ファンダメンタルズ+平均足 色の変化を見極めるだけのシンプル手法


fxkoryaku201610-1

FXで大切なのは優位性のある手法を継続することです。もうホントこれに尽きるといっても過言ではありません。しかし、人間はどうしても楽をしたがり、精神的に不安定になりがちです。

トレードをするのが面倒になったり、ちょっと負けが続くと「大丈夫かな…」と思ってしまったり。FXが人生のすべてではありませんから、続けるも相場、辞めるも相場といったところでしょうか(たぶん違う)。

今回は「FX攻略.com 2016年10月号」に掲載されている「誰でも分かる買い合図」から阪谷直人さんの「ファンダメンタルズ+平均足」を使った手法を見ていきましょう。

 

誰でも分かる買い合図

これまでに拙サイトで見てきた「誰でも分かる買い合図」をまとめた記事です。

  1. RCI+ボリンジャーバンド 真のチャンスまで待ち、効率良くトレンドに乗る手法
  2. 平均足+移動平均線 1日1回のチェックでトレンドを大きく獲得できる!
  3. 節目突破+移動平均線 節目のラインをブレイクするかどうか確認するだけ
  4. 虹色FX(7本の移動平均線)「虹」が出たときだけトレンドフォローする簡単手法
  5. キリントレード(移動平均線とチャートパターン)

 

戦略のポイント

準備するもの

  • チャート:日足
  • テクニカル:平均足

トレードの手順

  1. ファンダメンタルズを基に中長期の相場観を持つ
  2. 相場観から今後のシナリオとストーリーを想定しトレードの方向を決める
  3. トレードする方向に平均が足が陽転(陰転)したらエントリー
  4. 利確:トレーリングストップ
    損切り:5%ルール

狙い目の通貨ペア

  • ファンダメンタルズから明確なトレンドが見える、または見えそうなもの

この戦略のメリット

  • 合理的ルールに基づいた行動がとれる
  • ダマシを排除できる
  • 大きな利益を獲得できる

 

エントリー:トレンドに沿い平均足の陽転(陰転)に乗る

1. ファンダメンタルズを基に中長期の相場観を持つ

まずはファンダメンタルズの情報から、トレンドの有無など、しっかりとした相場観を把握することが大切。

2. 相場観から今後のシナリオとストーリーを想定しトレードの方向を決める

トレンドの方向や、値動きが向かう先の価格など、今後のシナリオを想定。それをフォローする形でトレードします。

3. トレードする方向に平均が足が陽転(陰転)したらエントリー

エントリーの際は平均足に注目し、陽転(陰転)をシグナルとします。平均足の色の確定を待つため、実際のエントリーは次の足が立ってからになります。

 

決済:損切りはすぐに設定、利確は相場次第

利確:トレーリングストップ

エントリーをしたら、利確はトレーリングストップで行います。損切り箇所は、トレンドに沿ってプラス方向へ移動していくため、利益の最大化が図れます。最終的には、設定した損切り幅が逆行したところで決済に。

損切り:5%ルール

このトレードで失っても良い金額を、総資金の5%と定めて、取引数量と損切り幅を調整します。チャートの計上から裁量で判断する場合は悩みが生じますが、この算出方法なら機械的に決められます。

 

「FX攻略.com 2016年10月号」の関連記事

  1. ファンダメンタルズ+平均足 色の変化を見極めるだけのシンプル手法
  2. 水平&トレンドライン+MACD 初心者でも使いこなしやすいテクニカルの組み合わせ
  3. 一目均衡表+ATR 1時間足を見るだけ!簡単サインでトレンドをつかむ
  4. 世界三大市場それぞれの特徴
  5. FOMC声明から読み解く米国ファンダメンタルズのきほん

The following two tabs change content below.
しゃまらーしか

しゃまらーしか

ひょんなことからFXサイトを作ったシステムトレーダ。東京都港区在住。スプレッドシートを使って過去のチャートを分析するのが得意です。MT4を使ったEAの開発もしています。大好物の甘い物を求めて、今日もVivienne Westwoodのお洋服をこしらえて甘味処を探索しています。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA