな利幅」
  5. 時間割、月間、年間カレンダーの活用で「無駄な損失を出さない体質へ」
  6. 何でそんなに注目されるの!? 米国雇用統計の基礎知識
  7. メンタル管理と、強化のコツ
  8. テクニカル分析は本当に有効なのか?

The following two tabs change content below.
しゃまらーしか

しゃまらーしか

ひょんなことからFXサイトを作ったシステムトレーダ。東京都港区在住。スプレッドシートを使って過去のチャートを分析するのが得意です。MT4を使ったEAの開発もしています。大好物の甘い物を求めて、今日もVivienne Westwoodのお洋服をこしらえて甘味処を探索しています。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA